地域ブランディングにキャラクターを活用。宮崎県新富町の地域商社が地域資源をキャラクター化、イベントやグッズ展開を通じて観光促進に新風

〜第1弾「新富町伝承シール」コンプリート特典としてオリジナルキャラクター入り特製マスクを進呈〜

一般財団法人こゆ地域づくり推進機構(宮崎県児湯郡新富町、代表理事:齋藤潤一、以下こゆ財団という)は、企画プロデュースした「新富町伝承シール」の全5種類を揃えた方全員に、伝承キャラクターを活用したオリジナルグッズを進呈することを決定いたしました。

◎「新富町伝承シール」全種類コンプリート特典
特典賞品:オリジナルキャラクター入りマスク 1枚
配布開始:2021年4月下旬〜
配布対象:新富町観光事業へのご寄附により「新富町伝承シール」全5種類をお持ちの方
配布場所:こゆ財団オフィス、こゆ朝市会場(毎月第3日曜日)ほか町内観光系イベント会場

この活動は、伝承シールを通して町内外の人々が地域資源に触れる機会を増やすことで、町の観光PR促進を目指しています。こゆ財団は、SDGs目標11「住み続けられるまちづくりを」達成に向け、地域資源にアイディアを掛け合わせた魅力創出を続けてまいります。

■特徴:5種類のキャラクターを配した、オリジナリティーあふれるデザインマスク

「新富町伝承シール」には、座論梅・アカウミガメ・おつる・みこちゃん・ニンニクムシムシという5種類のキャラクターが登場しています。いずれも町内観光資源や伝説・名物など、町民により伝承されている事象をもとにしたユニークなキャラクターシールとなっています。

新富町観光事業への寄附金300円で1枚を進呈しますが、くじ引きの箱にアルミ製袋入りで入っているため中身が選べません。往年のファンも多い○○マンシール風のデザインとあって、楽しみながら観光事業へ貢献できる仕組みとなっています。

「新富町伝承シール」第1弾のキャラクターシール「新富町伝承シール」第1弾のキャラクターシール

今回の特典用マスクは、5種類全てを集合させたデザイン(白)のほか、キャラクター1体ずつのカラーマスク5種類を加えた全6種類からお選びいただきます(人気が集中して欠品した場合は、他のデザインマスクにてご容赦ください)。
 
  • コンプリート対象者への対応
こゆ財団までお電話かメールにてご連絡ください。簡単なアンケートフォームにお答えいただき、ご希望のマスクをお渡しいたします。

〒889-1412 宮崎県児湯郡新富町富田東2-1-1
TEL.0983-32-1080(担当:鈴木、岡田)
e-mail:info@koyu.miyazaki.jp
営業時間:平日8:30〜17:15(土・日・祝日は休業)

マスク着用イメージマスク着用イメージ


■背景:「おもしろさ」を切り口に町の魅力を再編集。スタートから半年で8割を配布済

住民による都道府県の評価調査「地域版SDGs調査2020」によると、宮崎県は幸福度ランキングで2年連続全国1位となっています。その一方で愛着度ランキングは10位止まりで、まだまだ改善の余地があると言えそうです。

そこでこゆ財団は、新富町に点在する歴史スポットや伝説、名所、名物にスポットを当て、5種類をキャラクター化して「伝承シール」を作成しました。2020年10月1日より町内観光事業へのご寄附300円を一口として、シール1枚をくじ引きでお渡ししてきたところ、全500枚の8割が現在すでに配布済みの状況です。地域の子どもたちはもちろん、県内外の○○マンシール世代の大人の方々からも注目を集めています。

ウェブ上や印刷物等、言葉で紹介するだけでは難しくなりがちな歴史や伝承を、キャラクターシール化することで誰でも楽しく興味喚起につながるアイテムへと昇華させました。これは、持続可能なまちづくり実現に向けた新しい手法として、一定の効果を上げつつあります。

新富町伝承シールを見せ合う子どもたち。親世代とも話が弾む共通の話題にもなっている。新富町伝承シールを見せ合う子どもたち。親世代とも話が弾む共通の話題にもなっている。


■今後の展望:第2弾伝承シール作成へ。キャラクターを活用したグッズ制作も試験実施中

新富町伝承シールキャラクターはアイデアベースで80を超え、すでに第2弾の制作を企画・準備しております。また、第1弾で登場したキャラクターを使ったTシャツを試作しており、まずはスタッフが町内観光イベント時に着用することで、町の魅力をさらに広めてまいります。好評を得た場合は、別途注文生産し販売することも視野に活動中です。

◎今後の活動
・第1弾シールまもなく配布完了! 第2弾「新富町伝承シール」リリース(予定)
・キャラクターを活用したグッズ制作、販売:Tシャツ、エコバッグ、トートバッグ等(案)
・まちの伝承・名物を活用した「新富町伝承かるた」の制作(案)


<一般財団法人こゆ地域づくり推進機構(こゆ財団)>

2017年4月に、持続可能な地域の実現を目指して宮崎県新富町が設立した地域商社です。「世界一チャレンジしやすいまち」というビジョンのもと、1粒1,000円のライチに代表される農産物のブランディングを通じて『特産品販売』を行い、得られた利益で『人財育成』に投資しています。ふるさと納税運営業務では、2017年から2019年までの2年間で4億円から19億円まで伸ばすことに成功しました。
*メディア掲載事例
日経新聞/日経MJ/Forbes JAPAN/月刊事業構想/月刊ソトコト/TURNS/日本農業新聞/全国農業新聞 ほか

▶︎こゆ財団ウェブサイト https://koyu.miyazaki.jp
▶︎こゆ財団Facebookページ https://www.facebook.com/koyu.miyazaki/
▶︎新富町ふるさと納税ページ(ふるさとチョイス)https://www.furusato-tax.jp/city/product/45402
▶︎新富町ふるさと納税ページ(楽天)https://www.rakuten.ne.jp/gold/f454028-shintomi/
▶︎新富町ふるさと納税ページ(ふるなび)https://furunavi.jp/Municipal/Product/Search?municipalid=1647&order=1&search=0&fbclid=IwAR085yk3XwJ0TuuhxFA_7bimT5vT2fErDvz5A3Mh0DmIlRHhcuAmlsTvVnI
▶︎新富町ふるさと納税ページ(さとふる)https://www.satofull.jp/town-shintomi-miyazaki/
▶︎新富町観光情報サイト https://koyu.media/
▶︎スマート農業推進協会 https://smart-agri.co/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. こゆ財団 >
  3. 地域ブランディングにキャラクターを活用。宮崎県新富町の地域商社が地域資源をキャラクター化、イベントやグッズ展開を通じて観光促進に新風