世界から集う学生の活動をクリエイトする総合スタディラボiFloor -International Floor- リニューアルオープン

2019.9.20(金) オープニングセレモニー 校舎あすなろ2階にて

麗澤大学(千葉県柏市/学長:徳永澄憲) は校舎「あすなろ」2階のiFloor(アイフロア:International Floor)を全面的にリニューアルしました。2011年のオープン当初からiFloorにはiLounge(アイラウンジ:International Lounge)が設置され、語学サロンとしてネイティブ教員が常駐するなど語学能力向上のための施設として留学生や日本人学生が集まり様々な活動を活発に行って来ました。2017年にはネイティブ教員11名からなるCEC(the Reitaku Center for English Communication)が開設され、本学における英語教育を最先端の技術・知見を取り入れました。今回iFloorは英語学修を中心とする多機能セルフアクセス・ラーニングの場として全面リニューアルされ、7つのエリアを活動内容ごとに区切ることで、学生の多様な学びをサポートします。7つのエリアの詳細は別紙をご確認ください。

▲Comorebi Café イメージ ▲Comorebi Café イメージ 

▲iLoungeイメージ▲iLoungeイメージ

■オープニングセレモニー(使用言語:日本語、英語)
日時:2019.9.20(金)12:20~12:55
場所:校舎「あすなろ」2階
内容:・学長、副学長 iFloorコーディネーター挨拶
・Refreshment(各国出身のCECの先生方と学生が交流する時間、フロア内自由見学)

【麗澤大学について】
麗澤大学は昭和10年、創立者の廣池千九郎(法学博士)が「道徳科学専攻塾」を現在のキャンパス(千葉県柏市光ヶ丘)に開塾したことから始まります。心豊かな人間性を養い、国際社会に貢献できる人材の育成をめざし、今では大学・高校・中学・幼稚園を開設しています。また留学生の受け入れも積極的に行っており、キャンパスには世界約30の国・地域から留学生が集まり、さまざまな言語が飛び交っています。

別紙 
iFloor 7つのエリア

iFloor 7つのエリアiFloor 7つのエリア


①  Comorebi Café(コモレビカフェ):
学生が自由に集える場所。飲み物やスイーツを楽しめるカフェ

②  The Terrace(テラス):
緑豊かな自然の中で季節を感じオープンスペースで学べるスペース。

③ Presentation Terrace(プレゼンテーションテラス):
ワークショップや活動報告会、留学説明会など様々な活動場所として使用可能。

④   Collaborative Commons(コラボレーティブコモンズ):
グループ学習用のオープンスペース。個室(Project Studios)も常設されており自習やミーティングも可能。

⑤ iLounge(アイラウンジ):
英語をつかったコミュニケーションスペース。ネイティブ教員や学生アシスタントも常駐し、英語学習をサポート。

⑥ Media Zone(メディアゾーン):
Wi-Fi、PCも完備し、メディアを活用した学習ができる場所

⑦ Writing Center(ライティングセンター):
ネイティブ教員から英作文指導を受けられる自律学習スペース

 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 麗澤 -Reitaku- >
  3. 世界から集う学生の活動をクリエイトする総合スタディラボiFloor -International Floor- リニューアルオープン