【誕生50周年】「くまの子ウーフ」が楽しい "マリオネットミュージカル" に! 新シリーズの刊行スケジュール、数量限定「ウーフテディベア」からも目が離せない!

「くまの子ウーフ」の誕生50周年をお祝いし、楽しいニュースが続々! "マリオネットミュージカル" をYouTubeで無料公開するほか、「くまの子ウーフ」が課題読書に選ばれた「キナリ読書フェス」では "ウーフ賞" の受賞作品が決定しました。現在、予約受付中のシュタイフコラボ「ウーフテディベア」も絶好調です♪
  • 「くまの子ウーフ」が、マリオネットミュージカルに!
「くまの子ウーフ」が50周年を迎えるにあたり、社内のスタッフで「ウーフ」について話をしました。すると、それぞれにウーフとの大切な思い出があり、鮮やかな彩りを伴って、物語が記憶されているということに気づきました。色褪せず、心の深いところでウーフは人の心に住みつくのです。

そんな素敵な「ウーフ」の物語を、より多くの人々へと届けたい―
そのために何か良い方法はないか、様々な方法を考えてみるなかで、この "マリオネットミュージカル" が誕生しました。

 


製作してくれたのはニジノ絵本屋さん。そして、絵本から歌をつくるジャグバンドTheWorthless(ザ・ワースレス)。サマーソニックをはじめとした各地のフェスで、絵本と音楽と踊るマリオネットを掛け合わせたライブを繰り広げています。今までにないやり方、新しい場所で絵本の魅力を伝える活動をしている彼らとなら、ウーフがいつもたくさん考えている様々な疑問やふしぎ、そしてウーフの物語が持つ鮮やかな彩りを、とても楽しく表現してくれるに違いありません!

 

------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

【あらすじ】ある日、ウーフは思います。「たまごは、なんでできてるの。きみと白みでできてるんだねえ。」それじゃあ、たまごをたくさん産む雌鶏(めんどり)は、たまごでできてるの? それじゃあ、ウーフは? ウーフはなんでできてるの…? たくさんたくさん考えて、ウーフが辿りついたこたえとは…。

------------------------------------------------------------------------------------------------------

製作期間は約1年。こだわりとワクワクがたっぷりと詰まった "マリオネットミュージカル"。ぜひ、ご家族やご友人とご一緒にお楽しみください♪

*ニジノ絵本屋 公式サイト:https://nijinoehonya.com/
*ザ・ワースレス 公式サイト:https://www.theworthless.info/
 
  • キナリ読書フェス "ウーフ賞" が決定!

岸田奈美さんのnotehttps://note.kishidanami.com/n/n75fdae4a595e)にて、受賞作品をご紹介しています。「くまの子ウーフ」部門で最優秀賞に輝いたのは、石原智子さんの「ウーフ先生に教わったこと」https://note.com/petako5391/n/n4d08a1582d60)。執筆者である智子さんのほかに、小学校6年生の娘さんと小学校3年生の息子さん、そして智子さんの夫さんが一緒に参加してくださいました。

審査員で「くまの子ウーフ」担当編集の松永さんは、

"感想文であると同時に、もう一つの「くまの子ウーフ」の物語でした。智子さんが主人公で、夫さん、娘さん、息子さんが個性豊かな登場人物。ご家族で「ウーフはおしっこでできてるか??」を読み合う中で、智子さんが考えて発見して変化していく姿に、わくわくさせられ、深く共感! 爽快で幸福な読後感です。"

と、コメント。今回は、「おやつ食べながら読書感想文書こう」の言葉に誘われて参加を決めてくれた、息子さんの集中力を考慮し、「ウーフはおしっこでできてるか??」の章に絞って4人同時にじっくり読んでくださったとのこと。同じ物語を同じタイミングで読んでいるのに、"四者四様" の感想が綴られていたことがとても印象的でした。

主催者の岸田奈美さんは、

"いわゆるオーソドックスな、小学校や中学校の読書感想文ではなく、「書いてる人を好きになっちゃうような独創性があるか」「読んでいておもしろいか」「すすすーっと読みやすいか」など、新しい観点で受賞作を選びました。たぶんこれからはそういう文章が、インターネットを楽しくさわがせて、いい本も広めてくれると思うからです。みんなで本を読み、みんなで書くことができ、本当に楽しかったです。参加してくださった方、協力してくださった方、ありがとうございました!"

という総評でフェスを締めくくりました。こうして盛況のうちに幕を閉じた「キナリ読書フェス」。今回、残念ながら参加が叶わなかったという方も、次回また開催される際には、ぜひご参加いただければと思います。
 
  • 新たに登場した2つのシリーズ。今後の刊行予定をチェック!
生きる喜びを全身で感じ、命の不思議について真剣に考える、くまの子ウーフの物語は、1969年の刊行以来、小学校の教科書をはじめ、さまざまな形で読み継がれてきました。誕生から50年以上が経ったことをお祝いし、「くまの子ウーフ」の2つのシリーズを出版いたしました。いつの時代もみずみずしいウーフの物語が、きっと、あなたの世界をかがやかせてくれるはずです。

はじめてのひとり読みにもおすすめはじめてのひとり読みにもおすすめ

「くまの子ウーフのおはなし」
全5巻 / オールカラー / 各巻2話収録 定価:本体各1,200円(税別)

「さかなには なぜしたがない」 *2020年11月刊行
「おかあさん おめでとう」 *2020年11月刊行
「あかいそりにのったウーフ」 *2021年1月刊行
「おひさま はだかんぼ」 *2021年3月刊行予定
「ぴかぴかのウーフ」 *2021年3月刊行予定
 

おなじみの童話集を、手に取りやすい大きさにおなじみの童話集を、手に取りやすい大きさに

「新装版 くまの子ウーフの童話集」
全3巻 定価:本体各1,300円(税別)/ 化粧箱入り3冊セット 定価:本体3,900円(税別)

「くまの子ウーフ」
「こんにちはウーフ」
「ウーフとツネタとミミちゃんと」
*2020年11月同時刊行
 
  • 数量限定「ウーフ・テディベア」、ご予約はお済ですか?
さらに、今年で創業140周年を迎えた老舗ぬいぐるみメーカー「シュタイフ社(Steiff)」とのコラボが実現! 数量限定の「ウーフ・テディベア」、もうご予約はお済みですか?


世界で初めてテディベアを作った由緒正しきブランドの、こだわりがたっぷり詰まったテディベアは、ドイツの職人が一つ一つ手作業で製作しています。そのため、同じ顔のものは二つとして存在しません。

 

「どうして?」と考えている表情が愛らしいテディベア「どうして?」と考えている表情が愛らしいテディベア

 

熊らしい爪やもじゃもじゃの毛は、草原をころげまわって、どろんこになる、くまの子ウーフそのものです。

 

足裏には刺繍が施されています足裏には刺繍が施されています


シュタイフのクラシックテディベアと同じように、手足と首を動かすことができます(構造上自立することはできません)。胸もとに特製のチェストタグをつけ、足裏には刺繍を施しました。左耳には限定品の証である白いシュタイフタグがついています。シリアルナンバーが記載された証明書とともに、ギフトボックスに入れてお届けいたします。詳しくは、特設サイト(https://www.poplar.co.jp/pr/uff-steiff/)でご確認ください!
 


【数量限定販売】
商品番号:678998

サイズ:28cm
素材:モヘア
希望小売価格:46,200円(税込)

*掲載された画像と実物の色合い・毛並み・仕様は異なる場合があります。

*シリアルナンバーはお選びいただけません。予めご了承ください。

*この製品の食品検査はしておりません。お子様のいらっしゃるご家庭では保護者の方の管理の元、お取扱いください。


現在、以下のECサイトにて予約を承っております。数に限りがございますので、ご予約はお早めに!

 絵本ナビ 
https://www.ehonnavi.net/shopping/item.asp?c=4560296083430 

◇ 楽天ブックス 
https://books.rakuten.co.jp/rb/16551797/?l-id=search-c-item-text-01 

◇ ニジノ絵本屋 
http://nijinoehonya.shop/?pid=156175735 
 
◇ 六本木 蔦屋書店オンラインストア 
https://store.shopping.yahoo.co.jp/t-tokyoroppongi/b4560296083430.html 


※ご注文や在庫状況、お届け等につきましては、ご注文いただきました販売店様へお問い合わせください。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ポプラ社 >
  3. 【誕生50周年】「くまの子ウーフ」が楽しい "マリオネットミュージカル" に! 新シリーズの刊行スケジュール、数量限定「ウーフテディベア」からも目が離せない!