客室を58室増室、総客室数市内最大の1,042室に

2018年3月 完成

株式会社ロイヤルホテル(大阪市北区中之島、社長 蔭山 秀一)が運営するリーガロイヤルホテル(大阪市北区中之島、総支配人 田辺 能弘)は、2018年3月に、客室数を58室増室します。この増室により、総客室数は現在の984室から1,042室となり、大阪市内のホテルとしては最大の客室数となります

今回の改修では、現在事務所として利用しているウエストウイング5階を、コンパクトツインルーム(18平米)40室およびツインルーム(36~58平米)3室の計43室に改修します。また、宴会控室などで使用しているタワーウイング7階の一角についても、ツインルーム(27平米)15室に改修し、計58室増室します。

工事は12月に開始し、3月中旬の完成、投資金額は約4億円を予定しています。

「ラグビーワールドカップ2019」、「東京2020オリンピック・パラリンピック」を皮切りに、「ワールドマスターズゲームズ2021関西」など国際的イベントの開催が日本で予定されているなか、今後インバウンドによる客室需要がますます増加すると見込まれるため、今回の客室増室で客室部門の売り上げ最大化を図ります。

【 完 成 日 】2018年3月中旬(予定)
【 増室内訳 】ウエストウイング5階(事務所スペース)  43室
        タワーウイング7階(宴会控室等)     15室
                                                                              計58室
【 投資金額 】約4億円

 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ロイヤルホテル >
  3. 客室を58室増室、総客室数市内最大の1,042室に