若手実力派俳優 前原滉・天野はな・奈緒 × 新鋭監督 山西竜矢による初長編映画「彼女来来」の初日舞台挨拶が新宿武蔵野館にて行われました


弊社所属の劇作家で、演劇ユニット「ピンク・リバティ」の代表をつとめ、劇作家・演出家としても注目を集める山西竜矢(やまにし・たつや)が、映画監督として初めて作り上げた、オリジナル脚本による長編映画「彼女来来(カノジョライライ)」が本日6月18日(金)より一般劇場での公開を開始し、初日舞台挨拶が行われました。

本作は、若き名バイプレイヤーとして話題作への出演が続く前原滉、ドラマ『あなたの番です』で注目を集め様々な作品で引っ張りだこの奈緒と、ドラマ『そして、ユリコは一人になった』での出演やMV、映画などでも存在感が光る天野はなをメインキャストに起用した、山西竜矢監督のオリジナル脚本による奇妙な“恋愛”映画です。音楽は、関西から世界を魅了する異色バンドであり、テレビ東京で放送中のドラマ『生きるとか死ぬとか父親とか』の劇中音楽も担当するVampilliaのヴァイオリニスト・宮本玲がヴァイオリンのみで制作し、不穏かつ不可思議な本作の世界観を増幅させる楽曲になっています。

この日舞台挨拶に登壇したのは、メインキャストである前原滉、天野はな、奈緒3名。トークの進行は前原滉が務めました。初日を迎えた感想ではそれぞれ、
「映画にこんなにしっかり関わって、公開まで作品を見届けるのが初めてのことなので、特別なことを経験させてもらっている気持ちで、とてもうれしいです。」(天野はな)
「この3人がそろうっていうのは、きっと今日しかないから嬉しいよね。」(前原滉)
「単純にすごくうれしいですね。こうやって一般公開ができたっていうことがすごくうれしいですし、どこまで「彼女来来」って映画が広がっていくのかがわからない状態だったので、ここまで広がって、今日はどちらの(上映)回も満席をいただいたとい聞いて、本当にありがとうございます。(奈緒)とコメントしました。



本作で共演する前から仲が良かったという3人ですが、控室での会話が盛り上がりすぎることも多々あり、ある時しゃべりすぎて疲れてしまった奈緒が寝ていたというエピソードが明かされました。




 



紀夫役を演じた前原滉は、「こんなこと言うとすごい、はなちゃんに失礼になっちゃうんですけど、(実際の撮影の前半では)ずっとはなちゃんと喧嘩していたのもあって、最終的に奈緒ちゃんが来たとき、すごい楽しくてキャッキャしちゃいました。」と明かし、役柄的に物語の展開と撮影現場がリンクした部分について振り返りました。

 


もし、お付き合いしている相手がある日入れ替わってしまったとして、自分ならどうするかという話題になると、「私、出て行ってもらいます。」(天野はな)「私はまず、この映画との因果関係を調べます。山西さんに連絡して、前原さんとはなちゃんにも連絡して、一緒に探してもらいます。」(奈緒)「受け入れるとか受け入れないとかではないよね。」(前原滉)と、各々がコメントしていました。


昨年7月に撮影された本作は、音楽×映画の祭典『MOOSIC LAB [JOINT] 2020-2021』コンペティション部門にて先行上映され、準グランプリ・最優秀男優賞(前野滉)・女優賞(天野はな)と三部門で受賞。また、行定勲監督がディレクターを務めるくまもと復興映画祭2021へ選出されるなど、高い評価を得ております。

今泉力哉監督や、山戸結希監督など、『MOOSIC LAB』を経た多くの監督が活躍している中、本作で監督を務めた山西竜矢の若き才能、繊細ながらも不穏さを感じさせる演出と、恋愛と人間の本質に迫るストーリーテリングによって作り上げられた『彼女来来』を、ぜひこの機会に劇場でご覧ください。

<あらすじ>
きえたマリ、あらわれたマリ─二人のマリに翻弄される男の葛藤を描く
都内郊外のキャスティング会社で働く男・佐田紀夫、30歳。
彼は交際三年目になる恋人・田辺茉莉と、穏やかな毎日を送っていた。
ある夏の日。紀夫が家に帰ると、窓から強い夕陽が差し込んでいた。焦げるようなその日差しを目にした瞬間、紀夫は奇妙な感覚に襲われる。気付くとそこにあるはずの茉莉の姿は無く、代わりに見知らぬ若い女がいた。困惑する紀夫に、女はここに住むために来た、と無茶苦茶なことを言う。透き通るような白い肌のその女は「マリ」と名乗り─

突然失踪した恋人を探しながら、別人との奇妙な関係に迷い込んだ男を描く、奇妙さと写実性を両立した恋愛劇。

 


【作品概要】
≪タイトル≫ 彼女来来 / カノジョライライ
≪キャスト≫ 前原滉   天野はな   奈緒
村田寛奈  上川周作  中山求一郎  葉丸あすか  大石将弘  千葉雅子  ほか
≪スタッフ≫ 監督/脚本/編集 山西竜矢  ⾳楽 宮本玲/Vampillia
撮影:⽶倉伸 照明:藤井光咲 録⾳:織笠想真/城野直樹 美術:松井今⽇⼦ ⾐装:キキ花⾹ ヘアメイク:ほんだなお
助監督:中村幸貴 演出助⼿:濱﨑菜⾐ 制作担当:相澤優介 撮影助⼿:清⽔⼤河 照明助⼿:⼤⻄恵太/⻄愛由美
美術助⼿:岡本まりの/⾏徳美沙季 制作進⾏:⾼橋功⼈ グレーディング・DCP制作:清原真治 ホームビデオ編集:稲川悟史
スチール:佐藤祐紀 HPデザイン:広垣友⾥絵 ビジュアルデザイン:⽬⿊⽔海 アシスタントプロデューサー:濱﨑菜⾐
プロデューサー:⾼橋友理/髭野純/広屋佑規/⼭⻄⻯⽮  宣伝:レプロエンタテインメント/「彼女来来」宣伝部
配給:SPOTTED PRODUCTIONS 配給協力:イハフィルムズ 企画協⼒:直井卓俊 企画・製作:「彼⼥来来」製作委員会
2021/91分/カラー/日本/5.1ch/ヨーロピアンビスタ ©️「彼女来来」製作委員会
□公式サイト http://sherairai.com  
□公式Twitter https://twitter.com/she_rairai
#彼女来来 #カノジョライライ
――――――     2021年6月18日[金]より新宿武蔵野館ほか全国順次公開      ――――――


<会社概要>
社名:株式会社レプロエンタテインメント
公式HP:https://www.lespros.co.jp/
お問い合わせ先:https://www.lespros.co.jp/contact/

 

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社レプロエンタテインメント >
  3. 若手実力派俳優 前原滉・天野はな・奈緒 × 新鋭監督 山西竜矢による初長編映画「彼女来来」の初日舞台挨拶が新宿武蔵野館にて行われました