CAMPFIRE、クラウドファンディングを通じた新型コロナウィルスサポートプログラム開始

アーティスト、イベント事業者、飲食店舗、宿泊施設をはじめ各事業者様をサポート

株式会社CAMPFIRE(本社:東京都渋谷区 / 代表取締役CEO:家入 一真 )は、新型コロナウイルス感染症拡大に伴い、イベント中止・自粛を発表したアーティストやイベント事業者、予約キャンセルが相次ぎ来店客数が著しく減少した飲食店舗・宿泊施設などをはじめ、経営に大幅な支障をきたした事業者を対象に、クラウドファンディングを通じたサポートプログラムを開始いたします。

本プログラム適用となったプロジェクトは、支援金振込時に掛かるサービス手数料が通常12%→0%となり、決済手数料5%のみでプロジェクト実施が可能となります。尚、本プログラム適用にあたっては別途審査がある旨、ご了承いただけますようお願い申し上げます。

今後も新型コロナウイルス感染症拡大に伴い不安定な環境に置かれている事業者をはじめとした多くの方に向け、クラウドファンディングを通じた最適な支援方法を検討・実行してまいります。

 

本プログラムの適用条件・内容 ※2020年3月27日更新
  • 2020年4月30日(木)AM11:59:59までにフォームからエントリーし、2020年5月29日(金)AM11:59:59までにプロジェクトページ作成後の初回申請を行い、2020年7月31日(金)までに公開したAll inおよびAll or Nothing方式のプロジェクトについては、支援金振込時に掛かるサービス手数料が通常12%→0%となり、決済手数料5%のみでクラウドファンディング実施が可能となります。

適用資格 ※2020年3月27日更新
  • 新型コロナウイルス感染症拡大に伴い、イベント中止・自粛を発表したアーティストやイベント事業者、飲食店舗、宿泊施設などをはじめ経営・生産に大幅な支障をきたした事業者であること(※第三者による応援プロジェクト、現在公開中のプロジェクトは対象外とします)
    会場キャンセル料などの実損、また、停止となった事業活動によって予定されていた収益の損失などが発生していること
    上記が客観的に証明できる情報(書類 or URL)の提出(イベントの場合はキャンセルとなった旨を客観的に示す情報、イベント以外は新型コロナウイルスの影響で損害が生じたことを証明できる情報を提供して頂けること)
    プロジェクト内容が公序良俗に反しないこと

対象サービス
  • CAMPFIRE、GoodMorning、3rdTable、CLOSS 
(FAAVO、BOOSTER、machi-ya、CAMPFIREふるさと納税、EXODUS、CAMPFIRE Community、polca、CAMPFIRE Creation、海外事業者様の一部プロジェクトは本プログラムは適用対象外)


本プログラムへのお申し込みフォームはこちら
https://form.run/@support-program


各種相談はこちら
https://camp-fire.jp/readyfor


株式会社CAMPFIREについて
あらゆるファイナンスニーズに応えるべく、“資金調達の民主化” をミッションに、個人やクリエイター、企業、NPO、大学、地方自治体など、様々な挑戦を後押ししております。国内最大のクラウドファンディング「CAMPFIRE」は、2011年のサービス開始から現在(2020年2月25日時点)までに30,000件以上のプロジェクトを掲載し、支援者数は延べ198万人以上、流通金額は176億円に達しました。1人でも・1円でも多くお金がなめらかに流通する世界を目指して、CAMPFIRE経済圏をつくってまいります。

名称:株式会社CAMPFIRE
代表取締役CEO:家入 一真
所在地:東京都渋谷区渋谷2丁目22-3 渋谷東口ビル5F
設立:2011年1月14日
資本金:30億9,052万円(資本剰余金含む)
事業内容:購入型クラウドファンディング事業、融資型クラウドファンディング事業、それらに付帯する事業の企画・開発・運営。
URL:https://campfire.co.jp
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社CAMPFIRE >
  3. CAMPFIRE、クラウドファンディングを通じた新型コロナウィルスサポートプログラム開始