「Japan Beauty and Fashion Tech Awards 2022」結果発表・受賞企業によるトークセッション、12月13日(火)に開催

株式会社アイスタイル(代表取締役社長 遠藤 宗)と株式会社INFASパブリケーションズは(代表取締役 篠﨑 雅弘)、「人を幸せにするイノベーション」をテーマに、2022年の美容やヘルスケア、ファッション分野において注目される製品やサービスを広く対象として開催している「Japan Beauty and Fashion Tech Awards 2022」の受賞企業・プロジェクトが決定したことをお知らせいたします。
また、12月13日(火)に、受賞企業・プロジェクトの発表と、受賞企業によるトークセッションをオンライン配信にて開催いたします。

1.イベント概要
■日時:2022年12月13日(火)13:00〜16:00
■スケジュール:
13:00 第1部「受賞企業・プロジェクト発表&授賞式」
14:00 第2部「主催者&受賞企業によるトークセッション」
①「イノベーションで融合するBeautyとFashion」
モデレータ:梅澤 高明(審査委員長)
スピーカー:吉松 徹郎(株式会社アイスタイル代表取締役会長CEO)
村上 要  (WWDJAPAN編集長)
② 授賞企業トークセッション#1「ソーシャルビジネスで実現する『六方よし』の世界」
③ 受賞企業トークセッション#2 「喫緊の企業課題を解決するアイディアとテクノロジー」
16:00 閉会
■お申込みhttps://business.cosme.net/webinar/award_20221213(オンライン開催)
■審査委員
梅澤 高明 氏[審査委員長](A.T. カーニー 日本法人会長/CIC Japan会長)
七丈 直弘 氏(一橋大学 ソーシャル・データサイエンス教育研究推進センター・副センター長/教授)
田中 杏子 氏(Numéro TOKYO(ヌメロ・トウキョウ)編集長)
皆川 朋子 氏(一般社団法人Femtech Community Japan代表理事)
渡邉 康太郎氏(Takram コンテクストデザイナー 慶應義塾大学SFC特別招聘教授)
■注意事項
・主催者側の都合で、当日プログラム・登壇者が変更になる場合があります
・ご参加の方には後日、アンケートなどのご案内をさせていただく場合があります

2. Japan Beauty and Fashion Tech Awards2022とは
さまざまな業界でデジタルシフト、DXが加速し、企業経営が⼤きく変わろうとしています。アイスタイルでは「人を幸せにするイノベーション」と題し過去2回「Japan Beauty Tech Awards」を開催してまいりましたが、2022年度からは美容・ファッション領域をカバーする専門媒体「WWDJAPAN」を運営する株式会社INFASパブリケーションズとの共催で、美容やヘルスケアのみならず、ファッション領域も含めイノベーティブな取組みに光をあてます。
2022年度は、日本国内で企業活動を行っている企業(*1)やプロジェクト(*2)が提供している、美容・ファッション・ヘルスケア等関連領域、または業界をまたがり「人を幸せにするイノベーション」としての可能性をもつ「商品・サービス」「技術」「活動・取り組み」等を対象としてエントリー募集を行い、65のエントリーがありました。
(*1)外資系企業も含む
(*2)複数の団体が参加しているジョイントプロジェクト等
このうち次の13の企業がファイナリストとして選出されています(カギカッコ内は対象名。社名50音順)。

<ファイナリスト選出企業>
・アミリアジャパン株式会社「NanoSpun社による生菌入り化粧品マスクなどの開発と日本市場における販売活動」
・株式会社ORPHE「ORPHE FOOTWEAR EASYRUN SHIBUYA 3.0 / RUNWALK ORPHE」
・花王株式会社「皮脂RNAモニタリングを活用した肌解析サービス『スキンポテンシャルアナリシス』」
・株式会社コーセー「『COLOR MACHINE』超高速プロジェクションマッピングで実現する複合現実メイク(MR) 」
・株式会社こたつ「社会貢献型アパレルブランド『SHIFT 80』」
・株式会社サイバーエージェント「極予測AI人間」
・株式会社トキワ「COSMAKE/TOKIWA KOBO」
・株式会社nanoni「女性活躍推進クラウド『carefull』」
・株式会社Neautech「①定額制美容皮膚科『HADA LOUNGEクリニック』 ②オンライン診療・処方サービス『HADA LOUNGE ONLINE』」
・株式会社ファーメンステーション「アップサイクル×発酵でつくる機能性サステナブル原料」
・フルカイテン株式会社「在庫を利益に変えるクラウドシステム『FULL KAITEN』」
・株式会社マンダム「宇宙と地上双方のQOLにお役立ちする『ギャツビー スペースシャワーペーパー』」
・株式会社Retocos「佐賀県唐津市沖の8つの離島に特化した、同地で栽培した植物や未利用資源を化粧品原料化し活用する取り組み」
本アワードでは5人の有識者を審査委員としてお招きし、革新性・事業性・技術性・社会性の観点から総合的に審査し、「大賞」「準大賞」を表彰させていただきます。

Japan Beauty and Fashion Tech Awards 2022の詳細は 9月30日発表のプレスリリースも併せてご覧ください。
https://www.istyle.co.jp/news/press/2022/09/0930.html

【株式会社アイスタイル 会社概要】 https://www.istyle.co.jp 東証プライム・コード番号3660
■所在地:〒107-6034 東京都港区赤坂 1-12-32 アーク森ビル 34 階
■設 立:1999年7月27日
■資本金:47億5,600万円
■代表者:代表取締役社長 遠藤 宗
■事業内容:美容系総合ポータルサイト@cosmeの企画・運営、関連広告サービスの提供

【お問合せ】
株式会社アイスタイル エクスターナルコミュニケーション室
Email: istyle-press@istyle.co.jp
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社アイスタイル >
  3. 「Japan Beauty and Fashion Tech Awards 2022」結果発表・受賞企業によるトークセッション、12月13日(火)に開催