東北の復興・創生のために移住促進を考えるワークショップ「東北暮らし発見塾(女川校)〜女川であたらしい挑戦の始め方を知る」(主催:復興庁)を開催

10月21日夜にZoomにて開催。町長や移住者の話が聞けるオンラインイベント。

エイチタス株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役:原 亮/小澤 剛)は、復興庁主催のワークショップ「Fw:東北(フォワードとうほく) Fan Meeting」にて、「東北暮らし発見塾(女川校)〜女川であたらしい挑戦の始め方を知る」の企画運営を行い、10月21日夜に無料のZoomミーティングを開催します。

 


東北への移住をテーマとした「東北暮らし発見塾」、今回は「女川校」として、宮城県女川町を取り上げ、町長や移住者の話が聞けるオンラインイベントを開催します。

三陸地方南部に位置し、日本有数の漁港である女川漁港を擁する女川町は、東日本大震災からの復興の歩みと、町の将来像を見据えて「あたらしいスタートが世界一生まれる町へ」というスローガンを掲げ、移住や起業など新しい挑戦をする人を応援する町として、力強く歩んでいます。本イベントは、須田善明町長が、地域の魅力について参加者のみなさんへ直接語りかけるほか、移住者たちの実体験に基づく生の声などを聞きだしながら、参加者のみなさん同士とも語り合える場となります。

ゲストには、女川町立しおかぜ保育所で保育士を務める本多由羽さん、株式会社つなぐ代表取締役の原田直信さん、IT企業でご活躍の岡田龍人さんの3人の移住者と、女川町のあたらしい挑戦を常にリードし続けてきた特定非営利活動法人アスヘノキボウから、ご自身も移住者である宮崎県出身の岩部莉奈さんを地元側のコーディネーター役としてお迎えして、町長とともに女川らしいにぎやかなトークで地域や人の魅力をお伝えします。

また、「社会や環境がよくなって、そしておもしろい」をテーマとした未来をつくるSDGsマガジン「ソトコト」との連動企画として、同誌の指出編集長を迎え、女川町への移住をリアルに掘り下げていきます。移住を知り、地域を知り、みなさんの新たな歩みにつながるきっかけをつかんでみませんか。

▼日時:2022年10月21日(金) 19:00-21:00(18:50 開場)
▼開催形式:オンライン(Zoom ミーティングを使用します)
▼参加費:無料
▼定員:50 名 *要事前申込/参加者アンケートにご協力ください
▼申込方法:以下リンク先のフォームよりお申し込みください。
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSda3KpTmpXJHww0CiObaxxb2aIGRHtAKbmQnT2oP_FkaTnBMQ/viewform
*申込後に入力いただいたメールアドレス宛に、Zoom ミーティングの URL、ワークショップ参加資料および事前アンケートをお送りいたします。
*フォームに記載された参加同意書に同意の上、お申し込みください。

▼主催:復興庁
▼登壇者(順不同)
須田 善明 氏(女川町長)
岩部 莉奈 氏(NPO法人アスヘノキボウ)
本多 由羽 氏(女川町立 しおかぜ保育所 保育士)
原田 直信 氏(株式会社つなぐ 代表取締役)
岡田 龍人 氏(株式会社日立システムズ)
指出 一正 氏(ソトコト編集長)

▼こんな方におすすめ!
・宮城県女川町への移住を検討している方
・宮城県女川町に関心のある方
・宮城県沿岸地域への移住に関心のある方

▼プログラム
19:00-19:05 開会メッセージ/趣旨説明
19:05-19:55 インプットトーク
       ~須田町長×移住者のBarトークにソトコト指出さんがオンラインで参加
19:55-20:05 移住経験・支援者の自己紹介
20:05-20:45 ブレイクアウトで参加者とのセッション
20:45-20:55 移住相談の窓口紹介・今後の移住支援活動紹介
20:55-21:00 閉会メッセージ/集合写真撮影
*閉会後、交流タイムを設けます
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. エイチタス株式会社 >
  3. 東北の復興・創生のために移住促進を考えるワークショップ「東北暮らし発見塾(女川校)〜女川であたらしい挑戦の始め方を知る」(主催:復興庁)を開催