俳優・宮沢氷魚(みやざわ・ひお/27)が2022年度前期 連続テレビ小説「ちむどんどん」(NHK)に出演決定!黒島結菜さん演じるヒロイン比嘉暢子の幼馴染・青柳和彦を演じる。

~1960年代の沖縄を舞台に、チム(肝=心胸・心)が(どんどん)高鳴る個性豊かな四兄弟の笑って泣ける朗らかな物語~


弊社に所属する、俳優でモデルの宮沢氷魚(みやざわ・ひお/27)が、羽原大介さんのオリジナル脚本で、女優・黒島結菜さんがヒロインを務める、2022年前期の連続テレビ小説「ちむどんどん」(NHK)に出演することが決定しました。

タイトルの「ちむどんどん」は、沖縄のことばでチム(肝=心胸・心)が高鳴る様子を表し、前むきで肯定感に満ちた、わくわく感、という意味合いで沖縄では若者たちまで知られている有名なことばです。
ふるさと沖縄の料理に夢をかけたヒロインと、支えあう兄妹たち。“朝ドラ”第106作となる本作は、個性豊かな沖縄四兄弟の、本土復帰からの歩みを描く笑って泣ける朗らかな50年の物語です。

宮沢氷魚は、ヒロイン・比嘉暢子(演:黒島結菜さん)の幼馴染で、東京からやってきた青柳和彦を演じます。父親の仕事の都合で、子どもの頃に暢子たちの暮らす村に滞在。やや繊細なところもあり、当初は沖縄になじめない気持ちで暮らしていましたが、やがて比嘉家の友人となります。暢子に再会を約束して、東京に帰っていきますが、その後、海外留学を経て新聞記者となり、暢子と東京で再会しますー。

2020年に放送された連続テレビ小説「エール」(NHK)では、ロカビリー歌手・霧島アキラ役で“朝ドラ”に初出演し注目を浴びた宮沢氷魚が、今回は自身にとっても縁が深いという沖縄を舞台にした本作でどのような活躍を見せるのか、是非ご期待ください。

【宮沢氷魚本人コメント】
青柳和彦を演じさせていただくと初めて知ったときに、自分にすごく近いものを感じました。
僕は生まれがアメリカで、生後すぐに日本での生活が始まりました。
幼少期からインターナショナルスクールに通っていたこともあり、近所の子どもたちや、環境に馴染めない経験もあります。新しい環境に馴染む難しさを知っているからこそ和彦の気持ちはとても理解できます。だからこそ自分から何かを発信したいという気持ちもあります。和彦が大人になり新聞記者になったのもそういう想いがあったからだと感じています。
過去の自分、そして成長した僕自身を参考することによって、より和彦という人物に深みを生み出せたらいいなと思っています。

ー作品概要ー

物語:
1960年代。まだ沖縄はアメリカ軍の統治下にありました。沖縄本島北部は、「やんばる地方」と呼ばれ、豊かな自然や山林の多い地域。その「やんばる」の、とあるひなびた村に、サトウキビなどの農家を営む比嘉家が暮らしていました。父と母はふたりで一生懸命働き、家計を支えています。長男、長女、次女、三女の四人の子どもたちは、それぞれに個性豊か。けんかしながらも仲良く育っています。ヒロインは次女の暢子。家族でいちばん、食べることが大好きで、おいしいものが大好き。野に山に海に、小学生の暢子にとって「遊ぶ」といえば、「何かを採って食べること」。そして、一度だけ家族そろって町のレストランで食事をしたときに、暢子は生まれて初めての西洋料理に心奪われました。

やがて一家をつらい運命が襲います。優しい父が急逝。残された母は女手一つで働き、経済的に苦しい中で四人の子どもたちを育てます。働く母を支えるために子どもたちはそれぞれに家事を担当。暢子は料理を担います。月日は流れ、高校卒業を迎えた暢子は、「東京に行きたい。西洋料理のシェフになりたい!」と夢を抱きます。折しも1972年、沖縄の本土復帰の年。暢子は家族や兄妹のサポートを得て東京に渡り、念願の有名レストランの厨房で修業をはじめます。職場は東京ですが、下宿先は神奈川県横浜市の鶴見。京浜工業地帯が近い鶴見は、戦前から、働くために海を渡ってきた多くの沖縄出身者が移り住んだ町でした。

暢子は厨房で厳しい修業の歳月を送り、兄妹たちもそれぞれの道を歩み出します。気持ちがすれ違うこともありますが、昔からともに食べてきたふるさとの料理、そして家族の思い出が兄妹の絆をつなぎ、互いに支え合いながら大人になっていきます。

そして暢子はさまざまな人とふれあい、恋をして、料理人として成長するなかで、「東京で沖縄料理の店を開きたい」と感じはじめ…。

【放送予定】2022年春
制作統括:小林大児 藤並英樹
プロデューサー:高橋優香子、松田恭典
広報プロデューサー:川口俊介
演出:木村隆文 松園武大 中野亮平 ほか

NHKドラマサイト: https://www6.nhk.or.jp/drama/
NHKドラマTwitter: @nhk_dramas

■宮沢氷魚プロフィール


宮沢氷魚(みやざわ・ひお)
1994年4月24日アメリカ・カリフォルニア州サンフランシスコ生まれ、東京都出身。
「MEN'S NON-NO」(集英社)専属モデル。
2017年、TBS系ドラマ「コウノドリ」第2シリーズで俳優デビュー。以後、NHK連続テレビ小説『エール』、「偽装不倫」、映画「「騙し絵の牙」などに出演。初主演映画「his」では第12回TAMA映画賞最優秀新進男優賞、第45回報知映画賞新人賞、第42回ヨコハマ映画祭最優秀新人賞、日本映画批評家大賞新人男優賞(南俊子賞)を受賞。出演舞台に「BOAT」「豊饒の海」「CITY」「ピサロ」。2021年秋にはドラマ「ソロモンの偽証」を控える。

 

公式Instagram:https://www.instagram.com/miyazawahio/?hl=ja
(アカウント名:@miyazawahio)
公式Twitter:https://www.instagram.com/miyazawahio/?hl=ja
(アカウント名:@MiyazawaHio)
メンバーシップ:https://hio-miyazawa.com/

<会社概要>
社名:株式会社レプロエンタテインメント
公式HP:https://www.lespros.co.jp/
お問い合わせ先:https://www.lespros.co.jp/contact/

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社レプロエンタテインメント >
  3. 俳優・宮沢氷魚(みやざわ・ひお/27)が2022年度前期 連続テレビ小説「ちむどんどん」(NHK)に出演決定!黒島結菜さん演じるヒロイン比嘉暢子の幼馴染・青柳和彦を演じる。