自動翻訳のロゼッタ ウェビナー『医薬業界のCTDに必要な機械翻訳とは (アンコール開催)』1月6日(木) 開催

高精度AI自動翻訳の開発・運営を行う株式会社ロゼッタ(本社:東京都千代田区 代表取締役:渡邊 麻呂)は、無料ウェビナー『医薬業界のCTDに必要な機械翻訳とは (アンコール開催)』を2021年1月6日(木) 開催いたします。
今回のウェビナーは、翻訳業務において外注するとコストがかかる、内製するには膨大な手間がかかるなど翻訳に関する課題を抱えている方に向けた課題解決の機会となります。

■『医薬業界のCTDに必要な機械翻訳とは (アンコール開催)』
【概要】

医薬業界のCTDに有用な自動翻訳とはというテーマで今回ウェビナーを開催いたします。
現状のCTD申請の翻訳面の課題を共有させて頂きながらどのように自動翻訳が有用に活用できるかを医薬業界出身者よりご案内します。

【このような方におすすめ】
・医薬業界で、CTD申請を担当されている方
・CTD申請資料翻訳に要する絶対時間を短縮したい方
・自動翻訳の活用のトレンドを知りたい方
・日米欧同時CTD申請の環境を整備したい方
・新製品のグローバル売り上げを最大化したい方

【開催日時】
2021年1月6日(木) 14:00〜14:40

【申し込み方法】
お手数ですが、こちらのURLから情報入力をお願いします。
※情報入力後に参加登録完了となりますのでご注意ください。
https://www.rozetta.jp/webinar/detail/220106.html

【開催方法】
Zoomにて開催。
参加お申込みいただいた方には開催日前日にZoomのURLをメールでお送りします。

【参加費】
無料

【ご注意】
・複数名でのご参加の場合でも、お一人ずつ参加申し込みしてください。
・同業他社、個人の方のご参加はお断りさせていただく場合がございます。

【スピーカー】

株式会社ロゼッタ
MT事業部 マネージャー
石川 博
前職サントリー、第一三共での勤務を通じて、製剤研究、品質管理から人材育成、海外規制情報の翻訳、 FDA査察時の資料作成など 製薬に関わる多種多様な業務の標準化に貢献。現在はその経験を活かし、Pharma推進室 翻訳マネジメントコンサルタントとしてAI翻訳ツールの活用支援を行っています。

コメント:
40年にわたる製薬業界での多種多様な業務経験を元に、お客様の状況に合わせたAI翻訳ソリューションの活用方法を提案しています。
今回のウェビナーが、査察準備に関する御社の既存の課題について再考いただくと共に将来を見据えた課題解決策に思いを巡らせる機会となれば幸いです。


■株式会社ロゼッタについて
ロゼッタは、「我が国を言語的ハンディキャップの呪縛から解放する」という企業ミッションの下、AI 自動翻訳の開発・運営を行っています。ロゼッタの自動翻訳は国内外5000以上の企業・団体で導入されており、医薬、製薬、ライフサイエンス、バイオベンチャー、省庁、国立研究所、大学、病院、化学、環境、エネルギー、石油、食品、飲料、農林水産、土木・建設、法務、法律事務所、特許事務所、金融、IT、通信、半導体、産業機械、電気機器、精密機器などなど様々な分野でご活用いただいています。
URL:https://www.rozetta.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ロゼッタ >
  3. 自動翻訳のロゼッタ ウェビナー『医薬業界のCTDに必要な機械翻訳とは (アンコール開催)』1月6日(木) 開催