2021年本屋大賞ノミネート! 何度も何度も優しい涙がこみあげる感動作『お探し物は図書室まで』

本日発表された2021年本屋大賞ノミネート作に『お探し物は図書室まで』が選出されました。町の図書室を舞台に、働くこと、生きていくことを問う心あたたまる一冊です。

株式会社ポプラ社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:千葉均)より刊行されている『お探し物は図書室まで』(著・青山美智子)が2021年本屋大賞にノミネートされました。累計発行部数は6万部を突破しています。
  • お探し物は、本ですか? それとも人生ですか?
昨年11月にポプラ社より刊行された『お探し物は図書室まで』(著・青山美智子)が2021年本屋大賞にノミネートされました。

ふとしたきっかけで町の小さな図書室を訪れた、立場も年齢も異なる5人の人物を通して、働くこと、生きていくことを見つめ直させてくれるあたたかな感動作です。

【書誌ページ】⇒ https://www.poplar.co.jp/book/search/result/archive/8008304.html
【amazon】⇒ http://amzn.to/39LVXRW

 

『お探し物は図書室まで』(青山美智子/ポプラ社/定価:本体1600円+税)『お探し物は図書室まで』(青山美智子/ポプラ社/定価:本体1600円+税)


TBS系「王様のブランチ」BOOKコーナーでの紹介(2020/11/14放送)やWEB媒体等でのインタビュー記事の公開をはじめ、読書メーター、ブクログで月間1位を獲得する(※)など話題は絶えず、発行部数は現在6万部を突破しています。

※読書メーター【読みたい本ランキング 単行本部門 集計期間:2020年10/11-11/12)】
 ブクログ【本部門 月間登録数:2020年11月】


また読者や書店員から感動の声も続々と届いています!
 

「探していたのはこの本です!の声続々」書店店頭用パネル「探していたのはこの本です!の声続々」書店店頭用パネル

2020年12月12日毎日新聞朝刊に掲載された広告2020年12月12日毎日新聞朝刊に掲載された広告

2020年12月27日に読売新聞朝刊に掲載された広告2020年12月27日に読売新聞朝刊に掲載された広告


全5章からなる連作短編集。きっと何度も何度も優しい涙がこみあげます。
すべての働く大人たちへ、ぜひ手に取って欲しい一冊です。

 
  • あらすじ
「何をお探し?」――

仕事や人生に行き詰まりを感じている5人が訪れた、町の小さな図書室
「本を探している」と申し出ると「レファレンスは司書さんにどうぞ」と案内してくれます。

狭いレファレンスカウンターの中に体を埋めこみ、ちまちまと毛糸に針を刺して何かを作っている司書さん。
本の相談をすると司書さんはレファレンスを始めます。不愛想なのにどうしてだか聞き上手で、相談者は誰にも言えなかった本音や願望を司書さんに話してしまいます。
話を聞いた司書さんは、一風変わった選書をしてくれます。図鑑、絵本、詩集......。

そして選書が終わると、カウンターの下にたくさんある引き出しの中から、小さな毛糸玉のようなものをひとつだけ取り出します。本のリストを印刷した紙と一緒に渡されたのは、羊毛フェルト
「これはなんですか」と相談者が訊ねると、司書さんはぶっきらぼうに答えます。
本の付録」と――。

自分が本当に「探している物」に気がつき、明日への活力が満ちていく感動作。
 

『お探し物は図書室まで』(青山美智子/ポプラ社/定価:本体1600円+税)『お探し物は図書室まで』(青山美智子/ポプラ社/定価:本体1600円+税)

 
  • 著者プロフィール
青山美智子
…1970年生まれ、愛知県出身。横浜市在住。
大学卒業後、シドニーの日経新聞社で記者として勤務。2年間のオーストラリア勤務ののち帰国、上京。
出版社で雑誌編集者を経て執筆活動に入る。
第28回パレットノベル大賞佳作受賞。デビュー作『木曜日にはココアを』が第1回宮崎本大賞を受賞。同作と2作目『猫のお告げは樹の下で』が未来屋小説大賞入賞。他の著書に『鎌倉うずまき案内所』『ただいま神様当番』。

 

 

 

青山美智子さん近影青山美智子さん近影

 

 

 

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ポプラ社 >
  3. 2021年本屋大賞ノミネート! 何度も何度も優しい涙がこみあげる感動作『お探し物は図書室まで』