名古屋市科学館のプラネタリウム「Brother Earth」、観覧者数2,000万人達成

8月17日、名古屋市科学館のプラネタリウムの累計観覧者数が2,000万人に達し、ネーミングライツパートナーであるブラザー工業の協力のもと、記念イベントが開催された。2,000万人目の観覧者には、ブラザーから天体望遠鏡と同社のラベルライターが記念品として手渡されたほか、来館者にブラザーがデザインしたうちわが配布された。

記念品贈呈の様子記念品贈呈の様子

式典では、2,000万人目の観覧者に、科学館から認定証が手渡されたほか、ブラザーから2,000 万人達成記念ステッカーの貼られた特別仕様の天体望遠鏡と、同社のラベルライターP-TOUCH CUBE PT-P710BTが記念品として手渡された。さらに、来館者にブラザー特製のうちわが配布された。

名古屋市科学館のプラネタリウムは、1962年に開館し、2011年には世界最大級の大きさにリニューアルされると同時に、ブラザーがネーミングライツ(命名権)を取得し、プラネタリウムドームの名称が「Brother Earth(ブラザーアース)」となっている。

「Brother Earth」は、ブラザーグループが掲げる環境活動のスローガンでもあり、世界各地域の拠点ではこのスローガンのもと、地球環境への配慮に前向きで継続的な取り組みが行われている。

世界最大級のプラネタリウムドーム「Brother Earth」 世界最大級のプラネタリウムドーム「Brother Earth」 

 

配布されたうちわ(左:表面 右:裏面)配布されたうちわ(左:表面 右:裏面)

 



 

 

 

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ブラザー工業株式会社 >
  3. 名古屋市科学館のプラネタリウム「Brother Earth」、観覧者数2,000万人達成