アーティストや企業からのラブコールが止まないアートディレクター・吉田ユニの大型個展が開催決定 吉田ユニ展「Dinalog」開催

これまでの作品を中心に新作グラフィックや創作過程を覗くことができるラフスケッチなどを展示 本展開催に合わせ、作品集も刊行決定

開催期間:2019年11月15日(金)~12月1日(日)
 このたび、ラフォーレミュージアム原宿では2019年11月15日(金)~12月1日(日)の期間、アートディレクター・吉田ユニの個展「Dinalog」を開催いたします。


 吉田ユニは、ラフォーレ原宿のキャンペーンビジュアルや、渡辺直美展のビジュアル、星野源・CharaなどのCD・DVDジャケット、野性爆弾くっきーのイベント「超くっきーランド」へのアートワーク提供などのほか、Mercedes-Benz Fashion Week Tokyo、KIRIN、LOWRYS FARMなど国内外の企業やブランドからのオファーが止まない、日本で最も活躍するアートディレクターの一人です。雑誌「装苑」の連載「PLAY A SENSATION」でも多数の女優やタレントとコラボレーションし、毎号驚きにあふれた作品を生み出しています。
 創造力に富み、独自の視点が鮮烈なインパクトを残す彼女の作品は、ヴィヴィッドな色彩でキュートなルックスながら、細部まで計算されており、多くのファンを魅了し続けています。

 2014年に開催した初の個展「Imaginatomy(イマジナトミー)」に続き自身2度目のラフォーレミュージアム原宿での個展となる本展では、新作はもちろん、これまでに手掛けたさまざまな作品とその創作過程も改めてご覧いただけます。

 会期中にはトークイベントを実施するほか、本展の開催に合わせた作品集も刊行予定です。

 吉田ユニにしか作ることのできないビジュアルで世界にサプライズを放ち続ける彼女の魅力を存分に感じていただける本展に、ぜひ足をお運びください。

■吉田ユニ展「Dinalog」概要 
・会 期:2019年11月15日(金)~12月1日(日)  11:00~21:00 (入場は閉館30分前まで)
・会 場:ラフォーレミュージアム原宿 (東京都渋谷区神宮前1丁目11番6号 ラフォーレ原宿6階)
・入場料:無料
・問合先:03-3475-0411(ラフォーレ原宿代表番号)
・主催・企画・制作:ラフォーレ原宿
・URL:https://www.laforet.ne.jp/

※詳細につきましては10月下旬にプレスリリースを配信予定です

■作品画像

ラフォーレ原宿「PINK by LAFORET」
 

渡辺直美展「Naomi's Party」
 

装苑
 

LOWRYS FARM
 

LOWRYS FARM
 

星野源「POP VIRUS」
 

Chara「Sympathy」

 

■吉田ユニ プロフィール
アートディレクター/グラフィックデザイナー
1980年生まれ。女子美術大学卒業後、大貫デザイン入社。宇宙カントリーを経て2007年に独立。広告、CDジャケット、映像、装丁など幅広く活動中。最近の主な仕事に、ラフォーレ原宿、Mercedes-Benz Fashion Week Tokyoキービジュアル、木村カエラやCharaのCDアートワーク、野田秀樹演出舞台「半神」のアートディレクション等。
http://www.yuni-yoshida.com/
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ラフォーレ原宿 >
  3. アーティストや企業からのラブコールが止まないアートディレクター・吉田ユニの大型個展が開催決定 吉田ユニ展「Dinalog」開催