次世代通信手段をレンタル事業者として初のリリース 日本でも海外でも使えるeSIMサービスの提供を開始!テレコムスクエア

初期費用&月額料金なし!日本専用プランは”月末のギガ不足解消”にピッタリ

 モバイル通信のクロスボーダー・ソリューションを世界規模で提供する株式会社テレコムスクエア(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:吉竹 雄次 以下当社)は、2020年12月14日からWi-Ho!eSIMの提供を開始いたします。
 eSIMは現在世界中で実用化が進み、注目が集まるモバイル通信技術であり、当社はレンタル事業者として初めてeSIM対応データプランを販売いたします。今回のプラン販売サービスは、テレコムスクエアとグローバルeSIMベンダーであるTruphone社とのパートナーシップにより運営されます。最高水準のeSIM コネクティビティ技術をWi-Ho!製品として提供いたします。

eSIMとは

 現在のモバイル通信端末には、通信事業者が発行するSIMカードという小型のICカードが搭載されており、各モバイル通信端末はこのカードを通じてその通信事業者の回線網にアクセスしています。そのため、通信事業者の切り替えのたびにカードの差し替えが必要です。また、カード脱着時の毀損や紛失などのリスクもあります。 
 eSIM(embedded Subscriber Identity Module)とは、モバイル携帯端末の本体にあらかじめ組み込まれたハードウェアで、モバイル通信回線情報を読み込む機能を持っています。具体的には、モバイル携帯端末に内蔵されたこのeSIMが、RSP(Remote SIM Provisioning)と呼ばれる遠隔プロセスによってデータ通信回線のプロファイルをユーザーの意図に従ってダウンロードし、その通信回線と接続するというものです。このeSIMによるRSPを使えば、通信回線の契約から回線開通そして利用開始までの手続きの全てが遠隔・デジタルで完了でき、ショップでの手続きやSIMカードの購入といった手間が不要となります 
 このeSIM技術は、これまでIoT分野におけるデータ通信に広く活用されてきましたが、スマートフォン、タブレット、ウェアラブル等に内蔵され始めており、コンシューマーによる利用が徐々に普及し始めています。 
 特に海外旅行や海外出張の折にeSIM内蔵のスマートフォンを携行すれば、渡航現地のデータ回線をRSPで読み込んで、すぐに契約完了・利用開始といった手続きが可能になります。ですから、SIMロックフリーの端末を携行して現地のSIMカードを購入のうえ必要の都度入れ替える、またはモバイルWi-Fiルーターを常時携行するといった手間や費用が軽減されます。通信料金についても国際データローミングより遥かに安価で利用できます。 
 当社は、今後のコンシューマーモバイル通信市場におけるデータ通信活用のさらなる高度化や需要の多様化に対応するとともに、With/Afterコロナにおける海外渡航回復時の国内と国外とを問わないシームレスなデータ通信ソリューションとして、いち早くeSIMサービスの提供を開始いたします。

 

Wi-Ho! eSIMのポイント

1. eSIM内臓端末機器とサービスの急速な普及が予測されます
今後eSIM内臓端末の流通増加が見込まれており、海外ではすでに多くの通信次号者がeSIMに対応したサービス提供をはじめています。eSIMを内蔵した各種機器の世界での流通規模は2018年の3.64億台から2025年には約20億台になる見通しであり、それらの多くはスマートフォンと企業向けIoTデバイスになるだろうという調査結果も出ています(※1)。
(※1)Counterpoint Technology Market Research, “eSIM Ecosystem – Opportunities, Trends, and Outlook“, July1, 2019.

2. 公式オンラインストア「Simpier(シムピア)」で購入が可能に!
海外用SIM専門オンラインストア「Simpier(シムピア)」にてデータプランを購入できます。
日本国内利用用として1GBのデータプランが即時購入可能です。お申込みは簡単な会員登録だけ。使い切りタイプのデータプランは必要な時に必要なデータ容量を追加購入する事も可能です。
海外渡航の場合、渡航前に購入することもできますが、渡航先でもカフェなど一時的にインターネットがつながる環境にて購入いただくことも可能ですのでネット環境に困ったときの助けにもなります。
Wi-Fiルーターレンタルと比べると自宅への郵送や空港での受取、帰国後の返却などが不要で、シンプルに利便性高く購入できます。また、Wi-Ho!eSIMには日本語サポートがついていることも大きなメリット。設定に不安がある方、開通手続きが初めての方も安心してご利用いただけます。

3. 初期費用&月額料金なし。かかる費用はデータ分のみ!
テレコムスクエアの「Wi-Ho!eSIM」は、初期費用や月額料金はかからず、費用はデータプランの購入代金のみなので、必要なデータ量を、必要な時に購入できる、海外旅行時の利用にぴったりのお得な設計になっております。

4. ヨーロッパパスは周遊にも使えるお得なプラン!
「ヨーロッパパス」はヨーロッパ28か国で使えるリーズナブルなプランとなっており、周遊旅行の際も切り替えの必要なくスムーズにご利用いただけます。

5. グローバルパスは日本も対象国のため渡航前に設定して安心、帰国後も利用可能
74ヵ国で利用可能の「グローバルパス」は日本が対象国に含まれているため、渡航前に利用手続きの設定チェックまで済ませることができます。また、海外で利用できなかったデータを日本帰国後に利用することができるため、データの無駄がありません。

6. 日本専用プランは月末の“ギガ不足”にピッタリ
新型コロナウイルスの感染拡大に伴うテレワークやオンライン学習の利用拡大、外出自粛による “巣ごもり消費”の背景を受け、データ通信量が増加していると言われています。
「日本専用プラン」は、1GB/30日プランが税抜き¥947から購入できます。月額費用や契約手数料が一切かからないため、通信利用量が少ない方やスマートフォンと電子端末を同時にご利用されている方は、通信費を抑えることが可能です。また、月末に月間の通信容量を使い切ってしまう“ギガ不足”の際に安価かつ手軽にデータ容量を追加できるため、通信速度低下によるストレスもなくインターネットを楽しめます。
 

eSIMのメリット
  • すぐに利用できる
通信手続きが簡単で早いため時間効率が良いです
  • どこでも購入できる
渡航前に購入を忘れた時でも渡航先や到着後でも購入できます
  • SIMカードの入替不要
物理的なSIMカードではないため、入替や保管の必要がなく、セキュリティ面でも安心です
  • 荷物軽減
Wi-Fiルーターなど他の端末が不要のため、旅行の荷物が軽減されます
  • 環境にやさしい
使用済みSIMカードが発生しないため、プラスチックごみが削減されます

 

Wi-Ho!eSIM利用方法

 

商品概要

・販売場所:  海外用SIM専門ストア「Simpier(シムピア)」https://simpier.com
・リチャージ: Simpier(シムピア)にてリチャージ可能
・音声通話:  音声通話およびSMS/MMSサービスには対応しておりません
・利用可能端末:
<スマートフォン>
iPhone 12, iPhone 12 Pro, iPhone 12 mini, iPhone 12 Pro Max, iPhone SE(第2世代), iPhone 11,
iPhone 11 Pro, iPhone 11 Pro Max, iPhone XS, iPhone XS Max, iPhone XR
Google Pixel 5, Google Pixel 4a(5G), Google Pixel 4 XL, Google Pixel 4, Google Pixel 4a
<Wi-Fi+Cellularモデルのタブレット>
12.9インチ iPad Pro(第3世代), 12.9インチ iPad Pro(第4世代), 11インチ iPad Pro,
11インチ iPad Pro(第2世代), iPad Air(第3世代), iPad mini(第5世代), iPad(第7世代)

  • 商品名:28ヵ国で利用可能のヨーロッパパス

・利用対象国・地域: オーストリア、ベルギー、ブルガリア、クロアチア、
 キプロス、チェコ共和国、デンマーク、エストニア、フィンランド、
 フランス、ドイツ、ギリシャ、ハンガリー、アイルランド、イタリア、
 ラトビア、リトアニア、ルクセンブルク、マルタ、オランダ、ポーランド、
 ポルトガル、ルーマニア、スロバキア、スロベニア、スペイン、
 スウェーデン、イギリス

  • 商品名:74ヵ国で利用可能のグローバルパス

・利用対象国・地域: アルバニア、オーストラリア、オーストリア、
 ベルギー、ブラジル、ブルガリア、カンボジア、カナダ、チリ、中国本土、
 コロンビア、コスタリカ、クロアチア、キプロス、チェコ共和国、
 デンマーク、エジプト、エルサルバドル、エストニア、フィンランド、
 フランス、ドイツ、ジブラルタル、ギリシャ、グアドループ、グアテマラ、
 香港、ハンガリー、アイスランド、インド、アイルランド、イスラエル、
 イタリア、日本、ジャージー、韓国、ラトビア、リヒテンシュタイン、
 リトアニア、ルクセンブルク、マレーシア、マルタ、メキシコ、モルドバ、
 オランダ、ニュージーランド、ニカラグア、ノルウェー、パナマ、
 パラグアイ、ペルー、フィリピン、ポーランド、ポルトガル、カタール、レユニオン、ルーマニア、ロシア、
 シンガポール、スロバキア、スロベニア、南アフリカ、スペイン、スウェーデン、スイス、台湾、タイ、トル コ、ウクライナ、アラブ首長国連邦、イギリス、アメリカ合衆国、ウルグアイ、ベトナム

  • 商品名:日本専用パス

・利用対象国・地域: 日本

<注意事項>
・端末変更の際には新しいeSIMを購入し、インストールする必要がございます。

 

会社概要

株式会社テレコムスクエアは、モバイル通信サービスのパイオニアとして28年余にわたり、世界を旅する人たちへ、旅行中の「安心、便利、楽しさ」をお届けしています。Wi-FiルーターのレンタルやプリペイドSIM販売などの通信サービスに加えて、ARナビゲーションアプリ“PinnAR”の開発・運営を行い、旅がより自由で豊かになるような「新たな価値」の提供と挑戦をし続けている会社です。 

社名:   株式会社テレコムスクエア
代表者:  代表取締役社長 吉竹 雄次(よしたけ ゆうじ)
本社:   〒102-0076 東京都千代田区五番町6-2 ホーマットホライゾンビル3F
創業:   1992年(平成4年)
従業員:    294人(2020年7月1日現在)
事業内容:  モバイルサービス通信事業(Wi-Fiルーターや携帯電話のレンタル、
      プリペイドSIMカードの販売など国際モバイル通信機器の提供)
                  デジタルメディア事業(ARナビゲーションアプリの提供)

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社テレコムスクエア >
  3. 次世代通信手段をレンタル事業者として初のリリース 日本でも海外でも使えるeSIMサービスの提供を開始!テレコムスクエア