福山雅治さんがAERAの表紙に登場!撮影は蜷川実花

ニュース週刊誌「AERA」は、9月4日発売の9月11日増大号で、9月9日公開の是枝裕和監督作品「三度目の殺人」に主演した、俳優でミュージシャンの福山雅治さんを表紙に起用しました。撮影は、本誌表紙フォトグラファーの蜷川実花です。

 

福山さんが是枝作品に出演するのは、2013年の「そして父になる」以来のこと。中面のカラーページでは、2度目のタッグを組んだ是枝裕和監督と対談し、自らが演じた「勝利至上主義」の弁護士の人物像や、役所広司さんとの共演、撮影現場での是枝監督とのやり取りなどについて語っています。

福山さんと是枝監督が盛り上がったのは、映画の核となる接見室でのシーンについての話。クローズアップを多用することで「情報量」はどう変化したのか――。読めば映画で確かめたくなります。

対談の最後には、福山さんが「この質問でしめちゃっていいんですか?」と驚くことになる質問が繰り出されました。

AERA(アエラ) 2017年 9/11 増大号
特別定価:410円(税込)
発売日:2017年9月4日 ※一部地域で発売日が異なります。
https://www.amazon.co.jp/dp/B075441V9Q

 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社朝日新聞出版 >
  3. 福山雅治さんがAERAの表紙に登場!撮影は蜷川実花