博報堂、タイの フルサービス・デジタルエージェンシー「Winter Egency」の株式を取得

株式会社博報堂(本社:東京都港区、代表取締役社長:水島正幸)は、タイのデジタルエージェンシー「Winter Egency Co., Ltd.(ウィンター・イージェンシー、本社:バンコク、CEO:Eakchai Parichatikanon[エカチャイ・パリチャティカノン]、以下W/E社)」の株式を取得しましたのでお知らせいたします。

W/E社は、2007年の設立以来順調に成長を遂げている有力なフルサービスのデジタルエージェンシーです。現在100余名のスタッフを擁し、デジタルマーケティング戦略の構築から、クリエイティブ・コンテンツ制作、デジタルメディアのプランニング及びバイイング、ソーシャルメディアの運用に至るまで、幅広いサービスをワンストップで提供しています。

ローカル企業からグローバル企業まで幅広いクライアントを保有し、これまで当社グループとも複数のプロジェクトで協業をしてまいりました。その実績は、アジア最大の広告マーケティング専門誌「Campaign Asia Pacific」が主催する「エージェンシー・オブ・ザ・イヤー」において、2018年度のタイの独立系エージェンシー部門にて金賞を獲得するなど、高い評価を受けています。

Parichatikanon氏は、「博報堂グループの一員となることを大変嬉しく思います。博報堂が保有するデジタル広告やデータドリブンマーケティングに関するナレッジと、W/E社が保有するタイ市場での統合的なプランニング力と実施力との融合は、W/E社のソリュ―ションをステップアップさせ、クライアントに対してビジネスインパクトをもたらすと確信しています。博報堂との絆を強固なものにし、共に働き、タイの未来を創る会社になることを目指します」とコメントしています。

 博報堂グループは、W/E社をグループの一員に迎えることにより、デジタル領域におけるビジネスの成長が著しいタイにおいて、デジタル広告への対応力を一層強化し、全てのクライアントへ高品質なサービスを提供してまいります。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社博報堂 >
  3. 博報堂、タイの フルサービス・デジタルエージェンシー「Winter Egency」の株式を取得