寺田倉庫の「TERRADA ART AWARD 2021」、最終選考を通過したファイナリスト5組が決定

2021年12月に開催するファイナリスト展にて作品を披露

寺⽥倉庫株式会社(東京都品川区 代表取締役社長:寺田航平)が開催する「TERRADA ART AWARD 2021」において、ファイナリスト5組が決定しましたのでお知らせいたします。
「TERRADA ART AWARD 2021」は、新進アーティストの支援を目的とした現代アートアウォードです。世界のアートシーンでプレゼンスを発揮できる才能を見出すため、国際的な舞台で活躍し現代アートに深い見識を持つ審査員による選考が行われ、その結果、国内外1346組の応募の中から5組のファイナリストが選出されました。2021年12月10日(金)~12月23日(木)の期間、寺田倉庫イベントスペースで開催する「TERRADA ART AWARD 2021 ファイナリスト展」にてファイナリストの作品群を披露いただきます。ファイナリストは、最終審査員にお迎えした片岡真実氏、金島隆弘氏、寺瀬由紀氏、真鍋大度氏、鷲田めるろ氏より各審査員賞が授与されます。なお、各審査員賞は「TERRADA ART AWARD 2021 ファイナリスト展」にて発表され、併せて来場者の投票によるオーディエンス賞も決定いたします。

 当社は本アウォードの開催を通じて、いつの時代にも存在する「一握りの天才」を⾒出し、受賞者がアーティストとして世界に羽ばたくまでのキャリアを全力で支援・育成し、日本の現代アートの価値を未来へ継承してまいります。


【ファイナリスト5組について】(敬称略・五十音順)

川内理香子(かわうち りかこ)
1990年東京都生まれ。2017年多摩美術大学大学院美術研究科絵画専攻油画研究領域修了。2014年『第1回CAF賞』保坂健二朗賞、2015年『SHISEIDO ART EGG』SHISEIDO ART EGG賞を受賞。主な展覧会に、個展『afterimage aftermyth』(六本木ヒルズA/Dギャラリー、2021年)、個展『drawings』(WAITINGROOM / OIL by 美術手帖、2020年)、個展『Myth & Body』(三越コンテンポラリーギャラリー、2020年)など。

久保ガエタン(くぼ がえたん)
1988年東京都生まれ。2013年東京藝術大学大学院美術研究科修了。公益財団法人ポーラ美術振興財団在外研修員としてフランスにて研修。京都市芸術文化特別奨励者。糺の森会員。主な展覧会に、個展『天の虫』(世田谷美術館、2021年)、『不時着アブダクション』(児玉画廊|天王洲、2021年)、『MOTアニュアル2020 透明な力たち』(東京都現代美術館、2020年)、『KYOTO STEAM 2020』(京都市京セラ美術館 東山キューブ、2020年)など。鑑賞者の身体感覚に訴えかける奇怪なインスタレーションを制作する。

スクリプカリウ落合安奈(すくりぷかりうおちあい あな)
1992年埼玉県生まれ。2016年東京藝術大学美術学部絵画科油画専攻卒業(首席・総代)。同大学博士課程在籍。2020年『Forbes 30 UNDER 30』受賞。主な展覧会に、個展『journey』(AKIO NAGASAWA GALLERY AOYAMA、2021年)、個展『Blessing beyond the borders- 越境する祝福 -』(埼玉県立近代美術館、2020年)、『Y.A.C. RESULTS 2020』(ルーマニア国立現代美術館、2020年)など。日本とルーマニアの二つの母国に根を下ろす方法の模索をきっかけに、「土地と人の結びつき」という一貫したテーマのもと様々な素材・手法の作品を、国内外で発表。

持田敦子(もちだ あつこ)
1989年東京都生まれ。長野県在住。2018年東京藝術大学大学院先端芸術表現学科、バウハウス大学大学院Public Art and New Artistic Strategies修了。公益財団法人ポーラ美術振興財団在外研修員としてドイツ、シンガポールにて研修。2018年『アートアワードトーキョー丸の内』今村有策賞、2018年『CAF賞』齋藤精一賞を受賞。主な展覧会に、『近くへの遠回り』(Centro de Arte Contemporaneo Wifredo Lam、国際交流基金、2018年)、『リボーンアートフェスティバル』(2019年)、『2020年のさざえ堂 – 現代の螺旋と100枚の絵』(太田市美術館・図書館、2020年)など。 

山内祥太(やまうち しょうた)
1992年岐阜県生まれ。神奈川県在住。2016年東京藝術大学映像研究科メディア映像専攻修了。主な展覧会に、『第二のテクスチュア(感触)』(Gallery TOH、2021年)、『水の波紋2021展 消えゆく風景から ― 新たなランドスケープ』(ワタリウム美術館、2021年)、『多層世界の中のもうひとつのミュージアム——ハイパーICCへようこそ』(NTTインターコミュニケーション・センター [ICC]、2021年)、『六本木クロッシング2019:つないでみる』(森美術館、2019年)など。

【TERRADA ART AWARD 2021開催概要】  https://www.terradaartaward.com
名   称:TERRADA ART AWARD 2021
対 象 活 動:絵画または平面、彫刻など立体、インスタレーション、映像、写真、パフォーマンスなど身体表現、音または音楽、など全ての媒体を含む現代アート作品全般
支 援 内 容:ファイナリスト5組に各300万円 ※ファイナリスト展における新作制作・展示の費用を含む
オーディエンス賞1組に100万円(ファイナリスト5組から選出)
副     賞: 「ルイナール ブラン・ド・ブラン」(1500ml)、PIGMENT TOKYOの取扱商品10万円分、WHAT CAFEでの展示・販売機会、当社美術品保管サービス1年間の無料利用
主   催:寺田倉庫株式会社
協   賛:日本航空株式会社、MHD モエ ヘネシー ディアジオ株式会社
協   力:アンダーズ 東京、グランド ハイアット 東京

【TERRADA ART AWARD 2021 ファイナリスト展 概要】
TERRADA ART AWARD 2021ファイナリスト5組による展覧会を寺田倉庫内特設会場にて開催いたします。倉庫をリノベーションした無機質でありながら、何色にも染まる、アーティストの世界観・才能を開花させる空間を舞台に、ファイナリストが未発表の新作を含む作品群によって独自の展示を創り上げます。また、会期中は来場者によるオーディエンス賞の投票も実施いたします。
会  期:2021年12 月10日(金)~2021年12月23日(木)
会  場:寺田倉庫 G3-6F(入場料:無料)

【最終審査員について】(敬称略・五十音順)
・片岡真実(森美術館 館長、国際芸術祭「あいち2022」 芸術監督)
・金島隆弘(ACKプログラムディレクター、京都芸術大学客員教授)
・寺瀬由紀(前サザビーズ シニア・ディレクター/コンテンポラリーアート部門 アジア地区統括)
・真鍋大度(Rhizomatiks ファウンダー、アーティスト、DJ)
・鷲田めるろ(十和田市現代美術館 館長)
 

【寺田倉庫について】
社  名:寺田倉庫株式会社(Warehouse TERRADA)
代表者:代表取締役社長 寺田航平
所在地:〒140-0002 東京都品川区東品川2-6-10
設  立:1950年10月
U R L:https://www.terrada.co.jp

【アウォードに関するお問い合わせ先】
寺田倉庫 TERRADA ART AWARD事務局 E-MAIL: award@terrada.co.jp
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 寺田倉庫 >
  3. 寺田倉庫の「TERRADA ART AWARD 2021」、最終選考を通過したファイナリスト5組が決定