英語(外国語)の授業づくりをサポートする教員専用のクラウドサービス「teachers cloud」をリリース!

~デジタル化が進む教育現場の働き方改革を促進~

株式会社リンクアンドモチベーション(本社:東京都中央区、代表:小笹芳央、証券コード:2170)のグループ会社で、小・中・高等学校を対象としたALT(Assistant Language Teacherの略、外国語指導講師)の配置を行う株式会社リンク・インタラック(本社:東京都中央区、代表:山口 巳貴、以下当社)は、教員専用のクラウドサービス「teachers cloud」をリリースしました。
 


■開発背景
政府は、2021年3月までに、ほとんどの小・中学校に対して1人に1台の学習用端末配布を完了させるなど、教育のデジタル化を急速に推進しています。一方で、新型コロナウイルス感染症拡大に伴って当初の予定より3年前倒しのスケジュールとなったことから、学校側の準備がままならない状態での導入、かつ利用方法等は現場任せとなり、先生方の負担が大きくなっています。
特に、英語科目については、学習開始の早期化が進んだことで、ALT(外国語指導講師)を活用する学校が増えているものの、「英語を教えることに自信がない」「ALTとの効果的なティームティーチングのやり方がわからない」など悩みを抱えている先生方が多いのが現状です。

そこで当社は、長年培ってきたALTの派遣実績やコンサルティングノウハウを活かし、英語授業準備の業務効率化や先生方の英語力や指導力向上に寄与すべく、「teachers cloud」をリリースしました。


■商品概要
「teachers cloud」は、英語力・指導力を高めるための豊富なコンテンツや全国のALT活用実践授業事例を掲載した、いつでもどこでも隙間時間に利用可能な教員向けのクラウドサービスです。

コンテンツ内容
  • 指導案・絵カード・ワークシート、歌、動画等の視聴覚教材
•小学校:各学年教材、教科書対応 ALT活用指導案・付属教材
•中学校:令和3年度教科書対応 活動案集
•高等学校:レッスンプラン集・付属教材
•特別支援児童生徒向け教材
 
  • 指導力を高めるための有識者講演や指導スキルアップ動画
(テーマ例)
•小学校英語の意義とねらい
•第二言語習得理論と教室での実践
•生徒の即興性を育む授業の小ネタ集
 
  • ALT活用授業事例動画
(実践事例)
•小学校5年生:単元を通した指導とやり取りの工夫
•中学校1年生:生徒の即興性を育むためのALTとのティームティーチング

 



■今後の展望
当社は、自ら輝ける強い「個人」が増えていけば、「組織」や「社会」もおのずと活力ある力強い存在へと変わっていくと考え、ALT配置事業を通して、子どもたち一人ひとりが自分の可能性に気づくきっかけづくりの支援をしてきました。現在、民間企業においては、圧倒的No.1のシェアを確立しています。
今後も子供たちの「未来をちから強く生きる力」を育むために、全国の自治体との顧客基盤に加えて、グループ共通の基幹技術である「モチベーションエンジニアリング」を活用することで、さらなる教育サービスの展開を目指してまいります。


■リンクアンドモチベーショングループの概要
・代表取締役会長:小笹 芳央
・資本金:13億8,061万円
・証券コード:2170(東証一部)
・本社:東京都中央区銀座6-10-1 GINZA SIX 12階
・創業:2000年4月
・事業内容
組織開発ディビジョン(コンサル・クラウド事業、イベント・メディア事業)
個人開発ディビジョン(キャリアスクール事業、学習塾事業)
マッチングディビジョン(海外人材紹介・派遣事業、国内人材紹介・派遣事業)
ベンチャー・インキュベーション

■株式会社リンク・インタラックの概要
・代表取締役社長:山口 巳貴
・資本金:9,750万円
・設立:1972年9月25日
・事業内容 
学校向けALT配置事業
法人向け語学研修事業
人材紹介・派遣事業
その他外国語関連教育事業
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. LINK&M >
  3. 英語(外国語)の授業づくりをサポートする教員専用のクラウドサービス「teachers cloud」をリリース!