「KEK × READYFOR」、研究費・寄付金等獲得を目的とした業務提携を開始

-第1号案件として、基礎科学を楽しく学ぶプログラムで次世代を育成するプロジェクトを公開-

日本初・国内最大級のクラウドファンディングサービス「READYFOR」を運営するREADYFOR株式会社(代表:米良はるか、本社:東京都千代田区)と 大学共同利用機関法人 高エネルギー加速器研究機構(機構長:山内正則、所在地:茨城県つくば市、以下「KEK」)は、クラウドファンディングを活用した研究費用・寄付金等獲得のための業務提携を締結しました。

また本日、締結後初のプロジェクト「楽しく基礎科学を学ぶプログラムを提供し、次世代を育成したい」を公開しました。本プロジェクトは、オンラインシステムを導入したクイズ大会を開催し、KEKの研究とその成果について楽しみながら知り、学ぶもので本日から8月5日(金)まで寄付金を募集します。
(プロジェクトページURL:https://readyfor.jp/projects/kasoku
 
大学や研究機関を取り巻く環境が日々変わっていく中、更なる教育・研究の活性化のために、国からの運営交付金や競争的資金に加えて、様々な形での支援獲得が重要になってきています。その有力な手段としてクラウドファンディングを活用することで、各研究室の活動や設備投資などに対する寄付金等を獲得する機会が広がっています。
 



素晴らしい研究成果を継続して生み出していくためになくてはならないのが、将来を担う人材です。長期的な視野を必要とする基礎科学の研究に青少年のみなさんに興味を持っていただくことが重要です。KEKの研究の面白さを多くの人に知ってもらい、興味を持っていただくことは、将来の人材育成につながり、基礎科学の発展や新しい技術の開発、ひいては私たちの豊かな未来への貢献になると考えています。しかし、現状では、十分にKEKの研究分野の面白さや将来の可能性を伝えることができているとは言えません。

KEKは大学共同利用機関法人であり、大学等の研究者に研究機会を提供するために、まずは加速器装置を維持することが最優先となります。そのため、KEKの活動や成果について広くお知らせしたり、後進を育成するためにKEKの活動に興味を持っていただいたりするための普及活動に対して大きな予算を確保することは容易ではありません。
 
そこで、普及活動のためにはこれまでとは異なる財源を複数確保しておくことが重要と考えています。そのための一つの方策として、このたび、クラウドファンディングによる資金獲得に挑戦することになりました。

 
  • プロジェクト概要 

・プロジェクトタイトル:楽しく基礎科学を学ぶプログラムを提供し、次世代を育成したい
・ページURL:https://readyfor.jp/projects/kasoku
・実 行 者 :大学共同利用機関法人 高エネルギー加速器研究機構
・形 式 :寄付金控除型/All or Nothing形式
※All or Nothing形式は、期間内に集まった支援総額が目標金額に到達した場合にのみ、実行者が支援金を受け取れる仕組みです。
・目標金額 :100万円
・公開期間 :2022年6月23日(木)13時〜8月5日(木)23時
・資金使途 :次世代育成のための広報・普及活動( オンラインクイズ大会開催のための費用(オンラインシステムの導入、運営費用)
・概    要 : オンラインシステムを導入したクイズ大会を開催し、全国どこからでも参加可能にすることで多くの方に、KEKの研究とその成果について楽しみながら知り、学んでいただく機会を提供します。

 


 

  • READYFOR株式会社について

「誰もがやりたいことを実現できる世の中をつくる」をビジョンに日本初・国内最大級のクラウドファンディングサービス「READYFOR」、「レディーフォー 遺贈寄付サポートサービス」を運営しています。2011年3月のクラウドファンディングサービス開始から約2万件のプロジェクトを掲載し、110万人以上から約280億円の資金を集め、国内最大級のクラウドファンディングサービスとして、中学生から80代の方まで幅広い方々の夢への一歩をサポートしています(2022年6月時点)。

会社名:READYFOR株式会社
代表者:米良はるか、樋浦直樹
所在地:東京都千代田区一番町8 住友不動産一番町ビル 7階
設立:2014年7月
資本金:16億3,884万円(資本剰余金含む)
会社ページURL:https://corp.readyfor.jp/
「READYFOR」URL:https://readyfor.jp/
「レディーフォー 遺贈寄付サポートサービス」URL:https://izo.readyfor.jp/

 
  • KEKについて

高エネルギー加速器研究機構(KEK)は、最先端の大型粒子加速器を用いて基礎科学を推進する研究所です。1971年に設立され、昨年50周年を迎えました。国内外の研究者と共同研究を行ったり、共同利用の場を提供したりすることで、大学の高度な教育・研究を支えるとともに、加速器科学の最先端の研究や関連分野など、基礎科学研究の発展に寄与しています。これまでにノーベル賞を受賞した日本人は28人(米国籍を取得した人を含めて)で、そのうち最も多い12人が物理学賞を受賞しています。その半数の6名は素粒子物理学の分野での受賞であり、素粒子物理学研究は「日本のお家芸」とも言われています。その素粒子物理学の研究に欠かせない実験装置が粒子加速器です。粒子加速器はまた、物質や生命現象の理解にもなくてはならない研究手法を提供してきました。放射光を用いた新奇超伝導体や創薬関連のタンパク質の構造解析、大強度の中性子ビームやミュオンビームを用いた物質中の水素が引き起こす新しい性質の研究など、物質・生命科学においても最先端の成果が生まれています。
KEKサイトURL: https://www.kek.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. READYFOR株式会社 >
  3. 「KEK × READYFOR」、研究費・寄付金等獲得を目的とした業務提携を開始