TBS 5月の毎週月曜よる9時!宮部みゆき・4週連続“極上”ミステリー・第一夜『理由』 第二夜『スナーク狩り』 第三夜『長い長い殺人』 最終夜『レベル7』宮部みゆきの名作ミステリーをドラマ化!

TBSでは2012年5月、原作モノからTVオリジナルなどの2時間ドラマを中心に映画、スポーツ、ドキュメンタリーなど様々なジャンルの作品を提供し、視聴者から好評を得ている月曜ゴールデン枠で、今、日本の文学界を牽引している人気作家の一人・宮部みゆきの作品を4週連続で放送する!

一人の作家の原作を4作品、4週連続でドラマ化して放送するという企画は月曜ゴールデン枠の歴史上初となる!

推理小説、時代小説、ファンタジー小説など幅広いジャンルにおいて、長短編を問わず、エンターテインメント性の高い作品を数多く生み出し、国内の主たる文学賞を次々と受賞している宮部みゆき。

デビューから現在に至るまでの作品の総発行部数は約5000万部を越え、その人気は国内だけにとどまらず18カ国で翻訳され、世界中の人々に愛読されている。

そんな名実共に日本の人気作家の一人である宮部みゆきは87年にデビューし、今年でなんと25周年!! そこでTBSではこれまでの25年間で生み出した数多くの作品の中でも、ひときわ“名作”との呼び声が高い作品をドラマ化!

第一夜『理由』では寺尾聰、速水もこみち、吹石一恵、香里奈(友情出演)、杉本哲太、沢村一樹、第二夜『スナーク狩り』では伊藤淳史、田中麗奈、宮川大輔、夏菜、寺島進、柄本明、第三夜『長い長い殺人』では長塚京三、仲村トオル、谷原章介、最終夜『レベル7』では玉木宏、杏、瀧本美織、伊原剛志など、超豪華なキャスティングで“極上”の4週連続ミステリーをお届けする!!


■放送ラインアップ
  ◆5月7日放送 第一夜 『理由』
    原作:
      「理由」(新潮社/04年刊、※初版は98年朝日新聞社)
    出演:
      寺尾聰 速水もこみち 吹石一恵 福士誠治 永山絢斗 菅田将暉 橋本愛
      香里奈(友情出演) 麻生祐未 岩松了 荒川ちか 江波杏子 平田満
      杉本哲太 沢村一樹
    
    数多くの文学賞を受賞している宮部みゆきが98年、直木賞を受賞した代表作。
    過去(04年)にも大林宣彦監督により映像化された、宮部作品の中でも名作中の名作! 今回、超豪華なキャスティングと斬新な脚色により、壮大なスケールでドラマ化に挑む。
    
    セレブな高層マンションで起きた殺人事件??殺された4人は当然、マンションの住人だと思われたが、実は全くの別人だった!? 犯人はもちろん、被害者の正体さえもわからないスリリングな展開、そして登場する人物それぞれが抱える裏の顔…。 謎が謎を呼ぶ極上ミステリーに、老刑事・吉田が挑む!


  ◆5月14日放送 第二夜 『スナーク狩り』
    原作:
      「スナーク狩り」(光文社/92年刊)
    出演:
      伊藤淳史 田中麗奈
      宮川大輔 水上剣星 夏菜 菊池亜希子 與真司郎(AAA)
      寺島進 柄本明
    
    タイトルは「不思議の国のアリス」で有名な作家、ルイス・キャロルの散文詩からの引用。“スナーク”とは伝説の怪物で、それを退治する為に追っていたはずの狩人は、いつしか怪物への殺意のみに支配されてしまう…という内容。キャロルの描いた、“誰の身にも起こりうる”人間心理の恐ろしさを、絶妙な緊迫感によって宮部色に染め上げ、初期の宮部作品の中でも突出した名作とされる。
    
    愛する妻子を惨殺した犯人が無罪に???
    全てを失った男の“怒り”は、彼を殺意にまみれた“怪物”に変える。胸を裂く悲しみが産み落とした、周到な復讐計画。それは完璧なはずだった。しかし……!! タイムリミットは24時間。凝縮された一夜を駆け巡る迫真のサスペンス!!
  
  ◆5月21日放送 第三夜 『長い長い殺人』 (07年・WOWOW作品)
    原作:
      「長い長い殺人」(光文社/92年刊)
    脚本:
      友澤晃一 監督:麻生学
    出演:
      長塚京三 仲村トオル 谷原章介
      平山あや 大森南朋 酒井美紀 窪塚俊介 伊藤裕子 西田尚美
    
    数ある映像化作品の中でも、原作者である宮部本人をうならせたという、傑作ヒューマンサスペンスを地上波で初放送!
    事件に巻き込まれた人々の“財布”の目線で「連続保険金殺人事件」を描くという、これまでにない斬新な意欲作。登場人物の心の闇があぶりだされていく、上質かつ異色のミステリー。
    
    東京の郊外で暴走車に轢かれた後、頭部を殴打された男の死体が発見された。被害者の妻・法子は愛人がいる派手好きな女。捜査をするうちに被害者には3億円の保険金がかけられ、妻が受取人になっていたことが発覚する。世間やマスコミは法子と愛人・塚田に疑惑の目を向けるが、彼らには完璧なアリバイがあった…。
  
  ◆5月28日放送 最終夜 『レベル7』
    原作:
      「レベル7」(新潮社/90年刊)
    出演:
      玉木宏 杏 瀧本美織 伊原剛志 ほか
    
    大胆な改案により原作以上のスケール感と現代が抱える問題に鋭く切り込むメッセージを加えて新撮する、宮部サスペンスの最高峰!
    
    とあるマンションの一室で二人の男女が目を覚ます。
    しかし2人は何故か、共に記憶を失っていた??!? さらに二人の腕には、不気味に浮かび上がる“Level7”の刺青が…。一方、別の場所では「レベル7まで行ったら戻れない」という謎の言葉を残して一人の老女が突然失踪。必死に行方を捜す孫娘だが…。「レベル7」とは何なのか? 何の繋がりもないと思われた二つの物語はやがて交錯し、ひとつの凶悪な殺人事件へと結びついていく。4週連続宮部作品の最後を彩る、傑作サスペンス!!


■原作者:宮部みゆきプロフィール
  1960年、東京生まれ。法律事務所勤務などを経て、
  1987年に「我らが隣人の犯罪」でオール讀物推理小説新人賞を受賞しデビュー。
  1989年「魔術はささやく」で日本推理サスペンス大賞
  1992年「龍は眠る」で第45回日本推理作家協会賞長編部門
    「本所深川ふしぎ草紙」で第13回吉川英治文学新人賞
  1993年「火車」で第6回山本周五郎賞、
  1997年「蒲生邸事件」で第18回日本SF大賞
  1999年「理由」で第120回直木賞、第17回日本冒険小説協会大賞国内部門大賞
  2001年「模倣犯」で毎日出版文化賞特別賞
  2002年第6回司馬遼太郎賞、第52回芸術選奨文部科学大臣賞文学部門
  2007年「名もなき毒」で第41回吉川英治文学賞
  2008年英語版「BRAVE STORY」でアメリカのThe Batchelder Award賞をそれぞれ受賞。
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社TBSテレビ >
  3. TBS 5月の毎週月曜よる9時!宮部みゆき・4週連続“極上”ミステリー・第一夜『理由』 第二夜『スナーク狩り』 第三夜『長い長い殺人』 最終夜『レベル7』宮部みゆきの名作ミステリーをドラマ化!