人気No.1融資型クラウドファンディング!※1「たまるモール by ふるなび」にて待つだけ資産運用「クラウドバンク」のサービスが掲載スタート!

株式会社アイモバイル(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:野口哲也、東証一部)が運営する「たまるモール by ふるなび」( URL: https://furunavi.jp/tamaru/ 以下たまるモール)は、日本クラウド証券株式会社が運営する「【クラウドバンク】口座開設プログラム」のサービス掲載を開始しました。
※1 2019年5月期 インターネット調査 日本マーケティングリサーチ機構調べ。

少ない元手でも着実にお金を増やしたい・投資のリスクを抑えたい・手間や時間をかけたくない方にピッタリの新しい資産運用となりますので、ご興味ございましたら、ぜひこの機会に「たまるモール」からお申し込みください。

■新規掲載開始サービスについて
待つだけ資産運用「クラウドバンク」投資キャンペーンです!

【クラウドバンクの特徴】
  1. ファンドを選んだら、あとは待つだけ
    クラウドバンクは、サイト上でファンドを選んで投資額を決め、あとは「待つだけ」。
    予定された利息を元にした分配金が毎月※1支払われ、運用期間が終了すると投資資金が返ってきます。※2。日々の値動きや管理の手間がなく、自分のペースで資産運用を始めることができます。
    ※1 毎月分配型ではないファンドもあります。
    ※2 毎月の分配および元本の返還を保証するものではありません。
  2. eKYCの利用で簡単・すぐに口座開設
    お客様がより簡単にお申し込みを進められるe-KYC本人確認APIを導入。
    本人確認書類の郵送や書留郵便の受取などなくオンラインで本人確認を完結できます。
    また、口座開設の申込みから利用開始までの期間を大幅に短縮し、最短でお申込み日の翌営業日からお取引を開始できます。
  3. 実績平均利回り 7.09% ※1
    超低金利時代の今、大手都市銀行スーパー定期1年物の年利は0.002%(2021年3月現在)。
    定期預金だけでの運用と比較しても、その差は歴然です。
    ※1 2020年3月末までの3年間に運用終了したファンド実績値。将来の運用成果を保証するものではありません。
  4. 融資元本回収率 100.0% ※1
    募集されているファンドは経験豊富なプロや責任者の出席する審査会で融資の可否が審査されたものです。
    また運用(融資)先毎に担保等※2を設定しているため※3、融資先から回収できない場合でも、担保等による回収可能性が高く見込める仕組みとなっています※4。
    ※1 2021年2月現在。将来の回収率を保証するものではありません。
    ※2 「担保等」には、対抗要件を具備していないものの融資先からの返済が困難となった場合等に融資先等との契約に基づきクラウドバンクが融資債権の保全のために取得して回収を図ることが可能なものを含みます。
    ※3 担保等が設定されていない案件も一部ございます。※4 担保があることにより、元本が保証されるわけではありません。
  5. 証券会社が運営するメリット
    クラウドバンクは、証券会社(第1種金融商品取引業者)が募集取扱いを行うサービスです。
    金融商品取引法によって求められるコンプライアンス態勢の確保、自己資本規制比率などの高い財務基準をクリアしながらサービス運営を行っています。
還元  :3,000円分のAmazonギフト券プレゼント
獲得条件:口座開設後60日以内に投資15,000円以上で成果
URL   :https://furunavi.jp/tamaru/Advertisement/Detail?AdvertisementId=586


■日本クラウド証券株式会社について
第一種・第二種金融商品取引業者
〈登録番号〉関東財務局長(金商)第115号
〈加入協会〉日本証券業協会
〒106-0032 東京都港区六本木7-15-7 新六本木ビル 6F
代表: 代表取締役 橋村 純
設立: 1997年7月
事業内容:ソーシャルレンディングサービス
カスタマーサポート:0800-814-7476(土日、祝祭日を除く平日9:00-17:00)
メール:support@crowdbank.jp
WEB:https://crowdbank.jp

【手数料・リスク等の広告記載事項】
・口座の開設、維持およびクラウドバンク匿名組合契約の締結に関する手数料等は無料です。
・お客様が負担する営業者報酬は、投資ポーション毎の対象債権残高の2.0%(年率)に相当する金額を上限として支払われます。本匿名組合財産の運用に関連して支払われる費用については、その時々の状況に応じて異なるため、金額、上限額、計算方法および営業者報酬との合計額を具体的に記載することができません。
・本出資持分は、元本が保証されているものではなく、対象債権の債務者の財務状態や為替、金利の変動等を原因として、本出資持分の価値が低下することにより損失が生じる可能性があります。

■「たまるモール by ふるなび」について( https://furunavi.jp/tamaru/ )
アイモバイルが提供するサービスで、「たまるモール by ふるなび」を経由して、宿泊・レストラン予約等のお申し込みや、お買い物をすることで、お得にAmazonギフト券 コードをもらうことができます。
「たまるモール by ふるなび」ご利用には、ふるさと納税サイト「ふるなび」の会員登録が必要です。
「たまるモール by ふるなび」から、ふるさと納税のお申し込みはできません。

■ふるさと納税サイト「ふるなび」について ( https://furunavi.jp/ )
「ふるなび」では、ふるさと納税を通じて全国の市町村に寄附金を集めることで地域活性化を支援しています。
2020年、「ふるなび」は様々なふるさと納税PRをさせていただき『利用者満足度』『利用者メリット』『注目のふるさと納税サイト』の3冠を2年連続で達成することができました。(※)
(※)日本マーケティングリサーチ機構調べ 調査概要:2020年4月期_ブランドのイメージ調査

ふるさと納税業界では初となるふるさと納税コンシェルジュサービス「ふるなびプレミアム」( https://furunavi.jp/premium/ )、あとからゆっくり寄附できるポイント制ふるさと納税「ふるなびカタログ」 ( https://furunavi.jp/catalog )ふるさと納税で旅行に行ける「ふるなびトラベル」 ( https://tp.furunavi.jp/ )、クラウドファンディング型ふるさと納税サイト「ふるなびクラウドファンディング」 ( https://fcf.furunavi.jp/ )など寄附者へふるさと納税の認知啓蒙を目的としたふるさと納税関連サービスを多数展開しており、引き続き、ふるさと納税者及び契約自治体の、「ふるなび」サービス利用満足度の向上を目指してまいります。

 【アイモバイルについて】
アイモバイルは、『“ひとの未来に貢献する”マーケティングを』というビジョンを実現するために、
テクノロジーを駆使した「インターネット広告事業」と、ふるさと納税をはじめとした「コンシューマ事業」
の2つの領域で成長しているマーケティングカンパニーです。

【株式会社アイモバイル 会社概要】
社名 : 株式会社アイモバイル
所在地: 東京都渋谷区桜丘町22番14号 N.E.S.ビルN棟 2階
代表者: 代表取締役社長 野口 哲也
設立 : 2007年8月17日
URL  : https://www.i-mobile.co.jp/

【本リリースに関するお問合せ】
株式会社アイモバイル
事業企画本部 メディア運営事業部
TEL : 03-6674-5604
Mail: tamarumall@furunavi.jp
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社アイモバイル >
  3. 人気No.1融資型クラウドファンディング!※1「たまるモール by ふるなび」にて待つだけ資産運用「クラウドバンク」のサービスが掲載スタート!