プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

株式会社SHKライン
会社概要

【新日本海フェリー】貨物ホームページをリニューアルしました!

「モーダルシフト」や「物流業界の2024年問題」の課題解決策を提示、新たな物流を提案しています。

SHKライングループ

舞鶴-小樽、敦賀-苫小牧東、新潟-小樽、敦賀-新潟-秋田-苫小牧東を運航する新日本海フェリー株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:入谷泰生)は、この度、貨物ホームページを全面リニューアルしました。今回のリニューアルでは、新日本海フェリーの魅力を見やすく、分かりやすくお伝えするホームページに改善して、モーダルシフトや物流業界の2024年問題の課題解決に役立つ情報を掲載しています。

 1970年に就航し50有余年運航を続けている新日本海フェリーは、北海道と関西圏や関東圏の物流を支えるべく4航路8隻のフェリーで運航しています。過去5年間(2018年度~2022年度)の就航率は96.5%と、止めない物流に貢献しています。


 この度、貨物ホームページ全面リニューアルに伴い、北海道と日本全国を結ぶ物流ネットワークと位置付けて「フェリー輸送のメリット」「航路・船内設備の紹介」「貨物運送の依頼について」の3つのカテゴリーに分けて紹介しています。また、お問い合わせフォームを新設して、貨物車乗船や一貫輸送依頼について、ホームページ上から対応できるようにしました。



○ホームページアドレス
https://www.snf.jp/distribution


 

  • フェリー輸送のメリット

フェリー輸送=サステナブルな輸送モードと捉え、4つのメリットを紹介しています。

大量輸送が可能な車両甲板大量輸送が可能な車両甲板


1.大容量のスピード輸送
就航船舶の車両積載台数は、1隻当たり貨物車約150台あります。また、舞鶴-小樽、敦賀-苫小牧、新潟-小樽間は高速フェリーが就航しています。

2.安全・安定の輸送品質
海上輸送時の温度・湿度・振動は、陸上輸送と比較して安定しており、また、渋滞や事故のリスクを回避することができることから、安全性とリードタイムの安定性に優れた輸送手段と言えます。また、冷凍車電力供給設備があり、冷凍車の輸送も可能です。

3.労働力の省力化
フェリー輸送を利用することで、有人トラックのドライバーの休息時間が確保できます。更にトレーラ輸送による無人車航送を活用することにより、労働力の省力化と無人化が可能です。これは、働き方改革関連法が自動車運転業務へ適用されることで発生が危惧されるトラックドライバー不足や輸送停滞問題などを指す「物流業界の2024年問題」を解決する手段として、フェリー輸送が有効であることを示しています。

4.環境にやさしい輸送
海上輸送は、二酸化炭素(Co2)の排出量の少ない環境にやさしい輸送手段のひとつです。「モーダルシフト」とは、トラック等の自動車で行われている貨物輸送を環境負荷の小さい鉄道や船舶の利用へと転換することをいいますが、大阪-札幌間を10トン車トラックで輸送する場合、新日本海フェリーを利用して輸送すると、陸上輸送と比較して、Co2排出量を約70%削減することができます。
 

  • 航路・船舶設備の紹介

航路や車両甲板、ドライバールーム・専用レストラン・専用浴室等のトラックドライバー専用施設、電力供給設備の詳細について、紹介しています。
 

  • 貨物運送の依頼について

新日本海フェリーのグループ会社であるマリネックス株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:能戸 昇志)の各種トレーラを利用することにより、海陸一貫輸送をサポートできることを紹介しています。

【 SHKライングループ 】
SHKライングループは、 中核をなす関光汽船、 新日本海フェリー(S)、 阪九フェリー(H)、 関釜フェリー(K)、東京九州フェリー、蘇州下関フェリー等で構成され、 海運・ホテル・観光業や陸運・自動車整備業等を展開しています。トータルな付加価値の創出を目指しており、 クルージングリゾートから総合物流まで、 多様なニーズに応える「シーラインネットワーク」を形成しています。

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります

メディアユーザーログイン既に登録済みの方はこちら
メディアユーザー新規登録無料

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。※内容はプレスリリースにより異なります。

すべての画像


種類
商品サービス
関連リンク
https://www.snf.jp/distribution/
ダウンロード
プレスリリース素材

このプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードできます

会社概要

株式会社SHKライン

21フォロワー

RSS
URL
-
業種
サービス業
本社所在地
大阪府大阪市北区梅田2丁目5番25号 梅田阪神第一ビル15階
電話番号
-
代表者名
入谷泰生
上場
未上場
資本金
-
設立
1977年05月
トレンド情報をイチ早くお届けPR TIMESを友達に追加PR TIMESのご利用について資料をダウンロード