【横浜高島屋】日常の生活をリアルなミニチュアで再現する話題のクリエイター・Mozu氏初の展覧会「Mozuアートワーク -ちいさなひみつのせかい-」開催!

■開催期間:8月11日(木・祝)~29日(月)
■入場時間:午前10時~午後6時30分(午後7時閉場)
※最終日は午後4時30分まで(午後5時閉場)
■会  場:横浜高島屋ギャラリー<8階>
■主  催:「Mozuアートワーク -ちいさなひみつのせかい-」横浜実行委員会
■監  修:MOZU STUDIOS
■企画制作: サンライズプロモーション東京
■運営協力:「Mozuアートワーク -ちいさなひみつのせかい-」制作委員会
■公式サイト: https://mozu-exhibition.com/
■入場料〈税込〉:一般1,000円 大学・高校生800円 中学生以下無料
※事前日時予約ができる前売券はイープラスにて、6月11日(土)から8月28日(日)までお求めいただけます。
https://eplus.jp/sf/search?block=true&keyword=Mozu
※会場の混雑状況により入場制限をさせていただく場合がございます。
※本展は障害者手帳デジタル障害者手帳をご提示いただいたご本人様、ならびに、ご同伴者1名様までの入場無料とさせていただきます。
※安全のため、小学生以下のお子さまは必ず保護者の方同伴でご入場ください。


「まるで本物のこびとが住んでいるみたい!」日常の風景をリアルに再現したミニチュアがSNSで注目を浴び、メディアなど多方面から注目を集めるMozu(モズ)こと、水越清貴氏。まるで部屋の片隅にこびとが住んでいるかのような、リアリティーあふれるミニチュア作品「こびとシリーズ」などで話題を集め、いまやTwitterのフォロワー数は約29万人、Instagramは約28万人(2022年3月現在)など、SNSでも絶大な支持を集める人気クリエイターです。

今回、横浜高島屋では、Mozu氏初となる展覧会「ちいさなひみつのせかい」を開催。本展は「こびとシリーズ」をはじめ、コマ撮りアニメ、トリックラクガキなど、Mozu氏のマルチなアートワールドが凝縮された展覧会となっています。夢とサプライズが詰まったMozu氏の世界をご体感いただけます。

 
【展示内容】
○こびとシリーズ
もしも、自分の部屋にこびとが住んでいたら--。作者が幼い頃から妄想していた「自分が小さくなったら楽しいだろうな」という妄想を形にしたミニチュア作品シリーズ。会場の色々なところに、こびとが住んでいるような生活感溢れる仕上がりとなっています。



○ミニチュア
あまりにもリアルすぎて別の被写体が入らないとミニチュアとわからないほど細密に表現されたミニチュアの世界をご紹介。実際に写真を撮ることで超精密なミニチュアの世界を体感することができます。また「クレヨンしんちゃん」の新オープニングで使用された、野原家を忠実に再現したミニチュア模型も登場。テレビの中で野原家が駆けまわる、あの作品を会場で是非ご覧いただけます。



○コマ撮りアニメ
オリジナルキャラクター「マルとパッチ」が登場するストップモーション・アニメーション。これまでの映像作品や絵コンテなども展示。キャラクターの愛らしさや、背景との奥行が伝わりやすく、映像の世界がまるで本当に実在しているかのような感覚を体感いただけます。



○トリックラクガキ
「人を驚かせること」と「何かを作ること」が原動力になって生まれたMozu氏のイマジネーションが発揮された錯視アート「トリックラクガキ」。原画の展示や大型展示をフォトスポットとしてお楽しみいただけます。



「ひみつのちいさなせかい」紹介動画
https://www.youtube.com/watch?v=4afTV_sRm0w


【展覧会場限定販売商品】
マグカップ…2,000円  

        

ミニタオル3枚セット…1,100円



クリアファイル…各385円 



ボールペン全2種…各880円




【MOZU氏プロフィール】
1998年7月生まれ。
コマ撮りアニメ、ミニチュア、トリックラクガキという3つの分野で活動するマルチアーティスト。高校2年生の時に自分の部屋をミニチュアで再現し、それが「本物にしか見えない」とTwitterで拡散され、テレビやメディアから取材を受ける。同年、全てを一人で作ったコマ撮りアニメ「故障中」がアジア最大の映画祭「DigiCon6」JAPAN Youth部門の最優秀賞を受賞。ウェス・アンダーソン監督作品、映画「犬ヶ島」の制作に参加するため渡英など、世界規模で活動。2018年、「超リアルに描いた三角定規」が大きな話題になり、クラウドファンディングを利用してトリックラクガキ30点を収録した「NOUTO」を制作。同年、Netflixで公開されたコマ撮りアニメ「リラックマとカオルさん」の制作に参加。2019年、同い年のデザイナー Yuuka氏と「株式会社 MOZU STUDIOS」を起業。大手コンテンツとのコラボ作品の制作など、ミニチュアに限らず多方面でも活動。プライベート作品でも、こびとシリーズ第8弾「こびとの牛丼屋」、ミニチュア「図書缶」など、話題作を次々に発表している。


問い合わせ先:横浜高島屋 045-311-5111(代表)
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社髙島屋 >
  3. 【横浜高島屋】日常の生活をリアルなミニチュアで再現する話題のクリエイター・Mozu氏初の展覧会「Mozuアートワーク -ちいさなひみつのせかい-」開催!