オフィスから教育現場まで、さまざまなシーンで利用できるビジネスプロジェクター全6機種9モデル新発売

- 選ばれ続けて25年連続国内シェアNO.1※1の実績を支えるラインアップ -

 25年連続国内シェアNO.1※1のエプソンは、ビジネスプロジェクターの新商品として、スタンダードモデル『EB-L250F』、短焦点デスクトップモデル『EB-L200SW』、超短焦点壁掛け対応モデル『EB-805F』をはじめ、全6機種9モデルを2020年11月下旬より順次発売します。なお、『EB-L255F/755F/805F』(ブラックモデル)は、受注生産のため本日2020年10月27日より受注開始します。
※1:’95年~’19年実績 1,000lm以上のプロジェクター国内販売台数において 富士キメラ総研調べ。

 新商品は全モデルレーザー光源を採用しました。ランプ交換が不要となり導入後の手間が軽減されます。さらに、3年または20,000時間の充実保証※2により、安心してご利用いただけます。また、電源を入れると素早く投写できるため、授業や会議がすぐ始められ効率化にもつながります。
※2:3年または20,000時間のどちらか早い方となります。

 また、ソフトウェアの「Epson Projector Content Manager」を使用すると、USBメモリーに保存した動画コンテンツのスタンドアロン投写が実現できます。さらに無料アプリ「Epson Creative Projection(for iOS)」を活用すれば楽しく簡単にオリジナルコンテンツを作成することができるため、企業の受付・ショールーム、教室での案内サインのほか、店舗内での映像演出など、さまざまな空間や用途で活用いただけます。(『EB-L200W』『EB-725W』は除く)

今回は、設置場所や広さ、さまざまな利用シーンに応じてお選びいただける商品をご用意しました。

【新商品の主な特長】
スタンダードモデルEB-L250F/L255F/L200W
■鮮やかな高画質映像を投写するレーザー光源採用
 明るさは、『EB-L250F(ホワイトモデル)』『EB-L255F(ブラックモデル)』が4,500lm、『EB-L200W』は4,200lmと、中規模会議室から大会議室・ホールまで投写可能な明るさを備えています。レーザー光源採用により、明るく鮮明な映像が大画面で投写できます。

■複数台で1つの迫力大画面を実現EB-L250F/L255F』のみ
 複数台のプロジェクターを使用し、縦長・横長など自由なレイアウトで大画面投写ができます。エッジブレンディング機能を搭載しているので、画面の境界線をつなぎ目なく自然に融合します。
 
短焦点デスクトップモデルEB-L200SW
設置場所の自由度が広がりスペースを有効活用
 短焦点レンズとして大型ハーフカットレンズを採用。83cmの距離でワイド80型の大画面が投写でき、狭い場所や投写距離が確保できない場所でも設置場所に困りません。
さらに、机上、天吊の設置※3はもちろん、配線ダクトを使った設置※3も可能です。黒板や壁面だけでなく、床面にも投写できます。
 ※3:金具はオプション対応。

接続ミスをなくすホーム画面機能搭載
 プロジェクターに接続中の機器の画面がサムネイル表示されるホーム画面機能を採用。ホーム画面を呼びだせば、投写したい機器を迷わずに選択する事ができます。

超短焦点壁掛け対応モデルEB-800シリーズ/700シリーズ』>
利用シーンが広がるさまざまな設置スタイルに対応
 机上、壁掛※4、天吊※4、ボードスタンド※4などのさまざまな設置スタイルに対応。また、ポートレート投写(縦画面の映像投写)にも対応しているため、設置場所や利用シーンに合わせてご利用いただけます。ほぼ真上から投写できるため、投写面の近くに人が立っても影ができにくく、投写映像が目に入りまぶしく感じることがありません。
※4:オプション対応。
 
湾曲した黒板にも投写可能
 教室の黒板など湾曲した投写面にも対応しています。黒板に投写した際に、画面の歪みを四角く補正しますので、黒板に直接投写してご利用いただけます。

【販売目標台数】
 新商品を含めたビジネスプロジェクターの販売台数は、今後1年間で約15万台を予定しています。

【価格・受注開始日/発売時期について】

※5:シフト技術を採用したスクリーン上の解像度となります。
*上記の参考価格はエプソンダイレクトショップ(エプソン直販サイト)での販売予想価格(2020年10月27日現在)であり、各販売店での販売価格を指示・拘束するものではありません。各販売店における販売価格は、各販売店にお問い合わせください。
本リリース上の他者商標の帰属先は、商標について(https://www.epson.jp/trademark/)をご確認ください。

<使用上の注意事項>
 エプソンが製造・販売しておりますプロジェクターの一部において、空気中に漂う油煙が多い環境に天吊り設置されたプロジェクターの外装ケースおよび金具固定部に油が付着すると、金具固定部のプラスチックが化学反応で劣化・破損して、天吊金具や壁掛け金具からプロジェクターが落下するおそれがあります。
 現在、天吊り設置・壁掛け設置・ボードスタンド設置でエプソンプロジェクターをご使用されているお客様におかれましては、大変お手数をお掛けいたしますが、設置環境や状態をご確認の上、少しでもご心配・ご不安な点がある場合は、「エプソン プロジェクター特別対応受付専用窓口」までご連絡ください。詳細は、https://epson.jp/tenken/をご覧ください。

「エプソン プロジェクター特別対応受付専用窓口」
■電話番号:0120-411-636
 ※上記番号をご利用いただけない場合は、042-511-2974 をご利用ください。
受付時間:月曜日~金曜日 9:00~17:30(祝日・弊社指定休日を除く)
 ※電話のかけ間違いが増えておりますので、番号をよくお確かめの上おかけください。  
 ※プロジェクターの型番を本体、取扱説明書、保証書等で事前にご確認の上、ご連絡ください。
■インターネットでのお申込み:https://epson.jp/tenken/ 
 ページ内の「インターネットで申し込む」ボタンよりお申込みください。
                                  
以上
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. エプソン販売株式会社 >
  3. オフィスから教育現場まで、さまざまなシーンで利用できるビジネスプロジェクター全6機種9モデル新発売