【第2報】「令和元年台風第19号」災害に対する支援について

 この度の令和元年台風第19号により被災された皆さまに、心よりお見舞い申し上げます。
 グンゼ株式会社(本社:大阪市北区、社長:廣地 厚)は、今回災害にみまわれた地域の皆さまに対し、以下の通り支援を実施いたしました。
グンゼグループでは被災地の一日も早い復旧を願うとともに、今後の支援につきましても、被災地からの要請に応じて対応してまいります。

                      支援内容

 1.支援物資   : 肌着(紳士、婦人、子ども)  4,010枚
           グンゼ物流㈱宇都宮物流センター(栃木県下野市)より10月16日出荷

2.お届け先   : 「SEMA(シーマ)」加盟の市民団体(CSO)を通じて長野県内の下記避難所3カ所に
           お届けしました
            ①豊野西小学校
            ②賛育会クリニック
            ③小布施町役場

※10月16日のニュースリリースでは、お届け先を豊野西小学校、北部スポーツ・レクリエーションパーク、南長野運動公園の避難所3カ所としておりましたが、現地ニーズの変化に伴いお届け先が変更となりました。

 
3.お届け日   :10月17日 (写真提供:Civic Force/ A-PADジャパン/ Peace Winds Japan)

豊野西小学校豊野西小学校

賛育会クリニック賛育会クリニック

 

小布施町役場小布施町役場

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. グンゼ株式会社 >
  3. 【第2報】「令和元年台風第19号」災害に対する支援について