内部通報制度認証(自己適合宣言登録制度)の登録について

 

ソニー損害保険株式会社(代表取締役社長:丹羽 淳雄、本社:東京都大田区、以下「ソニー損保」)は、2021年5月7日付で、消費者庁の「内部通報制度認証(自己適合宣言登録制度)」の登録事業者となりましたのでお知らせします。
ソニー損保は、今後もお客様に信頼される保険会社であり続けられるよう、通報制度の適切な運用や、各種コンプライアンスへの取組みを一層強化してまいります。


■ 内部通報制度認証(自己適合宣言登録制度)の概要
「内部通報制度認証(自己適合宣言登録制度)」は、企業の内部統制およびコーポレート・ガバナンスの重要な要素である内部通報制度の適切な整備・運用の促進を図るため、消費者庁が2019年度に導入した制度です。
事業者は、自らの内部通報制度を評価して認証基準に適合していると判定した場合に指定登録機関に申請をします。同機関は、申請内容を確認して当該事業者を自己適合宣言登録事業者として登録し、WCMS(*)マークの使用を許諾します。
 (*)「Whistleblowing Compliance Management System」の略


■ ソニー損保の通報制度
ソニー損保では、通報制度を全社的なコンプライアンスを確保するための重要な施策と位置付けています。コンプライアンスに係る違反または違反のおそれが発見されたときに、速やかに被害拡大の防止や再発防止策の策定に取組むべく、発見者がその事実を通報できるよう、社内および社外に通報窓口を設置しています。
また、通報窓口の利用者を保護するための適切な措置を講じ、報告された情報を厳重に管理したうえで、所要の対応を行っています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ソニー損害保険株式会社 >
  3. 内部通報制度認証(自己適合宣言登録制度)の登録について