ダイハツ、マレーシアでBセグメント小型車を新発売

~7人乗りコンパクトMPV「ALZA(アルザ)」をフルモデルチェンジ~

新型「ALZA」新型「ALZA」

ダイハツ工業(株)(以下ダイハツ)のマレーシアにおける自動車生産・販売の現地合弁会社であるプロドゥア(セランゴール州)は、Bセグメントの国民車、「ALZA(アルザ)」を約13年ぶりにフルモデルチェンジし、7月20日に発売しました。

「ALZA」は、スタイリッシュなデザインと、コンパクトなボディーながら広い室内空間、多様なアレンジが可能な3列シートなどが特長の7人乗りコンパクトMPV※1であり、2009年の初代モデル発売以来、ファミリー層を中心に広くご好評いただいてきました。

今回のフルモデルチェンジでは、2021年11月にインドネシアで発売した「XENIA(セニア)」と共通となるDNGA Bセグメント用プラットフォームを採用し、ゆとりある広くて使いやすい室内空間をさらに進化させました。また、D-CVTを搭載し、燃費性能を向上させながら、快適な走行性能を実現しました。さらに、インテリア・エクステリアデザインはマレーシア独自のスポーティなスタイルに仕上げるとともに、使い勝手の良さも向上させながら、国民車に相応しいお求めやすい価格としています。安全性能については、自動車事故を未然に防止する衝突回避支援システム「スマートアシスト(現地名:Advanced Safety Assist)」を導入し、お客様の安全・安心へのご要望にお応えします。

プロドゥアは、1993年にダイハツとの協業により創業した、小型車を中心としたマレーシア第二の国民車メーカーであり、2006年から2021年まで16年連続でマレーシア国内販売シェアトップを獲得しています。2021年3月には、ダイハツの海外事業におけるDNGA第1弾となるコンパクトSUV「Ativa(アティバ)」を発売し、今回の「ALZA」が第2弾となります。

ダイハツは今後もDNGA商品を、アセアンを中心とした新興国へ展開するとともに、各地域での自動車の普及および産業の発展、人材育成に貢献し、お客様に生活に寄り添った企業を目指します。

※1:Multi-Purpose Vehicle

【新型「ALZA」の主な特長】
1.進化したゆとりある広い室内空間と使い勝手の良さ
従来型から1列目から3列目のシート間距離を50mm拡大し、大人7人がゆったり乗れる、Bセグメントではトップクラスの室内空間のゆとりと、フレキシブルなシートアレンジを設定し、荷室の使い勝手も向上
2.お求めやすい価格
国民車にふさわしいお求めやすい価格設定
3.DNGAによる高い基本性能
DNGA Bセグメント用プラットフォームやD-CVTの採用等による、優れた燃費性能と快適な走行性能
4.スポーティなデザイン
マレーシアのお客様の好みを反映したスポーティなインテリア・エクステリアデザイン
5.安全性能
高速走行等、マレーシアの道路環境に最適な設定とした衝突回避支援システム「スマートアシスト(現地名:Advanced Safety Assist)」を全てのグレードに装備。車線変更時の後方確認をアシストする「ブラインドスポットモニタ―」や「オートハイビーム」等の充実した安全装備を充実

【主要諸元】


【生産工場】

PMSB(プロドゥア・マニュファクチャリング)
                                                以上
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ダイハツ工業株式会社 >
  3. ダイハツ、マレーシアでBセグメント小型車を新発売