ベーリンガーインゲルハイム アニマルヘルス ジャパン、牛用 内・外部寄生虫駆除剤「アイボメック🄬 トピカル」牛の寄生虫対策に取り組み25周年

- 世界初の牛用のイベルメクチン外用剤として、1剤で内部寄生虫および外部寄生虫を駆除
- 背線部に沿って注ぐ簡便な投与法が、牛のストレス軽減と農家の作業効率において支持を受ける
-「Thanks Mother」〰子牛の元気は、母牛の駆虫から〰キャンペーンも展開中!

2021年9月27日 日本/東京

ベーリンガーインゲルハイムアニマルヘルスジャパン株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:ミッシェル・コレニオン)は、牛用 内・外部寄生虫駆除剤「アイボメック🄬 トピカル」を1996年に日本で上市して以来、今年で25周年を迎えました。

(25周年記念ロゴ)(25周年記念ロゴ)

 

「アイボメック🄬 トピカル」は、2015年にノーベル生理学・医学賞を受賞した大村智博士が発見したイベルメクチンを主成分とする牛用寄生虫駆除剤です。「アイボメック®トピカル」の前身として、まず、イベルメクチンを主成分とした内部寄生虫と外部寄生虫の両方に駆除効果がある注射剤「アイボメック🄬 注」を日本で1988年に発売しました。その後、より簡便な用法へと改良し、背線部に沿って注ぐだけの経皮導入剤である「アイボメック🄬 トピカル」を1996年に発売しました。それ以来、内・外部寄生虫に対する駆除効果に加え、投与時の牛のストレスを軽減し、農家の作業効率・生産効率に寄与しています。

 

Thanks Mother」〰子牛の元気は、牛の駆虫から〰キャンペーンも展開中

母牛の駆虫が子牛の健やかな成長を支えることを訴求するキャンペーン「Thanks Mother」も展開しています。

 

繁殖用母牛の内部寄生虫を継続的に駆除することで、母牛の健康状態を改善できます。これにより、生産成績や繁殖成績の向上が期待できるほか、生まれてくる子牛への寄生虫感染を防ぎ、子牛の健康的な成長にも影響を与えることがわかっています(※1)。このことから、キャンペーンでは、「子牛の元気は、母牛の駆虫から」をスローガンとして、養牛農家の方々に、母牛の寄生虫駆除の重要性をお伝えする資材を用いた啓発活動を開始しました。また、牛の畜産は、ご家族で牛の飼育作業にあたられている農家も多いことから、ご家族、特に「母ちゃん」への感謝もこめて肉を美味しく調理する応援料理をまとめた総集編レシピ集を作成し、畜産農家に配布しています。

 

「当社は、現在、経皮吸収タイプの日本の牛用寄生虫駆除薬市場で6割を超える(※2)までに成長しました。重要なパートナーである獣医師の先生方や養牛生産者の方々を支援し、一層の貢献をしてまいります。」とベーリンガーインゲルハイムアニマルヘルスジャパンの取締役社長 ミッシェル・コレニオンは述べています。

 

(※1) BIAHJ モニタリングデータ、松岡他(1998)、狩野他(1998)、Loyacano他(2002)、高橋他(2011)、高橋他(2014)

(※2)卸出荷ベース、2020年実績 富士経済調べ

 

 

ベーリンガーインゲルハイム アニマルヘルスについて

動物と人の命は、深く、また、複雑につながっており、動物が健康であれば、人間も健康でいられると信じています。世界中で9,700人の社員がイノベーションを通じて価値を提供し、動物と人の健康と幸福に寄与すべく邁進しています。

 

私たちの活動の根幹にあるのは、動物、人、環境に対する敬意であり、私たちは、病気や痛みから動物を守るためにソリューションを開発し、サービスを提供しています。そして、顧客の方々が動物の健康をケアするのをサポートし、生命や社会を脅かす病気から地域社会を守っていきたいと願っています。

 

ベーリンガーインゲルハイム アニマルヘルスは、動物薬市場で世界第2位のグローバルプレーヤーであり、2020年度に41億ユーロの売上高を記録し、150カ国以上でビジネスを展開しています。

ベーリンガーインゲルハイム アニマルヘルスの詳細:

https://www.boehringer-ingelheim.com/animal-health/about-animal-health-business-unit

(ベーリンガーインゲルハイム アニマルヘルス)

https://www.boehringer-ingelheim.jp/biahj

(ベーリンガーインゲルハイム アニマルヘルス ジャパン)

 

ベーリンガーインゲルハイムについて

ベーリンガーインゲルハイムは、人と動物の生活を向上させる画期的な医薬品や治療法の開発に取り組んでいます。研究開発主導型の製薬企業として、アンメットメディカルニーズの高い分野において、イノベーションによる価値の創出に日々取り組んでいます。1885年の創立以来、ベーリンガーインゲルハイムは、株式を公開しない独立した企業形態を維持し、長期的な視点をもって邁進していきます。医療用医薬品、アニマルヘルスおよびバイオ医薬品受託製造の3つの事業分野において、約52,000人の社員が世界130カ国以上の市場で業務を展開しています。

詳細は、下記をご参照ください。

https://www.boehringer-ingelheim.com/

(ベーリンガーインゲルハイム)

https://www.boehringer-ingelheim.jp/

(ベーリンガーインゲルハイム ジャパン)

https://annualreport.boehringer-ingelheim.com

(アニュアルレポート 英語)

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 日本ベーリンガーインゲルハイム >
  3. ベーリンガーインゲルハイム アニマルヘルス ジャパン、牛用 内・外部寄生虫駆除剤「アイボメック🄬 トピカル」牛の寄生虫対策に取り組み25周年