【京都高島屋】2019年以来3年ぶりに山鉾巡行!「祇園祭とともに」

■会期:2022年7月1日(金)~24日(日) ■時間:午前10時~午後8時

祇園祭の由来は、千年以上前に疫病が流行した際、その災厄を祓うために行われた祭りと伝えられています。コロナの影響で2020年、21年と2年にわたり山鉾巡行が中止になりました。山鉾巡行が2年以上中断するのは、太平洋戦争で1943年から4年間巡行が見送られて以来でした。今年は3年ぶりに山鉾巡行が復活します。京都髙島屋では祇園祭のアーカイブ映像や木村英輝氏の描いた屏風の展示でお祭りの雰囲気を楽しんでいただくとともに、浴衣や和小物、祇園祭をモチーフとしたアイテムや京の味覚をご紹介いたします。
☆ゆかたとこもので楽しむ祇園祭
1階ゆとりうむで、「ゆかたとこもの“夏マルシェ”」POPUPショップを開催
■会期:7月1日(金)→12日(火)
ゆかたや帯を中心に、バッグ、下駄など、ゆかたでも洋服でも使える小物を多彩にご紹介します。〈ハルキモノコモノ〉や〈/fan/fun〉が京都店初登場。POP&キュートなコーディネートをご提案します。



〈岡重〉ゆかた38,500円〈花古今〉半幅帯  9,680円
〈kinaka〉ビーズバッグ  47,300円
〈ハルキモノコモノ〉ふかふか草履  9,900円
〈/fan/fun〉扇子  5,500円
 

 



☆アーカイブ映像で楽しむ祇園祭
1階正面フロントステージで、アーカイブ映像を放映します。



■7月1日(金)→24日(日) 各回約15分
KBS京都に残る数十年前からのアーカイブ映像をもとに、祇園祭の様子を90インチモニターで放映し、祇園祭・山鉾巡行の魅力をお届けします。



☆祇園祭は「屏風祭」
1階正面ウィンドーで、木村英輝さんが描いた屏風を展示します。




木村英輝 画《祇園祭絵図》屏風 (六曲一双) サイズ:約幅540×高さ150cm



☆祇園祭モチーフでお祭り気分を楽しむ祇園祭

 



【京絵付ガラス】
左 祇園祭タンブラー  3,300円
右 祇園祭フリーカップ 2,750円
ガラスの器に、京焼の絵付師が上絵付けで祇園祭モチーフの絵柄をデザインしました。●6階 特選和食器売場
   

 



 ☆京の味覚を楽しむ祇園祭
地階からは、スウィーツや老舗定番の美味が登場!


京都地区限定
【鶴屋吉信】こんちきちん(1箱/5個入り) 1,080円
お囃子にちなんだ京都限定の「こんちきちん」はもっちりしっとりとした焼皮に粒あんを挟んだ焼き菓子です。●地階 和菓子売場



 


【井筒八ッ橋本舗】
生八ッ橋入り祇園祭三笠(5個入り) 918円
祇園祭の函谷鉾の焼印をあしらった、生八ッ橋入りの三笠。昔ながらの味わいを楽しんで。●地階 和菓子売場



この時期旬を迎える鱧は、京都の夏に欠かせない食材。祇園祭は「鱧祭り」とも呼ばれます。


【菊乃井】
鱧寿司(1/2本) 5,940円
特製のタレで鱧を煮含めるようにして柔らかく仕上げました。夏の食欲をそそるひと品です。
■販売期間:7月14日(木)→18日(月・祝)
・23日(土)・24日(日)●地階 惣菜売場 お弁当どころ
 



【井傳】
はもつけ焼き(1パック) 1,080円
備長炭で焼き上げた、国産鱧のつけ焼きです ●地階 惣菜売場 京料理コーナー


※価格はすべて総額にて表示しております。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社髙島屋 >
  3. 【京都高島屋】2019年以来3年ぶりに山鉾巡行!「祇園祭とともに」