宅配購読者に紙面ビューアーを無償提供

「日経ID決済」対象、スマホ・パソコンでいつでも閲覧可能

日本経済新聞社は、宅配の新聞を日経ID決済(クレジットカード払い)で購読中の方なら紙面イメージをスマートフォンやタブレット、パソコンでいつでも無償で見られる「日本経済新聞ビューアーサービス」を7月1日から開始します。

スマホ・タブレットからは専用アプリで、パソコンからは電子版サイトの紙面ビューアーコーナーから、過去30日分を閲覧できます。対象は東京本社発行の朝刊・夕刊の最終版全ページに加え、全国20の地域経済面すべて。紙面がお手元にない移動中や出張中など、いつでもどこでも当日に限らず、過去の紙面も含め手軽に確認できます。

ビューアーサービスで利用できるのは日本経済新聞の紙面イメージのみとなります。気になった記事の保存や、登録しておいたキーワードが含まれる記事が囲まれて目立つように表示されるといった機能は、有料で提供している「日経電子版」の紙面ビューアーのサービスとなります。

日経ID決済は購読料を日本経済新聞社へ直接クレジットカードで毎月お支払いいただく定額の決済方法です。日経ID決済でお支払いいただくと、ビューアーサービスがご利用いただける他、読者限定サイト「日経STUDYUM」で提供するオンラインセミナーなどの各種無料サービスのほか、日本経済新聞社が提供する各種デジタルサービスを割引料金でご利用いただけます。

日経ID決済によるお支払いのお手続き方法やサービス内容は下記からご確認ください。
<https://www.nikkei4946.com/crh/>

日本経済新聞社について
日本経済新聞社は1876年以来、140年にわたってビジネスパーソンに価値ある情報を伝えてきました。約1500人の記者が日々、ニュースを取材・執筆しています。主力媒体である「日本経済新聞」の発行部数は現在約223万部、2010年3月に創刊した「日本経済新聞 電子版」をはじめとするデジタル有料購読数は83万で、有料・無料登録を合わせた会員数は400万を上回っています。

 本件に対する問い合わせ
日本経済新聞社 広報室 TEL:(03)3270-0251 (代表)
  1. プレスリリース >
  2. 日本経済新聞社 >
  3. 宅配購読者に紙面ビューアーを無償提供