ワタミ、外食4社と連携で初の食品リサイクル・ループ認定

名古屋市で店舗の調理残さを飼料化

ワタミ株式会社(東京都大田区、以下ワタミ)は、愛知県名古屋市で外食事業者4社(㈱セブン&アイ・フードシステムズ、㈱トリドールホールディングス、㈱松屋フーズ、リンガーハットジャパン㈱※五十音順)と共同で食品リサイクル・ループに参加し、2020年7月20日に農林水産大臣、環境大臣ならびに厚生労働大臣による食品リサイクル法に基づく「再生利用事業計画」の認定を取得しました。複数の外食事業者が連携した食品リサイクル(飼料化)による再生利用事業計画が認定されるのは初めてのことです。
今回の取り組みは、食品関連事業者として外食事業者5社が愛知県名古屋市内で運営する計38店舗で生じた調理残さなどの食品循環資源を、再生利用事業者(中部有機リサイクル㈱)にて飼料化します。その飼料を農林漁業者等の養鶏場(サンエッグファーム㈱)で給餌して、生産された鶏卵を外食事業者が買い戻し、商品に加工してお客様に提供するという食品リサイクル・ループを構築することで、3大臣からの認定を受けました。
外食事業者の店舗による食品リサイクル・ループの構築は、店舗が点在していることで回収の効率化、農畜産物を買戻して商品化するといった点が課題とされています。この課題を解決するため、公益財団法人Save Earth Foundation(東京都大田区)が事務局になることで、名古屋市内で店舗を展開する複数の外食事業者の店舗が参加するとともに、関係者間の調整をはかってきました。
ワタミでは、「ミライザカ」栄中区役所前店が食品リサイクル・ループに参加しています。
 




■ワタミが取組む食品リサイクル・ループ
ワタミでは、2010年に国内居酒屋チェーンとして初めて環境省・農林水産省から食品リサイクル・ループ認証を取得するなど、外食業界のリサイクル率を向上させるために企業連携を含めた取組みを推進しています。今回の食品リサイクル・ループ認定は、ワタミでは2事例目となります※1。
外食の店舗や弁当製造工場から出る惣菜等の食品廃棄物は飼料にすることが望ましく、今後も食品廃棄物の飼料化を推進し、その飼料でできた農畜産物を買戻しすることで、地域の循環型社会形成に貢献していきます。
※1 1事例目は、愛知県中京センターでの弁当製造工場の食品廃棄物の飼料化による食品リサイクル・ループ認定(2020年1月7日認定)

■SDGsの達成に向けて
ワタミグループでは、SDGs(国連で採択された「持続可能な開発のための2030年までの目標」)の目標達成に向けて積極的に取り組むとともに、すべての企業活動の分野で持続可能な行動を推進していきます。グループとして、成長戦略の実現がSDGsの目標達成に貢献できるように、従業員だけでなく、すべてのステークホルダーと協力してまいります。今回の取組みはSDGsの目標2、12、17の達成に貢献するものです。

■ワタミ株式会社
【住 所】 東京都大田区羽田1-1-3
【代表者名】代表取締役会長兼グループCEO 渡邉美樹
【設 立】 1986年5月
【事業内容】 国内外食事業、海外外食事業、宅食事業、農業、環境事業
【ホームページURL】 https://www.watami.co.jp

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ワタミ株式会社 >
  3. ワタミ、外食4社と連携で初の食品リサイクル・ループ認定