神戸三宮駅における可動式ホーム柵の設置について

阪急電鉄では、駅ホームからの転落事故等を防止する対策として、神戸三宮駅の各ホームに可動式ホーム柵を設置することになりましたのでお知らせします。
今回の可動式ホーム柵は、2018年度に設置した十三(じゅうそう)駅(「宝塚本線 宝塚方面ゆき」、「宝塚本線 梅田方面ゆき」、「京都本線 河原町方面ゆき」の各ホーム)に続いて設置するもので、2021年春頃までに完成する予定です。工事期間中は大変ご不便をおかけしますが、皆さまのご理解とご協力をお願いします。
1.設置箇所
神戸本線 神戸三宮駅 全ホーム(1番・2番・3番・4番ホーム)

2.可動式ホーム柵の内容
可動式ホーム柵の種別:腰高式、一部透過型

<設置イメージ><設置イメージ>

3.設置時期
2021年春頃までに完成予定。


阪急電鉄株式会社 http://www.hankyu.co.jp/

リリース https://www.hankyu-hanshin.co.jp/file_sys/news/6859_5921d7e63c52ab7cc7f89a938093ec666714d8ac.pdf

発行元:阪急阪神ホールディングス
    大阪市北区芝田1-16-1
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 阪急電鉄株式会社 >
  3. 神戸三宮駅における可動式ホーム柵の設置について