自治体職員、議員など対象の無料オンラインセミナー 「伝える」から「伝わる」へ~コロナ禍で加速する、自治体情報発信のDX化~

株式会社モリサワは、2021年8月20日(金)、8月27日(金)の2日間、「オンラインセミナー『伝える』から『伝わる』へ〜コロナ禍で加速する、自治体情報発信のDX化〜」を開催します。

コロナ禍においては、これまで以上に自治体から発信される情報への注目度や重要度が増しています。このため、自治体から一方的に「伝える」のではなく、住民一人ひとりに「伝わる」情報をどのように作るかが重要です。本セミナーでは、自治体の現場職員の方をゲストに迎え、ワクチン接種や防災情報をどのように届けるか、またSNSやデジタルツールを活用した事例など、「コロナ禍」と「DX」の2つのテーマでご紹介します。

 

開催概要

日 時:2021年8月20日(金)16:00〜18:00、8月27日(金)16:00〜18:00

形 式:Zoomを使ったオンラインセミナー
※お申込み後、当日までにメールでZoomの登録URLをお送りします。
当日参加できない方も、お申込みいただければ後日アーカイブ動画が視聴可能です。
対 象:自治体職員、公務員、議員
※上記以外の方の参加はご遠慮いただく場合がございます。
費 用:無料
定 員:各日500名

 

お申込みはこちら https://go.morisawa.co.jp/l/896081/2021-06-29/vdl3
※各日程の前日までにお申込みください。

 

 

  • 8月20日(金) 16:00~18:00 コロナ禍における誰一人取り残さない自治体の情報発信~カタポケを活用したコロナワクチン接種/防災情報告知~

第一部 基調講演

コロナ禍に対応した情報のユニバーサルデザイン化

講 師:

早稲田大学マニフェスト研究所招聘研究員/自治体広報アドバイザー/

PRDESIGN JAPAN株式会社 代表取締役 佐久間 智之氏

 

第二部 パネルディスカッション

自治体職員が目指す、コロナ禍における情報発信について

ゲスト:

福井県福井市 広報課 佐竹 憲一郎氏

千葉県君津市 政策推進課 主任主事 坂井 翔氏

コーディネーター:

佐久間 智之氏

 

  • 8月27日(金) 16:00~18:00 自治体のDX推進~コロナ禍で加速する、情報発信のDX化~

第一部 基調講演

自治体の情報発信とDX活用

講 師:

早稲田大学マニフェスト研究所招聘研究員/自治体広報アドバイザー/

PRDESIGN JAPAN株式会社 代表取締役 佐久間 智之氏

 

第二部 パネルディスカッション

SNSとDXを活用したこれからの情報発信

ゲスト:

東京都足立区 報道広報課 課長 神保 義博氏

茨城県行方市 企画部 政策秘書課 広報広聴グループ 関野 健一氏

コーディネーター:

佐久間 智之氏

 

●本セミナー関連サービス

多言語ユニバーサル情報配信ツール MCCatalog+

http://www.mccatalog.jp/koho/

MCCatalog+専用多言語閲覧ビューア Catalog Pocket(カタポケ)

http://www.mccatalog.jp/service/catapoke.html

 

●本件に関するお問合せ

株式会社モリサワ 東京本社 営業企画部 公共ビジネス課

E-mail: public-biz@morisawa.co.jp

Tel: 03-3267-1378

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. モリサワ >
  3. 自治体職員、議員など対象の無料オンラインセミナー 「伝える」から「伝わる」へ~コロナ禍で加速する、自治体情報発信のDX化~