フェリシモ「メリーしあわせ基金」 2016年以降も東北の行事や文化を未来に残す活動を応援します!

フェリシモは東日本大震災の後、お客さまとともに東北の子どもたちが笑顔になれることを応援したいという思いで2011年5月より「メリーしあわせ基金」をスタートしました。以来、基金をさまざまな活動に役立てていただいてきました。震災から5年が経過する2016年3月以降も、東北の行事や文化を未来に残す活動を応援します。ぜひ「メリーしあわせ基金」事務局へ東北での活動予定をお知らせください。

■「メリーしあわせ基金」とは

2011年3月11日の震災直後から、フェリシモの公式twitterや、お客さま窓口に、たくさんの方から「お買いものポイントを支援のために使いたい」というお声が寄せられました。そんなお客さまのあたたかい気持ちに応えて立ち上げたのが「東日本大震災 メリーしあわせ基金」です。フェリシモ担当者が現地の方々のニーズを確認しながら、「メリーしあわせ基金」が活用されています。また、この基金によって、被災地の子どもたちが笑顔になるプロジェクトの継続が可能となり、お客さまからも大きな反響をいただいています。「義援金で応援」ページはこちら >>> http://www.felissimo.co.jp/s/16031103/1/


■これまでの活動のご紹介
【2011年~2012年】東北の子どもたちが主役! 子どもスマイルミュージカルを開催

「子どもの元気や笑顔が町を再生する」という仙台の新田新一郎さんが発起人となり、宮城県名取市、気仙沼大島、南三陸の3ヵ所で地元の幼稚園、小学生、高校生がプロの俳優とともにミュージカルを演じました。被災した子どもたちがステージに立ち、当時のありのままの気持ちが形になったミュージカル「明けない夜はないから」は、大きな感動をもたらし、またそれを見た大人たちにも勇気と元気を与えてくれました。


【2012年~2013年】1年たったから言葉にできる思い「忘れないこと」「つなぐこと」~絵本作家 荒井良二さんと子どもたちと絵を描くワークショップを開催
少しだけ日常を取り戻しかけた時期に、「子どもたちにひとときでも心を解放してもらいたい」と、宮城県名取市でワークショップを開催しました。絵本作家荒井良二さんと一緒に、大きな画用紙に、体全体を使って、「あの日に見た夜空」「大好きなもの」を描きました。その絵と言葉は、震災1年後の東北の子どもたちの想いを忘れずに未来につなぐための絵本『明けない夜はないから』になり、全国の人たちに読まれることになりました。

 

 

【2014年】福島の子どもたちとワークショップ&コンサート~また君に会いたい 絵本作家 あべ弘士さんとコンサートを開催


福島県郡山市、相馬市にて『笑顔の森 ふれあいコンサート』を開催しました。子どもたちが森や動物を自らの手で描き、その絵を舞台にした会場でコンサートをして楽しもうという企画で、講師を動物園の元飼育員で現在は絵本作家のあべ弘士さんにお願いしました。最後に、その舞台の上で復興支援ソング『また、きみにあいたい』を大合唱しました。


【2015年】行事を、文化を後世に残したい、未来に伝えたい 石巻市の無形民俗文化財「渡波獅子風流(わたのはししふり)」を応援


石巻市に鎌倉時代から続くお祭り「渡波獅子風流(わたのはししまいふうりゅう)」は、震災で道具が流されたり、後継者や応援団が不足するなどの危機に直面していました。しかし、チャイルドネットジャパンさんと渡波地域のみなさんがお祭りを未来に残そうと呼びかけられ、震災後途切れていた新年のお披露目行事を復活させることができました。お祭りに関わる子どもたちはもちろん、大人たちも、笑顔となったこのお祭りの再興をきっかけに、渡波では、地域ネットワークの再建、子ども会復活などを目指しながらお祭り継続のための地盤を作っていかれるとのことです。


■プロジェクト参加について
震災から5年が経過した今だからこそ、実現されたり、東北の子どもたちが笑顔になれるプロジェクトを計画されているみなさま、まずは担当までご連絡ください。
プロジェクトが「メリーしあわせ基金」の支援目的と合致しているか審査させていただき、折り返し、ご連絡をいたします。

 【お問い合わせ先】
〒650-0035
神戸市中央区浪花町59番地
株式会社フェリシモ「メリーしあわせ基金」
担当:武智(たけち)
TEL:  078-381-8286
FAX: 078-331-1192
Email:ntakechi@felissimo.co.jp
 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社フェリシモ >
  3. フェリシモ「メリーしあわせ基金」 2016年以降も東北の行事や文化を未来に残す活動を応援します!