6年一貫の特別コース 難関大学合格を目指す3泊4日の勉強合宿 紡ぎ合う絆の「AE合宿2019秋」

2019年9月17日(火)~20日(金)キャンパス内研修寮にて

麗澤中学・高等学校(千葉県柏市/校長:松本 卓三)のAE(アドバンスト叡智)コース※は、国家社会に貢献する人材の育成を目的としてできたコースで、「最難関大学合格」を合言葉に勉強に励んでいます。
5月にも「AE合宿2019春」を開催しましたが、今回は中学2年生の次期リーダーを含む中学3 年生のチームリーダーが主軸となり「AE合宿2019秋」を実施します。
「AE合宿」は、6 年間(中学1年~高校3年)で必要とされる生活習慣・学習習慣の確立を目指し、2015 年から始まった勉強会プログラムで、2016 年度以降は先輩が率先して後輩のサポートをするなど、コースの縦の繋がりを強くすることも狙いです。そして生徒一人ひとりがAEコースの目標やコースの意義を強く意識し、勉強のみならず、勉強に対するモチベーションやコースメンバーとの団結力を高めること、また、何のために何をどう学ぶのかを主体性をもって参加し、縦にも横にも良い意味での刺激を与え合う関係づくりを目指しています。
実際に参加した生徒は「次にするべきことを前もって考えることができた。先輩後輩と一緒に勉強することで、AEコースの絆を感じる事ができた」と感想を述べていました。

▲昨年の様子▲昨年の様子

※AE(アドバンスト叡智)コース:最難関大学進学を目標とした国内最高の叡智の府にふさわしい人間性と学力を、6年一貫のクラス編成で磨いていくコース。

◆「AE合宿」について
日程:2019年9月17日(火)16時40分~20日(金)15時40分
場所:公益財団法人モラロジー研究所研修寮(https://www.reitaku-u.ac.jp/about/access.html
対象:AEコースに所属する1年生~3年生(男女84名)
内容:校内の研修施設を利用した3泊4日の勉強合宿

【担当教員について】
山田 大樹(やまだ ひろき)千葉県出身。2009年から麗澤中学・高等学校で教鞭を執り、昨年は「校内予備校プロジェクト叡智」で外部予備校講師とともに受験生の指導にあたった。現在は進路指導部担当、AE3期生担任を務めている。

【麗澤中学・高等学校について】
麗澤中学・高等学校は昭和10年、 創立者の廣池千九郎(法学博士)が「道徳科学専攻塾」を現在のキャンパス(千葉県柏市光ヶ丘)に開塾したことから始まります。2015年には中高一貫コースの「叡智コース」を新設。グローバル社会の中で、冷静かつ客観的に物事の本質を見抜き、複雑な諸問題を解決していく総合的な人間力である「叡智」を携えた真のリーダーを育成するため、開校以来、蓄積してきた研究成果と実績を活かし、さらに麗澤らしい教育活動を展開していきます。
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 麗澤 -Reitaku- >
  3. 6年一貫の特別コース 難関大学合格を目指す3泊4日の勉強合宿 紡ぎ合う絆の「AE合宿2019秋」