『ニッカ カフェモルト』がグレーンウイスキー部門カテゴリー最高賞“トロフィー”を受賞!

世界的な酒類品評会「インターナショナル・スピリッツ・チャレンジ2017」

アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 平野伸一)が販売し、ニッカウヰスキー株式会社(本社 東京、社長 岸本健利)が製造するウイスキー『ニッカ カフェモルト』が、世界的な酒類品評会である「インターナショナル・スピリッツ・チャレンジ(ISC)2017」において、グレーンウイスキー部門カテゴリー最高賞となる“トロフィー”を受賞しました。ニッカブランドが“トロフィー”を受賞するのは、2009年の「竹鶴21年ピュアモルト」・2015年「フロム・ザ・バレル」に次いで3度目となります。



『ニッカ カフェモルト』は、ニッカウヰスキーが所有する伝統的なカフェ式連続式蒸溜機(カフェスチル)を使用し、大麦麦芽(モルト)だけを原料にしてつくられたウイスキーです。
カフェスチルでつくられるグレーンウイスキーは主にトウモロコシを原料にしたものが一般的ですが、ニッカウヰスキーでは大麦麦芽を原料にカフェスチルで蒸溜した、新しい味わいの原酒づくりにチャレンジしてきました。『ニッカ カフェモルト』は、カフェ式だからこそ感じられるモルトの甘さと芳ばしさ、ほのかなバニラの香りと軽快なモルト香が特長です。
2014年1月に欧州限定商品として発売、ニッカウヰスキーならではのユニークな味わいとシンプルでモダンなデザインが高く評価され好評を得ました。日本では、2014年6月から販売を開始しました。現在も日本に加え、欧州・米国で高い人気を博しています。

 【受賞を受けて、ニッカウヰスキー㈱チーフブレンダー・佐久間正のコメント】
モルトウイスキーである「竹鶴21年ピュアモルト」、ブレンデッドウイスキーの「フロム・ザ・バレル」に続いてグレーンウイスキーの「ニッカ カフェモルト」がウイスキー部門カテゴリー最高賞”トロフィー”を受賞できたことは、様々なカテゴリーの商品で価値を提供してきた弊社のウイスキーづくりが世界レベルで認められた証と考えています。また、「ニッカ カフェジン」・「ニッカ カフェウオッカ」を発売したこの2017年に同じ「カフェ式連続式蒸溜機」からうまれる「ニッカ カフェモルト」が受賞したことは大きな喜びでもあります。ニッカウヰスキーをお飲みいただいている多くのお客様に感謝をするとともにこれからも、この受賞を励みとし、今まで以上に品質とおいしさを追求した商品づくりに取り組んでまいります。

 ■インターナショナル・スピリッツ・チャレンジ(ISC)とは
毎年イギリスの酒類専門出版社「ドリンクス・インターナショナル」が主催している酒類品評会です。ウイスキー部門のほか、ブランデー、テキーラ、ジン、ウォッカなどの部門があり、審査はブラインド・テイスティングによって行われます。各部門のカテゴリーから、金賞、銀賞、銅賞などが選ばれ、金賞の中から最高賞である“トロフィー”を選出します。ウイスキー部門については、世界の著名なウイスキー蒸溜所のブレンダーやディスティラーなどが審査員となっています。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. アサヒビール株式会社 >
  3. 『ニッカ カフェモルト』がグレーンウイスキー部門カテゴリー最高賞“トロフィー”を受賞!