ゼータ・ブリッジ、「第14回 生産システム見える化展」に出展~製造業などの検査・検品の自動化を支援する「フォトナビ目視レス」を紹介~

SMN株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:井宮 大輔、以下SMN)の子会社である株式会社ゼータ・ブリッジ(本社:東京都品川区、代表取締役:安藤 尚隆)は、2021年11月24日(水)から11月26日(金)に東京ビッグサイト(東京都江東区)で開催される「第14回 生産システム見える化展」に出展いたします。
 

 

  • 展示内容:検査・検品を画像認識て解決すつ「フォトナビ・目視レス」

「フォトナビ・目視レス」は、人間が目で見て脳で判断する感覚に近しい独自開発の画像認識アルゴリズムにより、画像の中から特定の条件に当てはまる領域を検出し、類似する色・形・模様などを瞬時に自動検出します。製造業での検査・検品における用途*のほか、目視による検品検査コストの削減、クレームの軽減、検査基準の一定化(人的差異の最小化)が図れます。
また、膨大な教師データは不要です。今までは人間の目でしか行えなかった「傷や汚れが良品の範疇か、不良品か」という判断を高速で行い、素早い検査処理を可能にします。
「生産システム見える化展」の展示ブースでは、「フォトナビ・目視レス」の事例として、商品欠品や異物混入を防止する「お弁当の検査検品」、独自開発のアルゴリズムを活用した「金属加工(パイプ)のキズ検査」の全2種のデモンストレーションを紹介する予定です。

*食品製造過程での具材カウント、自動車部品の微細な傷・汚れ検出、小型魚類モデルの導線解析、半導体検査器具メーカー部品の搭載有無やハンダの検査、鉄道会社の設備点検、壁紙、床材の色差検査、化学薬品業界の検証など


■「第14回 生産システム見える化展」 ゼータ・ブリッジ紹介ページ(閲覧には無料会員登録が必要)
https://www.jma-onlineservice.com/mente/jp/company.php?no=217

■「第14回 生産システム見える化展」概要
・主 催:一般社団法人日本能率協会
・開催期間:2021年11月24日(水)~11月26日(金)の3日間 10:00~17:00
・詳 細:https://www.jma.or.jp/mente/tokyo/outline/seisan.html

 

 

■株式会社ゼータ・ブリッジ < https://www.zeta-bridge.com/ >
2001年10月に設立。要素技術の積み上げではなく、「目、耳など五感から得た情報を人間の脳がいかに処理し、そして感じているか?」を原点とした様々なアルゴリズムを独自に開発しています。人間の感性を超える認識テクノロジーでお客様の課題を解決いたします。テレビCMメタデータ販売、音声・画像認識エンジンを利用したサービスを提供しています。

■SMN株式会社 < https://www.so-netmedia.jp/ >
2000年3月に設立。ソニーグループで培った技術力をベースに、マーケティングテクノロジー事業を展開しています。「技術力による、顧客のマーケティング課題の解決」を実現するため、ビッグデータ処理と人工知能のテクノロジーを連携し進化を続けています。現在、DSP「Logicad」、マーケティングAIプラットフォーム「VALIS-Cockpit」のほか、テレビ視聴データ広告配信サービス「TVBridge」を新たに提供するなど、マーケティングに関する様々な課題解決を実現しています。

※記載されている会社名、団体名、商品名、サービス名は各社、各団体の商標または登録商標です。

 

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. SMN株式会社 >
  3. ゼータ・ブリッジ、「第14回 生産システム見える化展」に出展~製造業などの検査・検品の自動化を支援する「フォトナビ目視レス」を紹介~