7月12日~14日池袋HUMAXシネマズにて『怜々蒐集譚 Reirei Syusyu Tan』 ゲスト登壇付きDVD発売記念興行開催!

株式会社リブレ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:太田歳子)発行の「怜々蒐集譚」(著:石原理)を原作としたキノドラマ(舞台)とキネマ(映画)の、DVD化を記念し、ゲスト・スタッフ登壇の記念興行を行うことが決定いたしました。
www.zuu24.com/rrsysy/

石原理による、人気挿絵師の出泉と新人編集者の南、歌舞伎役者の葛葉が、人の想いが織りなす謎に迫る大正浪漫ミステリー『怜々蒐集譚』を原作とし、2019年2月の新国立劇場にて興行されたキネマ(映画)&キノドラマ(舞台)連動興行『怜々蒐集譚』DVDの発売を記念して、上映興行を開催いたします。
新国立劇場上映時とはまた違った、正統派スクリーンで、それぞれの『怜々蒐集譚』をお楽しみください。

『怜々蒐集譚 Reirei Syusyu Tan』 DVD発売記念興行
2019年7月12日(土)〜14日(日)池袋HUMAXシネマズ(サンシャイン60通り)
www.humax-cinema.co.jp/cinema/ikebukuro/
原作:石原理「怜々蒐集譚」シリーズ(株)リブレ
出演:溝口琢矢 藤原祐規 味方良介 鯨井康介 瀬戸早妃 宮地花衣 岸博之 野尻大介 宮下舞花 相馬圭祐 相葉裕樹
舞台演出:八鍬健之介/映画監督:武島銀雅
企画・プロデュ―ス Zu々

【詳細】
上映作品:キネマ(映画)「怜々蒐集譚」 / キノドラマ(舞台)「怜々蒐集譚」
料金:2,200円(税込) (各回入替制)
HUMAXシネマズ オンラインチケット/ 劇場窓口

【イベント登壇者】
7/12(金) 18:30 ボバノヴィッツ・ハンズ〈映画カメラマン〉
7/12(金) 20:30 八鍬健之介〈舞台演出家〉
7/13(土) 11:00 藤原祐規〈俳優〉
7/13(土) 16:00 潮楼奈和〈映画脚本家〉
7/14(日) 13:00 Hamlet Machine 〈楽曲提供アーティスト〉
7/14(日) 15:15 Hamlet Machine 〈楽曲提供アーティスト〉
MC担当:伊藤亜斗武
 

 


**********************************************************************************

舞台演劇には”瞬間芸術”としての儚い美しさがあります。Zu々プロデュース公演は、演劇の持つその”瞬間性”に価値があると考え、これまでDVD化をせずに参りました。

一方、映画は”銀幕(スクリーン)に何度も再現できる芸術”です。キネマ『怜々蒐集譚』(新国立劇場2月公演)も「何度も御覧頂きたい」という想いから、DVD化することを決定いたしました。

それに伴い、大きな銀幕(スクリーン)の本格的な設備の中、美しい陰翳をご覧いただけるよう、また、キネマと世界観を深めるキノドラマ(舞台)を同時期にご覧いただけるよう、DVD発売記念興行をゲスト登壇付きの回を含めて開催いたします。

どちらか一作品の鑑賞でも観客にご満足いただける作品を目指して制作しましたが、両作品の鑑賞により、より一層『怜々蒐集譚』の世界に深く耽溺できるようになっています。また、イベントでは、プレトーク、アフタートークなどの形式で、キャスト、スタッフが登壇し、作品について解説や裏話を披露する予定です。
 
  • 【映画館内催事】
〈写真展示〉
映画館内ロビーにてキノドラマ(舞台)写真の展示販売
映画オフショット写真の展示(抽選でプレゼント)
キネマ:イメージ写真のアザーカット販売

〈物販販売〉
新国立劇場での公演時に販売していたグッズ(ブロマイドを含む)の再販売
Zu々プロデュースの過去公演グッズの販売
※ 展示のご鑑賞、物販ご購入は本イベントのチケットをお持ちのお客様のみ対象

劇場上映作品の本編に加えて、特典映像付き「怜々蒐集譚」DVDの販売あり

 

キネマのみキネマのみ

キネマ4,200円(税込)
キネマ収録内容:本編54分 特典:81分 <2枚組、キネマのみも収録内容は同じ>
 

キネマとキノドラマの2本組キネマとキノドラマの2本組

キネマ・キノドラマ二枚組 9,800円(税込)
キノドラマ収録内容:本編133分 特典:48分
キネマ収録内容:本編54分 特典:81分 <2枚組、キネマのみも収録内容は同じ>
注)舞台は「生」で”瞬間”をお楽しみいただくものとの考えから、キノドラマ(舞台)のみの販売はございません。

DVD発売記念興行公式サイト: www.zuu24.com/rrsysy_cinema/
「怜々蒐集譚」公式サイト:www. zuu24.com/rrsysy/
公式ツイッター: twitter.com/rrsysy_zuu

~キネマ~
その想いの答えは、未だ見つからなかった―

文壇を賑わせた、若きふたりの作家のスキャンダル。
烏鷺の裏切りによって訣別したはずのふたりは、
なぜ烏鷺の失踪後、また繋がることになったのか。
事件解決の先にある、若き日の烏鷺と乙貝の互いへの想いが交錯する愛憎の時の物語。

キネマPhoto1キネマPhoto1

キネマPhoto2キネマPhoto2

キネマPhoto3キネマPhoto3


~キノドラマ~
人の想いには、秘められた謎がある。

雪山で遭難した小説家・烏鷺の未発表原稿が、同業者である乙貝の家で発見された。かつては誰よりも親しく、そして婚約者を烏鷺に奪われたことで訣別したはずの乙貝が、烏鷺の原稿を所有していた理由とは――。
街には赤いスカーフを巻いた焔のような女が男を誘うという。その女が抱えた想いを知るものは誰もいない。
帝都に浮遊する人の想いが紡ぐ謎に、人気挿絵師の出泉と新人編集者の南、歌舞伎役者の葛葉が迫る大正浪漫ミステリー。

キノドラマPhoto1キノドラマPhoto1

キノドラマPhoto2キノドラマPhoto2

キノドラマPhoto3キノドラマPhoto3


【ご参考資料】 キノドラマとは
起源は明治41年9月に東京で上演された4世沢村源之助主演『女さむらい』と言われ、大正初期には浅草の小劇場で大流行した。その後、キノドラマ専用の俳優まで誕生したが、興行改正法により、映画と舞台の同時併演が困難となり、ほとんど姿を消した。
その当時の手法は、映画としてあらかじめ撮影したあるエピソードの映像を、同じキャストによる別のエピソードの舞台の上で組み合わせながら構成していく舞台演劇。
  • 原作情報


原作:「怜々蒐集譚」「怜々蒐集譚 弐」
著者: 石原 理  © Satoru Ishihara/libre
<<電子書籍にて好評配信中>>
レーベル:ゼロコミックス
商品紹介:
時は大正末期。文壇、華やかなりし時代。2年前から失踪中の烏鷺の遺作が、同業者である乙貝の自宅で見つかり…!? この世ならざる事件に、オトボケ主人公達が挑む痛快不思議ミステリー決定版。

石原理「怜々蒐集譚」シリーズ
https://libre-inc.co.jp/catalog/detail.php?product_id=11026
https://libre-inc.co.jp/catalog/detail.php?product_id=11027

株式会社リブレ公式ツイッター@libreinc_
https://twitter.com/libreinc_
 
  •  原作者 石原理プロフィール


石原 理(イシハラサトル)
11月9日生まれ。
東京都出身・在住。
「38度線」にて漫画家デビュー。
電気機器メーカーからレーシングチームを経て
現在は漫画家として数多くの作品を執筆中。

●Twitterアカウント
https://twitter.com/denpajack
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社リブレ >
  3. 7月12日~14日池袋HUMAXシネマズにて『怜々蒐集譚 Reirei Syusyu Tan』 ゲスト登壇付きDVD発売記念興行開催!