ジャパンネット銀行が海外送金サービスを提供するQueen Bee Capitalと提携開始

ジャパンネット銀行口座からシームレスな海外送金が可能に

株式会社ジャパンネット銀行(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:田鎖智人、以下ジャパンネット銀行)は、海外送金サービス「PayForex」を提供するQueen Bee Capital株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:SHENBO HUANG、以下、Queen Bee Capital)と提携を開始しました。
これに伴い2021年1月12日(火曜日)より、ジャパンネット銀行の口座をお持ちのお客さまは、PayForexを通じて簡単な手続きで海外送金ができるようになります。


【ジャパンネット銀行とPayForexの連携について】
PayForexへの会員登録と口座振替登録を行うことで、24時間365日シームレスな海外送金手続が可能になります。また送金手続はネット完結で簡単、ジャパンネット銀行口座から即時に手数料無料でPayForexの口座に振り替えを行い、PayForexを通じて海外送金されます。

(※)1回の送金限度額は100万円、1ヶ月あたりの送金限度額は個人のお客さまは300万円、法人・個人事業主のお客さまは600万円までとなります。

 
◆Queen Bee Capitalについて
Queen Bee Capital(関東財務局長第00010号)は、2011年3月に資金移動者業に登録、同年より海外送金サービスを開始した資金移動業者です。業界最安水準の手数料と原則24時間以内の着金が可能なスピード送金が特徴のPayForexを運営しております。

 
◆海外送金手数料無料キャンペーンについて
提携開始を記念して、Queen Bee Capitalは本日2021年1月12日より、海外送金手数料無料キャンペーンを実施します。ジャパンネット銀行を通して、PayForexを申し込むと、PayForex利用時の海外送金手数料が2021年7月31日まで無料になります。

 

ジャパンネット銀行は、『金融サービスを空気のように身近に』をミッションとして、目には見えないけれどなくては困る、気がつくと自然に使っている、そんな空気のような金融サービスを目指しています。
今後もジャパンネット銀行は、安全で便利なサービスの提供に取り組んでまいります。


 以上
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. PayPay銀行株式会社 >
  3. ジャパンネット銀行が海外送金サービスを提供するQueen Bee Capitalと提携開始