埼玉県坂戸市が契約マネジメントプラットフォーム「クラウドサイン」を導入〜埼玉県内の市町村の初導入として、電子契約化を推進〜

弁護士ドットコム株式会社(東京都港区、代表取締役社長:元榮 太一郎)は、埼玉県坂戸市(市長:石川 清)が、契約マネジメントプラットフォーム「クラウドサイン」を導入したことをお知らせいたします。また、クラウドサインは、地方自治体における電子契約サービス導入数No.1(※1)、自治体導入シェア率が約70%(※2)の電子契約サービスとして、全国の電子契約化を推進していきます。(※1)国内主要電子契約サービス提供5社がHP等で公表する導入自治体数を自社で比較。2022年10月26日時点調べ。(※2)全国の自治体が公開している公募、入札、プロポーザル情報を自社で比較。2022年10月26日時点調べ。

坂戸市では、ICTを活用した「スマート自治体」の実現に向けた取り組みを推進するため、坂戸市総合振興計画の部門別計画として、「坂戸市デジタル行政推進計画」をスタートしています。その一環として、本年10月よりクラウドサインの運用をスタートしました。埼玉県内の市町村としては、初めての導入となります。

クラウドサインの導入にあたっては、セールスパートナーである富士フイルムビジネスイノベーションジャパン株式会社 埼玉支社と連携の上、書類や対面で行っていた契約業務全般をデジタル化し、業務の最適化とDX施策の加速を目的としています。書類による対面業務をなくすことで市民および自治体職員の利便性向上はもとより、建設・土木での活用も多くみられ、事業者の契約業務における効率化やコスト削減も見込まれています。

クラウドサインは、埼玉県庁でも試験導入しており、今後も行政機関の広い導入に向けて、従来書類や対面で行われてきた契約業務プロセスのデジタル化を支援し、職員の皆様の業務効率化と住民の皆様の利便性に寄与する契約業務のDX推進を支援してまいります。

■坂戸市からのコメント
「令和5年度からの電子契約の運用開始に向け、令和4年度を準備期間と位置付け、紙で契約締結をした案件について、仮の電子契約を締結することを開始しました。契約分野にデジタルプロセスを取り入れることにより、従前の業務を見直し、発注者である坂戸市と受注者である各事業所様の双方にとって、メリットのある運営をしていけたらと考えています」

クラウドサイン 自治体向けプランhttps://www.cloudsign.jp/government/

■クラウドサインについてhttps://www.cloudsign.jp/
クラウドサインは、契約の締結から管理までデジタルで完結させる契約マネジメントプラットフォームです。電子署名法に準拠した電子署名とタイムスタンプによって円滑かつ、安全な契約締結を実現します。また自然言語処理技術を用いたAI契約書管理機能、契約書の振り分けのオートメーション化を実現したスマートキャビネット機能など、様々な契約管理機能により、過去に紙で締結した契約を含め一元的に検索・期限管理ができます。電子契約市場においては2015年の提供開始以来、企業や自治体などで幅広く導入されている、No.1 ※のサービスです。※株式会社富士キメラ総研「ソフトウェアビジネス新市場2021年版」(電子契約ツール2020年度実績)市場占有率

◆弁護士ドットコム株式会社についてhttps://www.bengo4.com/corporate/
本社:東京都港区六本木四丁目1番4号 黒崎ビル
設立日:2005年7月4日
資本金:439百万円(2022年3月現在)
代表者:代表取締役社長 元榮太一郎
上場市場:東京証券取引所グロース市場
事業内容:世界中の人達が「生きる知恵=知的情報」をより自由に活用できる社会を創り、 人々が幸せに暮らせる社会を創造するため、「専門家をもっと身近に」を理念として、人々と専門家をつなぐポータルサイト『弁護士ドットコム』『税理士ドットコム』『BUSINESS LAWYERS』、契約マネジメントプラットフォーム『クラウドサイン』を提供。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 弁護士ドットコム株式会社 >
  3. 埼玉県坂戸市が契約マネジメントプラットフォーム「クラウドサイン」を導入〜埼玉県内の市町村の初導入として、電子契約化を推進〜