ギャップジャパン、レインボーリボン着用でLGBTQコミュニティへの支持を表明

4月24日から5月5日のプライドウィーク期間中、店頭でのリボン配布実施


ギャップジャパン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:マシュー・コリン、以下ギャップジャパン)は、多様性およびLGBTQコミュニティへの支持を表明するべく、2021年4月24日から5月5日までの東京レインボープライド2021 プライドウィーク期間中、全国のGap、Banana Republicストアにてスタッフがレインボーカラーのアウェアネスリボンを着用しお客さまをお迎えします。また、私たちとともにLGBTQコミュニティへの支援を表明してくださるお客さまにも数量限定でレインボーリボンを配布します。 

ギャップジャパンの米国本社Gap Inc. の創業者である、ドン&ドリス・フィッシャーは1969年に同額を出資しあい、対等なパートナーとしてGapストアをオープンしました。フィッシャー夫妻の平等に対する強い思いは、創業から今もなお、日本を含む全世界の従業員の心を動かし導き続けています。 Gap Inc. は「自分らしくある」ことをなによりも大切にし、個性と多様性を称え、お客様、従業員、すべての人を敬意、尊厳、公平さをもって平等に扱うという会社のコアバリューを体現しています。 

ギャップジャパンは日本におけるLGBTQ支援活動のパイオニアです。東京レインボープライドを始めとする各地でのプライドイベントへの継続的な参加、福利厚生制度の対象者拡大など、様々な取り組みを通じて、日本のLGBTQコミュニティに力を与えるため、精力的な支援を行っています。なかでもLGBTQアライトレーニングでは、LGBTQに関する正しい知識を身につけ、お客様、同僚との会話や行動、言葉使いに反映させるように取り組んでいます。このアライトレーニング受講後にはLGBTQコミュニティへの支持を表明する従業員が、LGBTQ支援者となる「アライ宣言」をしており、社内にアライの輪を広げています。 

ギャップジャパンは、これからも当社のルーツを大切にしながら、前向きな変化をもたらすべく未来に目を向け、平等というビジョンに従って行動していきます。
 

#####
 

【レインボーリボン配布詳細】
期日:     2021年4月24日(土)から2021年5月5日(水)まで
              *数量限定、なくなり次第終了
場所:     全国のGap、Banana Republic ストア
              Gap店舗情報 https://gapnews.jp/shops
              Banana Republic店舗情報 https://bananarepublic.gap.co.jp/browse/info.do?cid=74556

 
ギャップジャパン株式会社について
ギャップジャパン株式会社はGap Inc. (本社:米国サンフランシスコ)の日本法人であり、Gap、Banana Republicのブランドを通して、メンズ、ウィメンズ、キッズ向けのウェア、アクセサリー、パーソナル・ケア製品を展開しています。1995年東京・銀座にGap 1号店、2005年にBanana Republic 1号店をオープン。Gap、Banana Republicの商品はオンライン販売(www.gap.co.jp / www.bananarepublic.co.jp) でも商品を提供しています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ギャップジャパン株式会社 >
  3. ギャップジャパン、レインボーリボン着用でLGBTQコミュニティへの支持を表明