プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

株式会社HYBE JAPAN
会社概要

HYBE、BELIFT LABの株式を取得し完全子会社化

株式会社HYBE JAPAN

HYBEは8月10日、CJ ENMからBELIFT LABの株式51.5%を取得する契約を締結したことを発表しました。これにより、HYBEはBELIFT LABの株式100%を保有し完全子会社化することとなります。BELIFT LABの株式取得手続きは関係当局の承認がなされ次第完了する予定です。


BELIFT LABは2018年9月、HYBEとCJ ENMが合同で設立した法人です。両社は共同経営の方針に従って、HYBE COOのキム・テホがBELIFT LABの代表取締役を務め、CJ ENM側の人事も理事会に参加することでバランスを保ってきました。


両社はBELIFT LABを通じて共にK-POP市場で影響力を高めてきました。BELIFT LABが成し遂げた最も大きな成果がボーイグループENHYPENのデビューであり、デビューして4年目に突入したENHYPENはミリオンセラーアーティストとしてさらに存在感を増しています。


BELIFT LAB株式の取得は、HYBEの中長期成長戦略である「マルチレーベル体制の高度化」のために行われました。

HYBEのマルチレーベル体制は、それぞれ音楽的な個性を持つレーベルが独立した権限を持って運用できるようにすることに焦点を合わせています。すべてのレーベルが独立した法人でありながらHYBEの子会社として存在することで実現している体制です。今回の株式取得を契機に、BELIFT LABも完全子会社として編入され、HYBEのマルチレーベルラインナップはさらに高度化していく見込みです。


HYBEとCJ ENMは、BELIFT LABの株式譲渡が完了した後も、K-カルチャーの振興に向けた協力を継続していく予定です。 


HYBE CEOのパク・ジウォンは「HYBEはBELIFT LABとBELIFT LABアーティストたちが持続して成長できるよう支援を惜しまない」とし「BELIFT LAB株式譲受以後もCJ ENMとの発展的な協力関係を継続していく」とコメントしました。


CJ ENMのク・チャングン代表取締役は「両社はグローバルアーティストの発掘と育成からアルバムの企画・制作までノウハウを積み重ねながら共に成長してきたことを踏まえて、今後もK-POPを含むK-カルチャー全般でシナジーを創出できる方法を追求していく」と明らかにしました。

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります

メディアユーザーログイン既に登録済みの方はこちら
メディアユーザー新規登録無料

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。※内容はプレスリリースにより異なります。


種類
経営情報
ビジネスカテゴリ
芸能音楽

会社概要

株式会社HYBE JAPAN

129フォロワー

RSS
URL
https://hybelabelsjapan.com/
業種
サービス業
本社所在地
-
電話番号
-
代表者名
-
上場
未上場
資本金
-
設立
-
トレンド情報をイチ早くお届けPR TIMESを友達に追加PR TIMESのご利用について資料をダウンロード