「鉄道模型フェスティバル」と「鉄たび展」。うめだ阪急で2つの鉄道フェアを開催。

鉄道模型フェスティバル2017
8月9日(水)~15日(火)阪急うめだ本店 9階阪急うめだギャラリー
入場料(税込)一般600円、学生400円、未就学児無料

阪急・嵐電の西院駅結節を記念して阪急電鉄・京都本線をクローズアップ

阪急京都線水無瀬駅のジオラマ阪急京都線水無瀬駅のジオラマ



9300系や“京とれいん”など、京都本線を走る電車のNゲージが大集合!
また、京都本線の風景を再現したジオラマの中、鉄道模型の運転体験をしていただけます。




トワイライトエクスプレス、あかつき、明星、彗星など各時代の人気の寝台列車が一堂に。

撮影:櫻井信也撮影:櫻井信也



駅や教会などドイツの街並みをイメージした大きな模型で、4人同時にHOゲージの運転体験を。

エルマートレインエルマートレイン

 

 



あなたも運転士!電車シミュレーター。専用コントローラーを操作して出発進行!

 



阪急・阪神電車の制服で記念撮影もできます。※カメラはご持参ください。

9階アートステージ(入場無料)では阪急電車の模型や鉄道部品、関連グッズを販売。
運行標識や行先板など、現品限りの鉄道部品も。



鉄たび展~模型の神様・原信太郎とデザイナー・水戸岡鋭治の鉄道ロマン~
8月17日(木)~28日(月)阪急うめだ本店 9階阪急うめだギャラリー
入場料(税込)一般800円、学生600円、未就学児無料
主催:鉄たび展(大阪)実行委員会
特別協力:原鉄道模型博物館、ドーンデザイン研究所
協力:JR九州、九州鉄道記念館、九州観光推進機構、新宿区立新宿歴史博物館

原信太郎製作「或る列車」※写真はイメージです原信太郎製作「或る列車」※写真はイメージです



鉄道のロマン、旅への憧れをのせて、伝説の「或る列車」が走る。

20世紀初頭、欧米諸国の国境を越える長い鉄道の旅では、「オリエント急行」のような
豪華列車が“走るホテル”として活躍していました。
日本でも、ブルートレインに象徴される寝台列車が、多くの人々の想い出を作るなど
鉄道旅行は世界中で愛されています。
明治39年、九州鉄道がアメリカに発注した豪華客車「或る列車」。
一度も営業運転されなかった悲劇の客車を、鉄道模型の神様・原信太郎が模型で再現し、
2015年、JR九州が水戸岡鋭治のデザインによってリアルな車両として蘇らせました。
時を越えて走り始めた豪華列車は、ロマンチックな鉄道の旅を運んでいます。
本展では、「或る列車」をはじめ各国の豪華客車の大型模型を走行させ、
鉄道旅行の歴史と魅力を紹介。



さらに、観光列車王国の九州で活躍する列車の数々を紹介し、
熊本地震で被害を受けた九州の復興を支援します。

 

JRKYUSHU SWEET TRAIN 「或る列車」JRKYUSHU SWEET TRAIN 「或る列車」

 

特急「あそぼーい!」特急「あそぼーい!」



水戸岡鋭治のデザインによる「あそぼーい!」や「SL人吉」など、九州を代表する観光列車を
デザイン画や実際の椅子などで紹介。

展示品は変更になる場合がございます展示品は変更になる場合がございます



「或る列車」や「あさかぜ」、さらに英独の古典客車の大型模型が会場で走ります!
原信太郎が製作、収集した鉄道コレクションを展示する横浜の原鉄道模型博物館が特別協力。
大型模型(一番ゲージ 縮尺約1/32)が走行し、0番ゲージ(縮尺約1/40)の列車を展示します。

 寝台特急「あさかぜ」 寝台特急「あさかぜ」

鋼製古典客車(ドイツ)鋼製古典客車(ドイツ)

木造古典客車(英国)木造古典客車(英国)

スイスの国鉄の車掌鞄スイスの国鉄の車掌鞄

オリエント急行の食堂車ランプオリエント急行の食堂車ランプ





 

 





 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社阪急阪神百貨店 >
  3. 「鉄道模型フェスティバル」と「鉄たび展」。うめだ阪急で2つの鉄道フェアを開催。