木造住宅設計&施工者のあらたな学習バイブル 断熱設計・施工手法が学べるウェブサービス『断熱・気密ナビ』オープン

HEAT20「G1」「G2」相当に対応、省エネ基準もわかりやすく解説

YKK APは、設計者のバイブルとしてロングセラーを続ける建築雑誌「ディテール」(彰国社)とのコラボレーションにより、設計・施工者の方々に向けたウェブサービス『断熱・気密ナビ』を、11月28日にオープンします。

 

 YKK AP株式会社(本社:東京都千代田区、社長:堀 秀充)は、設計者のバイブルとしてロングセラーを続ける建築雑誌「ディテール」(彰国社)とのコラボレーションにより、設計・施工者の方々に向けたウェブサービス『断熱・気密ナビ』を、11月28日にオープンします。


断熱・気密ナビ ウェブアドレス
http://dankinavi.jp

(タブレット、スマートフォン対応)

 住宅における“断熱レベルや快適性”への感心が高まる今日、それらを設計・施工する側に求められる、設計知識や施工技術のハードルも、同時に高まりつつあります。合わせて、新商品の登場や時代とともに変化する基準改正への対応など、知識やスキルを日々、一歩先のレベルへアップデートさせていくのが理想です。しかし多忙な状況の中、限られた時間でポイントを抑えながら効率良く学ぶことは、なかなか難しいのが現状です。

 そこでYKK APは、快適な住環境の提供を目指し、ビジュアル中心に学べるウェブサービスをつくりました。それが『断熱・気密ナビ』です。

 断熱・気密ナビは、制作パートナーとして建築雑誌「ディテール」を発行する彰国社を迎え、コンテンツのクオリティにこだわりました。内容は「設計」「施工」「知識」の3テーマで構成し、各部位の納まりや、施工手順などを図面やイラストで分かりやすく解説します。また、PDF形式で出力が可能で、印刷を行えばそのまま現場の打合せなどでも活用可能です。

 YKK APは、設計・施工者の方々へのサポートを通じて、省エネで快適な住宅づくりの、より一層の普及を目指します。

【ナビ特長】
<設計で性能を上げる>


HEAT20「G1」「G2」※1 相当の性能に対応した「1歩先のつくりかた」と「3歩先のつくりかた」を、部位別にイラスト図面で紹介。ページ内から、推奨する高性能樹脂窓「APW」などのYKK AP商品情報に直接アクセスも可能です。







 <施工で性能を確保する>


「1歩先のつくりかた」、「3歩先のつくりかた」を現場で実現するための「設計ポイント」を施工手順で追いながら、わかりやすいイラストで紹介します。図面をA3サイズで印刷して、施工現場で壁などに貼りながらの活用も可能です。






<教えて!もっと断熱・気密>


「1歩先」、「3歩先」の住宅づくりに必要な断熱・気密の知識をQ&A形式で学べるコーナー。断熱・気密性能と身体との関係、省エネ基準の概要、エリアごとに求められるスペックなど、Q&A形式で解説します。









※1  HEAT20「G1」「G2」… 研究者、住宅・建材生産者団体の有志で構成された「2020年を見据えた住宅の高断熱化技術開発委員会(HEAT20)」が提示している基準で、「エネルギー」、「環境の質」、「コスト」が、バランスよく調和した住宅を目指すための指標です。

 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. YKK AP株式会社 >
  3. 木造住宅設計&施工者のあらたな学習バイブル 断熱設計・施工手法が学べるウェブサービス『断熱・気密ナビ』オープン