【紙の書籍・雑誌】コロナ禍以降購入する機会が増えた人・減った人、その理由は?

日本トレンドリサーチ・書籍・雑誌についての調査

日本トレンドリサーチ(運営会社:株式会社NEXER)は、「書籍・雑誌」に関するアンケートを実施し、結果をサイト内にて公開したので、その中から一部を紹介します。
コロナ禍以降購入する機会が増えた人・減った人、その理由は?
1月25日、2020年の紙の書籍・雑誌の推定販売額が出版社や出版取次などで作る調査機関「出版科学研究所」から発表されました。
外出を控える生活で、街中や商店街にある「街の書店」の売り上げが増加しているということです。

コロナ禍になり、以前と比べて紙の書籍・雑誌を購入する機会はどのような理由で増えた、または減ったのでしょうか。

今回は、全国の男女計1,600名を対象に、「書籍・雑誌」についてアンケートを実施しました。

「書籍・雑誌に関するアンケート」調査概要
調査期間:2021年1月26日~27日
集計対象人数:1,600人
集計対象:男女

※原則として小数点以下第2位を四捨五入し表記しているため、合計が100%にならない場合があります。

まず初めに、コロナ禍になり、以前と比べて紙の書籍・雑誌を購入する機会が増えたかについて聞きました。

今回のアンケートでは、最も多かったのは「変わっていない」で75.5%でした。
一方、14.1%の方は「増えた」、10.4%の方は「減った」と回答しました。

それぞれの回答の理由を一部紹介します。

コロナ禍以降、紙の書籍を購入する機会が「増えた」回答理由
  • 飲食店やショッピングをする機会は減少したが、書店に行く機会が増えたため、興味のある本を見つけやすくなり次第に増えてきた。(60代・女性)
  • 電子機器をみる時間を減らそうと思い、紙の本を買うことが増えました!(20代・女性)

コロナ禍以降、紙の書籍を購入する機会が「減った」回答理由
  • 外出を控えるようになったから本屋さんへ行って本を買うことが減った。(30代・男性)
  • お店に行かなくなった。読書より、ネットをする時間が増えて 本を読む機会が減った。(50代・女性)


弊社運営サイト「日本トレンドリサーチ」にて、その他の回答理由なども紹介しております。
ぜひご覧ください。
https://trend-research.jp/6911/

<記事等でのご利用にあたって>
本プレスリリースの内容を引用される際は、以下のご対応をお願いいたします。
・引用元が「日本トレンドリサーチによる調査」である旨の記載
・「日本トレンドリサーチ」の該当記事(https://trend-research.jp/6991/)へのリンク設置

【日本トレンドリサーチについて】  
『日本トレンドリサーチ』では、弊社運営のアンケートサイト「ボイスノート」などの調査サービスを使用し、各種サービス・商品などの満足度や、最近の出来事に関する意識調査の結果を公開しています。

日本トレンドリサーチ:https://trend-research.jp/

【株式会社NEXERについて】
本社:〒171-0014 東京都豊島区池袋2-43-1 池袋青柳ビル6F
代表取締役:宮田 裕也
Tel:03-6890-4757
URL:https://www.nexer.co.jp
事業内容:インターネットリサーチ、SEO、WEBブランディング、レビューコンテンツ、リアルショップサポート、WEBサイト制作
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社NEXER >
  3. 【紙の書籍・雑誌】コロナ禍以降購入する機会が増えた人・減った人、その理由は?