akippaがベンチャー企業で唯一福岡県糸島半島の「よかまちみらいプロジェクト」実証実験に参画!

〜akippaが九州地方の自治体と協力するのは初!〜

駐車場予約アプリ「akippa」を運営するakippa株式会社(代表取締役社長 CEO:金谷元気)は、福岡県・糸島半島で実施される「よかまちみらいプロジェクト ~移動サービスで北部九州を未来へ繋がるよかまちへ~ 」(※1)コンソーシアムでの実証実験に参画することが決定しました。
昭和グループを中心としたコンソーシアム企業と、プロジェクトパートナーとして自治体(福岡県・福岡市・糸島市)や教育機関(九州大学)が協力し、実証実験を実施いたします。
akippaは2018年より連携しているマルチモーダルモビリティサービス「my route(マイルート)」(※2)にて、福岡市内に加え、糸島半島の駐車場情報を提供します。
my routeでは駐車場のほか、オンデマンドバス、カーシェア、レンタサイクルなどの移動手段を連携されており、新しい地域MaaSを創出し、糸島半島のアクセス改善や地域活性化を目指します。
akippaが自治体と協力するのは9例目(※3)ですが、九州地方では初の取り組みとなります。


福岡県・糸島半島は県の最西部に位置している豊かな自然に囲まれた場所です。
その立地から、陸・海それぞれの良さを感じられる観光地が多数あり、訪れる観光客は年々増加しています。
また、九州大学のキャンパスが集約しているエリアでもあり、約2万人もの九州大学の関係者が集う場所となっています。

糸島半島では公共交通機関が不足していることもあり、多くの人が車移動をしています。
そのため、観光地周辺ではピーク時に交通道路の混雑や、駐車場不足に伴う渋滞が発生するなど、限定された移動手段でのアクセスの不便さを訴える声が挙がっています。
一方で、市の南部では住民の高齢化が特に進んでおり、居住地が点在しています。
地域を走るバスの本数も少なく、車の運転が困難であったり、運転に不安を抱える高齢者が移動難民になるなど、市全体で「移動における困りごと」が課題となっていました。
よかまちみらいプロジェクトはその課題を解決することを目的に発足されたコンソーシアムとなります。

今回、akippaは本コンソーシアムにおける唯一のベンチャー企業として、my routeを通じて予約制駐車場の情報提供をおこないます。

akippaでは実証実験を通じて、糸島半島の駐車場不足はもちろん、それに伴う渋滞や交通混雑の解消を目指します。
そして地域住民や企業、大学など市全体で協力し合い、ニーズにあった移動手段を提供し、新しいMaaSを創出することで、糸島半島のアクセス改善や地域活性化をすすめる一助になるよう努めてまいります。

 

 

福岡県・糸島市で貸し出されているakippa駐車場福岡県・糸島市で貸し出されているakippa駐車場


なお、akippaでは誰でも簡単に駐車場を貸し出していただけます。
今回の実証実験を通じて、糸島半島にお住まいの方や、地元企業さまにも使っていないスペースや遊休地を予約制駐車場として貸し出していただくことで、活用できる駐車場が増えるほか、駐車場オーナーの収益化にもつながり、結果的に市全体の利便性向上にもつながります。

 


■「よかまちみらいプロジェクト」実証実験概要

実施内容:
糸島半島の交通課題解消のため、次の2点を実施

(1)地域ニーズに沿った交通手段の提供
(2)既存の公共交通および新たな交通のマルチモーダル化

期間 :
2021年2月1日(月)〜2021年3月12日(金)(予定)

akippaは今後も駐車場を通じて人と人、人と体験などの”あいたい”をつなぎ、移動における困りごとの解決に努め
てまいります。

※1 経済産業省および国土交通省の認可事業である「スマートモビリティチャレンジ」に採択された福岡県糸島半島の「新しい地域Maas創出」の取り組み。
以下、スマートモビリティチャレンジの詳細になります▼
新しい地域MaaS創出を推進!令和2年度スマートモビリティチャレンジの実証地域を選定しました
https://www.meti.go.jp/press/2020/07/20200731005/20200731005.html

※2 トヨタ自動車が提供するマルチモーダルモビリティサービス。公共交通機関、自動車、自転車、徒歩など様々な移動手段を組み合わせてルートを検索し、必要に応じて予約・決済まで行うことで移動をサポートする。
以下、プレスリリースになります▼
akippa、11月よりトヨタと西日本鉄道が実施するマルチモーダルモビリティサービスの実証実験に参画
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000153.000016205.html

※3 akippaの過去の自治体との提携実績
奈良県生駒市、滋賀県大津市、大阪府岬町、兵庫県南あわじ市・福良町づくり推進協議会、長野県茅野市、栃木県日光市(紅葉シーズンのみ)、愛知県豊田市(サッカー試合日のみ)、宮城県仙台市(SENDAI X-TECH Accelerator)

■福岡県糸島半島について

糸島半島は福岡市、糸島市の2市にまたがる場所に位置しています。
海に囲まれた自然豊かな土地で、福岡市の中心部からもアクセスがよく、福岡県の人気観光スポットとして広く知られています。
https://www.city.itoshima.lg.jp/index.html


■akippaとは

契約されていない月極駐車場や個人宅の車庫・空き地・商業施設など空いているスペースに、15分単位でネット予約して駐車できるサービスです。誰でも簡単に駐車場をシェアできます。2020年9月現在、予約駐車場サービス・駐車場シェアサービスで業界1位となる駐車場拠点数累計39,000拠点を確保しており、会員数は190万人を突破しました。
https://www.akippa.com/

【本プレスリリースのお問い合わせはこちら】
akippa株式会社 広報グループ(担当:石川、森村)
東京オフィス:〒101-0044 東京都千代田区鍛冶町2-5-5 神田駅前SKビル7階
大阪オフィス:〒556-0011 大阪府大阪市浪速区難波中2-10-70 なんばパークスタワー14F
Tel:03-6450-6090
Email: pr@akippa.co.jp
URL: https://akippa.co.jp


 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. akippa株式会社 >
  3. akippaがベンチャー企業で唯一福岡県糸島半島の「よかまちみらいプロジェクト」実証実験に参画!