DX Tokyoが中小企業のDX化を支援する「車いす動画ファクトリー」のサービスを開始

~AHS社、JMSSと共に、車いすユーザーの活躍と難病支援の仕組みを構築~

 株式会社ミロク情報サービス(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:是枝 周樹)の子会社で、全国の中小企業を対象にIT専門家シェアリング™/サブスク™事業を展開するDX Tokyo株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:古澤 正章、以下「DX Tokyo」)は、中小企業に対して、「既存の紙カタログ」を基にAI音声を活用した「話す・動くカタログ動画」を制作・提供する「車いす動画ファクトリー」のサービスを開始しました。販促物を紙から動画に変えることで「営業トークの画一化による営業品質維持」「SNS等による拡散性・商圏拡大」と「印刷経費削減」という攻めと守りのDX化につなげる狙いがあります。

 「車いす動画ファクトリー」は、主に車いすユーザーの方々が動画制作を担うサービスです。また、AI音声合成ソフトの株式会社AHS(本社:東京都台東区、代表取締役 兼 CTO:フア カンル、以下「AHS」)との包括的連携協定により、動画制作に必要な同ソフトを無償で活用できます。さらに、難病支援の認定特定非営利活動法人日本多発性硬化症協会(本部:東京都台東区、理事長:水谷 裕之、以下「JMSS」)に総売上の5%を寄付する仕組みとしています。


 <協定の背景・目的>
 1960年に「障害者雇用促進法」が制定され、民間企業は積極的な雇用を促進しておりますが、業務におけるデジタル化・DX化が急速に進む中で、障害者の仕事が変化しているという事実があります。例えば、仕事の一部である「給与明細書の袋詰め」「データ入力代行」などはシステムで電子化・自動化され、「電話応対」などもチャットボットやAIに取って代わられています。雇用したい企業側にも現実的な悩みはあり、バリアフリー化、とりわけ車いすが利用できるトイレなどが設備的に無く、雇用したくてもできない状況が背景にあります。
 DX TokyoはこうしたDX化の煽りを受けて仕事が変化してきている方、とりわけ車いすユーザーに対し、無償でパソコンを貸与し、パソコン操作や動画作成教室をリモートで開き、動画制作の仕事を発注し、成果物を中小企業に提供する事業「車いす動画ファクトリー」を開始しました。
 AHSはAI音声合成の技術を利用して、本事業のコアとなる「動画音声」部分を担い、当該AIの仕組みやソフトウェアを車いすユーザー等に対して無償で提供するなどして、本事業を包括的に支援します。
 本事業売上の5%は、難病支援を行っているJMSSに対して寄付されます。

<AHSが車いすユーザーに無償で提供するソフトウェア>
・VOICEPEAK 商用可能 6ナレーターセット(音声合成ソフト)
 最新のAI音声合成技術を搭載し手軽に読み上げさせることが可能な入力文字読み上げソフトです。お好みの文章や言葉をテキストで入力するだけで、簡単に高品質な音声が作成できます。個人ユーザー様のご利用はもちろん、教育機関の方や法人様など、様々な商用・業務用途でのご利用も可能です。
製品ホームページ https://www.ah-soft.com/voice/6nare/index.html

・Recotte Studio(動画編集ソフト)
 手軽でありながら本格的な実況動画作成を行うことができる実況動画作成ソフトウェアです。今まで時間のかかったテロップ挿入作業、立ち絵の挿入など、実況動画によくある動画編集作業があっという間に行えます。
製品ホームページ https://www.ah-soft.com/rs/

■ DX Tokyo株式会社についてhttps://dxtokyo.jp/
 全国の中小企業に対し、ITコーディネータ等の資格を有するIT専門家を介して、お客さま業務のデジタル化・DX化を推進し、経営改革や業務効率化を支援しています。また、セミオーダー型のDX人材育成プログラム、Pマーク取得支援、無料での経営者同士の対話機会の提供、補助金支援事業などを通じ、お客さまの抱える経営課題の解決を目指しています。

■ 株式会社AHSについてhttps://www.ah-soft.com/
 全国の企業に対し、デジタルメディアへの展開を強力にサポートしています。様々なメディアをデジタル化し、ユーザーのもとへ届けるお手伝いをしていくと同時に、AI音声合成ソフトを中心としたソフトウェア事業等の企画、商品化を進めています。国内、国外問わず素晴らしいコンテンツを、国境を越えて事業展開させていきます。

■ 認定特定非営利活動法人日本多発性硬化症協会についてhttp://www.jmss-s.jp/contact.html
 “多発性硬化症(Multiple Sclerosis)の撲滅を目指している「多発性硬化症国際連合」(Multiple Sclerosis International Federation 略称MSIF)”の加盟団体として活動に協力しております。日本におきましては、若手研究者の学術的調査研究を助成しており、医学助成金受給者の調査研究論文を載せた会報の発行や調査結果の発表の場の提供、医学顧問団による医療相談、講演の開催などによりMS患者の福祉の増進に貢献するとともに、MSに関連する他の団体・組織と連携・協力しています。


【本リリースに関するお問い合わせ先】
DX Tokyo株式会社 古澤
E-mail:info@dxtokyo.jp
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ミロク情報サービス >
  3. DX Tokyoが中小企業のDX化を支援する「車いす動画ファクトリー」のサービスを開始