日本生まれの「三ツ矢」ブランドからぶどう糖25g配合「三ツ矢」リフレッシュ10月27日(火)新発売

 アサヒ飲料株式会社(本社 東京、社長 米女 太一)は、「『三ツ矢』リフレッシュ」PET500mlを2020年10月27日(火)より全国発売します。


 「『三ツ矢』リフレッシュ」はぶどう糖を500mlあたり25g配合※1した炭酸飲料です。ぶどう糖を25g配合しながらも砂糖類の配合比率の調整を行ったことにより軽やかな甘さとなっています。味わいは飲用時にリフレッシュできるよう「三ツ矢」らしい強い炭酸とゆずフレーバーで仕上げました。

※1「三ツ矢サイダー」PET500ml 比較1.2倍

 アサヒ飲料の「新型コロナウイルスによる飲料購買行動・飲用シーン変化実態把握調査※2」によると、有糖炭酸を購入する機会が増えた方のうち「家にいる時間が増えたから」と答えた方が約35%、「リフレッシュしたいと思うようになったから」と答えた方が約26%いることがわかりました。また「2020年度飲料ニーズ調査※3」ではテレワーク実施者のうち有糖炭酸の飲用シーンとして「仕事・家事・勉強をしながら」と答えた方が約20%いたことがわかりました。

 以上から、コロナ禍においてリフレッシュ目的で飲用する有糖炭酸の需要が高いことに着目し、ぶどう糖配合の有糖炭酸飲料を発売することとしました。

 パッケージは白を基調としながらも柑橘類を想起させる黄と緑を配色し、ラベル上部には本商品最大の特長である「ぶどう糖25g配合」の文言を大きく配しています。

 「三ツ矢」ブランドは、135年以上のご愛飲への感謝とさらなるお客様満足度の追求を目指し、変化するお客様のニーズを捉え、新たな飲用シーンの創出、高付加価値商品の積極的な提案、広告、販促活動を年間通して展開して行きます。

商品概要
商品名 「三ツ矢」リフレッシュPET500ml
中味 炭酸飲料
希望小売価格(税別) 140円
発売日 10月27日(火)
発売地域 全国

 

【参考データ】

アサヒ飲料ではコロナ禍における生活様式の変化に伴う消費形態や、価値観の変化を探るべく清涼飲料水に関する飲用調査を行いました。

※2「新型コロナウイルスによる飲料購買行動・飲用シーン変化実態把握調査」
当社調べ 2020年6月実施 全国 15-79歳 男女 直近1年間継続して、月に1回以上、飲料を購入している方を対象に調査 (n=1,535)
下図は「炭酸飲料」の「カテゴリー別購入頻度増加理由」(「炭酸飲料(有糖炭酸)」の購入頻度が増加した148名のデータ)

 

 

 

※3「2020年度飲料ニーズ調査」
当社調べ 2020年6月実施 全国 一般男女個人 15-74歳 (n=2,000)
下図は「テレワーク実施者」における「有糖炭酸飲用シーン」(もっとも最近の平日に有糖炭酸飲料を飲用した536名のデータ)

 

「ぶどう糖」とは!?
 自然界に最も多く存在する代表的な単糖類。動植物が活動するためのエネルギーとなる。脳がエネルギーとして利用できる唯一の物質で、人体にとっても重要な栄養素です。果物や穀類などに多く含まれ、自然界に最も多く存在する単糖類で、日本語ではぶどうから発見されたためブドウ糖と呼ばれます。 食べ物から摂取された糖質は、消化吸収を通して最終的にはぶどう糖に分解され、エネルギー源として利用されます。特別な場合を除いて、脳がエネルギーとして利用できる唯一の物質で、人体にとっても重要な栄養素です。(抜粋:厚生労働省 e-ヘルスネット)

「三ツ矢」「MITSUYA」はアサヒ飲料株式会社の登録商標です。
  1. プレスリリース >
  2. アサヒ飲料 >
  3. 日本生まれの「三ツ矢」ブランドからぶどう糖25g配合「三ツ矢」リフレッシュ10月27日(火)新発売