6月9日(日)よる11:30放送「BACKSTAGE」、今回のテーマは「日本の安全を守る警察犬!一人前に育成する“犬の学校”」

 

2019年6月9日(日) よる11:30放送 『BACKSTAGE』。
何気ない日常の裏側で日本を支える人たちがいる、私たちの知らないところでどんな働きをしているのか?仕事上の重要なミッションを通じて、「技術」や「こだわり」、そして「働く原動力」を浮き彫りにしていく。『BACKSTAGE』。

 

1年後に迫った東京オリンピック。安全確保のために警備の強化が必要な中、警察官とともに現場での活躍を期待されているのが警察犬。人間の1億倍とも言われる嗅覚で、麻薬や爆発物を発見したり、足跡から匂いを嗅ぎ分けて追跡したり、優れた能力を持っています。

そんな警察犬、日本にいる約1300頭のうち、約160頭は警察で育てられる「直轄犬」。残りの1000頭以上はというと、実は、一般家庭で飼われているペットで、民間の訓練所で育成され各都道府県のテストを経て採用された「嘱託警察犬」なんです。

今回は、半世紀に渡って1000頭以上の犬を訓練してきた師匠とその弟子の2人のドッグトレーナーに密着。師匠は、まだ警察犬が一般的ではなかった昭和39年に働きはじめたキャリア55年の大ベテラン。一方、弟子は、師匠のもとで6年間修行、現在は師匠とともに6頭の犬を訓練中です。

一人前の警察犬になるためには、「服従」「選別」「足跡追求」、この3つをマスターする必要があります。

 

人間の言うことに従わせる「服従」は、すべての基本となる訓練です。訓練を始めるうえで大切なのは、犬の集中力を見極めること。弟子はあげるエサの食べ方で、それがわかるといいます。エサにとびついてくる犬は集中力がある犬、一方で、集中力のない犬は口元にエサを運んであげないと食べないといいます。

残された臭いをもとに足取りを追う「足跡追求」、弟子は、現役警察犬でも感覚を鈍らせないように定期的に行います。風が吹く広い河川敷で、トレーナーがあらかじめ歩いたルートを、足跡の匂いだけを頼りに正確な道順で追跡し、その途中に置かれた臭いのついた布きれを見つけることはできるのか?

【放送日】2019年6月9日(日)
【時間】よる11:30
【働く人サポーター】島田秀平 滝裕可里

【テーマ】「警察犬」
【番組HP】https://hicbc.com/tv/backstage/
CBCテレビ製作/TBS系全国28局ネット
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社CBCテレビ >
  3. 6月9日(日)よる11:30放送「BACKSTAGE」、今回のテーマは「日本の安全を守る警察犬!一人前に育成する“犬の学校”」