埼玉県川越市からJリーグを目指す「COEDO KAWAGOE F.C」、豚の育種から精肉、ハム・ウインナー製造・販売まで行う株式会社埼玉種畜牧場・サイボクと2022シーズンのクラブパートナー契約を締結

COEDO KAWAGOE F.Cを運営するCOEDO KAWAGOE F.C株式会社(埼玉県川越市、代表取締役 有田和生)は、豚の育種から精肉、ハム・ウインナーの製造・販売まで完全一貫体制で手がけている株式会社埼玉種畜牧場・サイボク(埼玉県日高市、代表取締役社長 笹﨑浩一)とクラブパートナー契約を締結したことを発表いたします。

COEDO KAWAGOE F.Cは、2020年9月に新規設立し、埼玉県川越市をホームタウンとして、Jリーグ加盟を目指す新しいフットボールクラブです。
埼玉県川越市に由来のあるメンバーで運営し、海外プレー経験のある選手などが在籍し、サッカーだけが強いチームではなく、「フットボールクラブを通じて、川越に夢と感動を創出し続け、100年以上続くクラブ」を目指しています。

■契約締結の背景

”フットボールクラブを通じて、 川越に夢と感動を創出し続け、 100年以上続くクラブへ”というミッションを掲げ、 川越に根ざしたフットボールクラブの形を目指す「COEDO KAWAGOE F.C」の方向性へ共感を頂き、 応援を通じて地元埼玉へ貢献したいという想いから今回のご縁となりました。

■株式会社埼玉種畜牧場 代表取締役社長 笹﨑浩一 様 コメント

「サイボクの歴史を紐解くとけば、川越市民の皆さまとのご縁やご支援によって現在のサイボクがあることは間違いありません。
100年企業を目指すサイボクにとって、同じく100年という時間軸の中でスポーツを通じて川越市を盛り上げていこうとするCOEDO KAWAGOE F.Cさまの活動に深く共感しました。
そして大きな夢に向かって進もうとする有田さんの情熱に心を揺さぶられ、微力ながらサポートをさせて頂く運びになりました。
今後のご活躍、心より楽しみにしています。 」

HP:https://www.saiboku.co.jp/

■COEDO KAWAGOE F.C株式会社 代表取締役 有田和生 コメント

「この度、SAIBOKUブランドを手掛ける株式会社埼玉種畜牧場様とパートナー締結をさせて頂きました。県内で有数な企業でもある企業様と、ご一緒出来るということに大変光栄なことであると共に身が引き締まる思いで御座います。
本拠地は市外といえど、SAIBOKUブランドは、JR川越駅をはじめとし複数の直営店があり、川越の街にとっても縁のあるブランドだと勝手ながら思っております。
また、豚肉はスポーツ選手に必要な疲労回復の為の栄養素であるビタミンB1が多く含まれており、スポーツ業界にとって、切っても切り離せない関係です。
お会いさせていただいた笹﨑社長の人柄や事業に懸ける想いや食への慈愛にも、私自身感銘を受けました。そんな笹﨑さんはじめとした、株式会社埼玉種畜牧場様のお力添えを賜りながら、市と市の垣根を越え、食とスポーツで社会への貢献をして参る所存で御座います。」

HP:  https://c-kawagoe.com/
クラブ事業計画:  https://www.youtube.com/watch?v=rov2E4lanRU
運営ウェブメディアHP:  https://mag.c-kawagoe.com/

【本件に関する報道関係者からのお問合せ先】
COEDO KAWAGOE F.C株式会社
担当:中島
Mail:r-nakashima@c-kawagoe.com
  1. プレスリリース >
  2. COEDO KAWAGOE F.C株式会社 >
  3. 埼玉県川越市からJリーグを目指す「COEDO KAWAGOE F.C」、豚の育種から精肉、ハム・ウインナー製造・販売まで行う株式会社埼玉種畜牧場・サイボクと2022シーズンのクラブパートナー契約を締結